TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ小木、ブレイクするきっかけはM-1での惨敗と明かす「大阪の芸人さんたちが優しくしてくれた」

おぎやはぎ小木、ブレイクするきっかけはM-1での惨敗と明かす「大阪の芸人さんたちが優しくしてくれた」

2016.02.26 (Fri)
2016年2月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、M-1グランプリ第一回での惨敗の原因となった大阪会場の厳しい評価がきっかけで、ブレイクするに至ったと明かしていた。

第一回大会では、東京会場の7人の審査員に加え、札幌・大阪・福岡の吉本興業の劇場に集まったそれぞれ100人の観覧客が審査することになっていた。大阪での票数が9票とのことであり、そのあまりの酷い結果に大阪出身の芸人たちが、おぎやはぎに同情し、共演をきっかけにブレイクするに至ったという。

ライブミランカ おぎやはぎトークライブ
ライブミランカ おぎやはぎトークライブ 「おぎとやはぎでおぎやはぎです。別に、やはぎおぎでもいいんですけど」 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2007-11-21


Amazonで詳しく見る


前の記事からの続き:
おぎやはぎ矢作、博多華丸・大吉と15年ぶりに飲みに行った理由を明かす「番組企画に背中を押されて電話」

矢作兼:「(おぎやはぎ、博多華丸・大吉の)4人で何を話すの?」と。そうね…俺なんかもう酔っ払っちゃってるからさぁ。

小木博明:何を話すの?

矢作兼:まず、普通に昔の話するでしょ?

小木博明:大体、昔話から入って。

矢作兼:入って…

小木博明:あとは、「ここで売れた」とか(笑)

矢作兼:ふふ(笑)

小木博明:売れたきっかけみたいなね。

矢作兼:ああ。

小木博明:大吉さんが話してくれて。

矢作兼:ああ、そうだ。

小木博明:「おぎやはぎはどの辺なの?」なんて話になって。「どこだっけかなぁ」って話をしてて。

矢作兼:うん。

小木博明:俺らはどこだったんだっけ?

矢作兼:え?そんな話した?俺、大吉さんのは覚えてる。

小木博明:俺らの話して。俺らは、M-1で大阪9票(惨敗)みたいになって。アレから、大阪の芸人さんたちが、凄い優しくしてくれて(笑)

矢作兼:ふふ(笑)被害者をね(笑)被害者を見るような感じで(笑)

小木博明:色んな番組でも、瓶師匠(笑福亭鶴瓶)とか、今田(耕司)さんとか、東野(幸治)さんとか。

矢作兼:うん。

小木博明:あの辺の人たちが、みんな優しく接してくれたんだよ。大阪の人たちが(笑)

矢作兼:うん。

小木博明:それで上手くいった、みたいなことがあってね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:ナイツ土屋、ゲス乙女・川谷により「不倫した人=ゲス」と言われることに言及「桂文枝師匠までゲスと言われ…」

前の記事:おぎやはぎ矢作、博多華丸・大吉と15年ぶりに飲みに行った理由を明かす「番組企画に背中を押されて電話」