TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、お笑い評論家・高橋維新にリベンジを誓う「必ずやお前の納得できる漫才を作る」

爆笑問題・太田、お笑い評論家・高橋維新にリベンジを誓う「必ずやお前の納得できる漫才を作る」

2016.05.11 (Wed)
2016年5月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、フジテレビ系の番組『ENGEIグランドスラム』で、お笑い評論家・高橋維新の感服させる漫才を披露すると宣言するも、そのような漫才ができなかったことについて、「必ずやお前の納得できる漫才を作る」とリベンジを誓っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


太田光:(高橋)維新、俺はお前が好きなんだよ。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:それはさぁ、寂しいじゃねぇか。「テレビで(漫才を)やるな」っていうのだけは、俺はこれ、本当に怒りとかじゃないよ。悲しかったよ。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:悲しかったよ。だって、テレビでやるなって言って、「自分たちのファンの前だけでやっとけ」っていうのはさ、「一般的にお前らの漫才はウケないよ」ってことだと思うんだ。

田中裕二:うん。

太田光:そこで、「断るのもプロだ」って言うのは、俺は悪いけど、これは見解の相違だよ。俺なりに一般にウケる漫才をやってるつもりだし。

田中裕二:まぁね。

太田光:それは、維新さ…そこはさ、いいよ。対立するのはあるじゃん。俺はさ、感謝してるよ。逆に言えば、維新が言ってくれたことによって、俺たちは今までと違ったこと…まぁ、アレは昔からやってるんだけどね、あんな漫才は。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:ああいうことも、テレビで挑戦しようっていう。客が、芸人を育てるんだよ。客は芸人を育てるし、芸人が客を育てる。そういういい関係になれると、俺は(高橋)維新、維新…

田中裕二:なんだよ、「維新」って(笑)

太田光:俺はな、維新、お前を笑わせたいんだよ。だけど、俺にとって維新は、笑わない王子になっちゃったから。

田中裕二:ふふ(笑)いや、笑わないでしょ(笑)

太田光:だから、なんとかして…ちょっと待ってくれ。もう一回、俺らをテレビに出させてくれ。

田中裕二:ふふ(笑)「維新」ね(笑)

太田光:『ENGEIグランドスラム』のスケジュールは、今後、どうなるか分からないけども、まぁ、年内に何回かあると思うんだよ。

田中裕二:うん。

太田光:それで、俺はスケジュールの許す範囲で、出たいと思ってるし。また次はね、もしかしたら「旬なネタの足し算の漫才」をやっちゃうかもしれない。それは、まぁちょっとそこは見逃して欲しいんだけど。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:でも、必ずやお前の納得できる漫才を作るから。今回は、俺は負けを認める。だけど、維新…俺はね、ハッキリ言えば、お前のチ○コをしゃぶりたい。

田中裕二:なぁ!どういう意味だ(笑)

太田光:お前をイカせたい。

田中裕二:ふふ(笑)何を言ってんだ(笑)

太田光:冷たいことを言うなよ。冷たいことを言うなよぉ。寂しいじゃないか。お前と俺、バチバチやってきたじゃねぇかよ。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:悲しいこと言うなよ。それは寂しいよぉ、お前、維新。いくらなんでも。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,高橋維新,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、お笑い評論家の「オードリーはTVで漫才やる意味がない」との意見に反論「オードリーと中川家は当代随一」

前の記事:爆笑問題・太田、お笑い評論家・高橋維新に敗北を認める「今回、正直言って我々の負けです」