TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、aikoが「小鉢姉さん」と呼ばれるようになった経緯に驚く「ライブで胸の話になるんですよ…」

山里亮太、aikoが「小鉢姉さん」と呼ばれるようになった経緯に驚く「ライブで胸の話になるんですよ…」

2016.03.10 (Thu)
2016年3月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、シンガー・ソングライターのaikoが「小鉢姉さん」と呼ばれるようになった経緯に驚いていた。

もっと
もっと(初回限定仕様盤)aiko

ポニーキャニオン 2016-03-09
売り上げランキング : 16


Amazonで詳しく見る

山里亮太:何?「小鉢姉さん」って。

aiko:いや…(笑)よく、ライブとかで胸の話とかになるんですよ。

山里亮太:よくなるんだ?

aiko:よくなる。よくなって、ジャンプしてもそんなに影響のない感じ。

山里亮太:ふふ(笑)なるほどね(笑)

aiko:そう。

山里亮太:地球にそんなに引っ張られない感じね。

aiko:そう、そう。でもまぁ、「凄い巨乳やったら巨乳で、ジャンプした時に影響が出た時に、目のやり場に困るから、今くらいで良いやろ?」って言って。

山里亮太:うん、なるほどね(笑)

aiko:それで、「本当にもう、小鉢みたいなもんです」って言ったら、お客さんが「小鉢姉さん!」って言って。そっから、ちょっと「小鉢姉さん」って呼ばれるようになりました。

山里亮太:いや、いいんじゃないですか(笑)神からね、「ライブをするんだ、aiko」と。そして、「素晴らしいパフォーマンスを届ける、それだけのために」って、神との契約で、乳はもう神に預けたんじゃないかな(笑)

aiko:預けたかぁ(笑)駆け引きやな。

山里亮太:駆け引きですよ。

aiko:それを私は、神様に預けて。

山里亮太:そうよ。

aiko:契約したんや?

山里亮太:契約したの、神と。

aiko:へぇ(笑)

山里亮太:乳を小鉢にする代わりに…

aiko:歌をね。

山里亮太:ライブを最高にする才能をね。どっちがいい?もう一回、選択肢があるとしたら。

aiko:そんなん、両方とも欲しいよ。

山里亮太:贅沢な子だねぇ(笑)

aiko:だってさ、胸あって歌を歌ってる人いるじゃないですか。

山里亮太:いますよ、それは。

aiko:やっぱり、「エエな」って思いますよ。

山里亮太:ふふ(笑)そうなんだ。じゃあね、せめて茶碗くらいには。

aiko:ああ、いいね。「茶碗姉さん」になれるように。だから、3年後、頑張ります。

山里亮太:まだ成長を願う?(笑)

aiko:そう(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,aiko,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:有吉弘行・マツコ・夏目三久が視聴者の「昼食時に蕎麦屋で鍋焼きうどん注文するな」との手紙に反発「身勝手過ぎる」

前の記事:山里亮太、『スッキリ!!』サブMCに自分ではなくハリセンボン春菜が決定したことにショック「驚いちゃったよ、もう」