TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里亮太「合コンに明け暮れた大学時代」

南キャン・山里亮太「合コンに明け暮れた大学時代」

2010.07.17 (Sat)
2010年07月14日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、山里の大学時代について語られていた。話の発端は、ラジオでの企画「公開合コン」の募集をかけていたときのことだった。開催日時は7月28日であり、参加したい女性リスナーを募っていた。

「私、合コンって聞くと浮ついた感じになっちゃうんですよね。私、大学時代、画に描いたような遊び人だったんです。驚かないで聞いて欲しいんですけどね」

「多いとき、1週間に9回合コンに出ていたんです。ダブルヘッダーで回るくらい、メチャクチャ合コンに出ていたときがあったんですよ。なぜなら、学生寮にいて、寮だと先輩が必ず合コンできるようにしないといけないんです。しかも、後輩がスケジュールが空いているか調べないといけないんですよね」

さらに、以下のように語っていた。

「そこで、メチャクチャ鍛えられましたよ。ただ、合コンで受けるトークと、TVショーでお聞きいただけるものはまるっきり違いますからね。普通に聞いたら、まるっきり面白くないですよ。これを皆様にお届けするとなると、大変なことになってしまうと思うんですけどね」

「どんなことを言っていたかというと、『誰に似ているかって話だけどね。俺は、SMAPの木村かな』って言って、『えぇ~全然似てないじゃん』っていわれると、『木村…木村昭之助、ノコッタ、ノコッタ』って言って。…まぁこういうことを言ってましたよ」

「あとは、『小栗に似てない?…オグリキャップ』って感じのことを言ってましたよ。っていうところから、1 mmも成長していないと思いますけどね。『その女の子のスクリュードライバー、ウォッカに変えておけ』みたいなね」

「フルテンションでの森進一のモノマネとかね。そういうのが大学時代にウケてましたよ。『こんばんは、森進一を捜しています!』みたいなね」と語っていた。

【関連記事】
おぎやはぎ・小木「バナナマン・日村はブサイクと認めていない」

おぎやはぎ・小木の「間違いだらけの合コンテクニック」

ナイナイ岡村 「女子プロレスラーと合コン」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:おぎやはぎ・矢作「ドラマ『うぬぼれ刑事』の撮影秘話」

前の記事:爆笑問題「今回の参議院選挙について語る」