TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、酔って加藤浩次に「上から目線」なアドバイスをしてしまったと反省「朝の帯番組の話で…」

赤江珠緒、酔って加藤浩次に「上から目線」なアドバイスをしてしまったと反省「朝の帯番組の話で…」

2016.04.27 (Wed)
2016年4月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金曜日13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒がTBS系の番組『この差って何ですか?』の出演者やスタッフとの飲み会で、お笑い芸人・加藤浩次に、上から目線なアドバイスをしてしまったと反省していた。

赤江珠緒:(『この差って何ですか?』の出演者・スタッフでの飲み会で)最初は韓国料理屋さんみたいなところでビール飲んだり、マッコリ飲んだりしてまして。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:最後の方で、お誕生日が近かったっていうことで。

山里亮太:今日、誕生日だからね。

赤江珠緒:ああ、そうか。それでスタッフ一同でお酒をプレゼントして。ウィスキープレゼントしたところ、男前な加藤さんが「この場で開けて飲もうぜ」って言って。

山里亮太:持って帰るのが面倒くさかったんだ。

赤江珠緒:ふふ(笑)分かんないんですけど、ご相伴に預かり、頂いたところ、ちょっとキちゃって。

山里亮太:ちゃんぽんってヤツだよね。俗にいう、一番酔うとされる。

赤江珠緒:うん。「出演者の方から、一言ずつ挨拶を」って言われた時も、私、茶色いセーターを着てたのね。

山里亮太:はい。

赤江珠緒:首の口が凄い開いてるようなセーター着てたんで、ガバッってかぶって「ジャミラ!」とか言ってた覚えが(笑)

山里亮太:断片的な記憶で、それが残ってるってことは、それがまだマシな方ってことだよね。もっとヤバイんじゃない?

赤江珠緒:そうね(笑)加藤さんにハグしてたのかな。抱きついてたのかな。分かんないけど、「よ~しよしよし」ってなって。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:加藤さんが、仕事の悩みとかを話してた時に、「全然大丈夫っすよ!」って感じで。

山里亮太:赤江さんが「大丈夫っすよ」側?

赤江珠緒:なんか変なアドバイスをしたような気が…

山里亮太:加藤さんが、「こういう仕事がさ…」って言ったら…

赤江珠緒:朝の帯番組、ちょうど私も同じ時間帯をやらせていただいてたんで。

山里亮太:うん、うん。

赤江珠緒:多分、そういう話になったんだよね。

山里亮太:その時に赤江さんが、肩をガッと抱き。

赤江珠緒:そう(笑)

山里亮太:「大丈夫だよ、浩次!」と。

赤江珠緒:そう、そう(笑)

山里亮太:言ってた、と。

赤江珠緒:なんかちょっと、上から目線なアドバイスしたような気が。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:だけど、何を言ったかまでは覚えてなくて。とにかく楽しかったんだけど。

山里亮太:なるほどねぇ。

赤江珠緒:だからちょっと今日、「もしかして…山ちゃんにそういう情報入ってたどうしよう」って思って。

山里亮太:なるほど。

赤江珠緒:大丈夫ですか?

山里亮太:私のところに、今のところそういう情報届いておりません。ご安心ください。

赤江珠緒:ああ、そうですか。

山里亮太:ただ…「届いておりません」っていうか、僕も実際、加藤さんに直で会ってないからね。

赤江珠緒:ああ、そうだね。

山里亮太:会ってたら言ってたかもしれないね。「スゲェな、赤江さん」って。

赤江珠緒:いやいや(笑)ちょっと、浮かれてたなって。

山里亮太:いや、良いことじゃない。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 赤江珠緒,加藤浩次,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:山里亮太、加藤浩次が酔ってブラマヨ小杉のことを「大阪からのスパイだろ!」などと詰問していたと暴露

前の記事:赤江珠緒、飲み会での乾杯で上地雄輔のグラスを割ったと告白「乾杯くらいで割れる?」