TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、博多華丸・大吉と15年ぶりに飲みに行った理由を明かす「番組企画に背中を押されて電話」

おぎやはぎ矢作、博多華丸・大吉と15年ぶりに飲みに行った理由を明かす「番組企画に背中を押されて電話」

2016.02.26 (Fri)
2016年2月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、博多華丸・大吉と15年ぶりに飲みに行った理由について語っていた。

ライブミランカ おぎやはぎトークライブ
ライブミランカ おぎやはぎトークライブ 「おぎとやはぎでおぎやはぎです。別に、やはぎおぎでもいいんですけど」 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2007-11-21


Amazonで詳しく見る

矢作兼:この間、寿司食ったんだよ。

小木博明:そうだね。まさに昨日ね。

矢作兼:そう。昨日ね、博多華丸・大吉と4人で、お寿司食べたんだよ。

小木博明:食べに行きましたね、これ久々に。

矢作兼:行ったね。

小木博明:行ったけど、これYahoo!ニュースみたいなのになってるの?

矢作兼:これが…たしかに、華丸さんが写真撮ったんだよ。



小木博明:写真撮って。

矢作兼:「ツイッターに上げる」って言って。

小木博明:うん。

矢作兼:やってたよね。

小木博明:これ、もうさっそくこういう風になるんだ。

矢作兼:ねぇ。

小木博明:取り上げられたんだ。

放送作家・鈴木工務店:いい写真ですね。

小木博明:いい写真ではあるね。

矢作兼:そう。

放送作家・鈴木工務店:笑顔でね。

矢作兼:カウンターのお寿司屋さんでね。いわゆる、角。

小木博明:はい、はい。

矢作兼:4人座って。俺と華丸・大吉さんは、収録が一緒だったの。それで、小木にはこの店を伝えておいて。

小木博明:うん。

矢作兼:小木、最初に着いて。最初、クルマの中で「どうやって座る?」って(笑)

小木博明:ああ。

矢作兼:「おぎやはぎと華丸・大吉で2-2で座るのか、交互なのか」みたいな。

小木博明:ああ、そういう話し合いをしてきたんだ?

矢作兼:うん。でも、小木が最初についちゃうから、「入った順番で」って。

小木博明:ああ、なるほど。それで、大吉さんが最初に来たから…

矢作兼:大吉さん座らせて。

小木博明:ああ、なるほどね。

矢作兼:これね、いいよね。

小木博明:いい写真だよね。

矢作兼:これ、本当にスタッフとかもいないからね。本当にただの4人だからね。

小木博明:これって、あり得ないよね。

矢作兼:あんまりないだろうね。

小木博明:芸人2組が、誰も他にいなくて、その4人だけで食べるって、絶対にないでしょ?

矢作兼:ないなぁ。誘えないしね。大体、コンビ2人がこないから。2人を誘うってなかなかできないんだけど、仲がいいから、華大さんも。だから誘えるからね。

小木博明:うん。超若手だったら、4人だけだったらあるかも知れないもんね。バナナマンとかだったら。でも、今となるとね。

矢作兼:だから今回は、俺たちはさ、昔、華丸・大吉さんに、福岡吉本の劇場とかね。

小木博明:うん。

矢作兼:呼んでもらったんだよね?

小木博明:そう。

矢作兼:「ネタやって」って。

小木博明:うん。

矢作兼:それで行った時に、全部やってくれたのよ。ご飯から何から。ずっと朝まで付き合ってくれるの。

小木博明:そう。全部やってくれるのよ。

矢作兼:それに俺、感動してさ。華大さんまだ福岡に住んでたから、「もし東京に遊びに来た時には、僕が知ってる一番美味しい店に連れて行きますから」って。そういう約束をしてから15年経ってるんだよね(笑)

小木博明:ふふ(笑)結構、経ちましたね(笑)

矢作兼:そう、そう(笑)これは毎年、毎年、「いつかやらなきゃな」って思いながら経ってるの。

小木博明:うん。

矢作兼:それで今年の始めにやった特番で。何かをしたい人の背中を押すっていう番組をやったの。

小木博明:うん。

矢作兼:たとえば、「私、英会話スクールに行きたいと思っています」って言ったら、その場で電話させたり。背中を押してあげる、みたいなことなのね。

小木博明:うん。

矢作兼:それで、「矢作さん、何かあります?」って言われたから。今年やっておきたいことね。

小木博明:うん。

矢作兼:ずっと思ってるんだけど、やってないのが「博多華丸・大吉さんに福岡でお世話になったのに、東京に来て一回もやってないから、今年はそれをやりたい」と。

小木博明:うん。

矢作兼:それで、その場で電話したの。

小木博明:ああ、そういう流れがあったんだ。

矢作兼:そう。それで「今年はご飯に行きますよ」「ああ、分かった」って言って切ったから、すぐにやった方がいいじゃん。

小木博明:うん。どっちに電話したの?

矢作兼:華丸さん。華丸さんに、月曜か火曜日に電話して、「水曜の収録後って空いてます?」って訊いて。「空いてるよ」って言うから、「じゃあ、大吉さんに訊いてください」って言って、それで火曜に連絡がきたの。

小木博明:うん。

矢作兼:「大吉先生も空いてるよ」って。それで、小木にも訊いて、「空いてるよ」って言うから、水曜終わりで店を予約して。

小木博明:なるほど、そういうのがあったんだなぁ。

矢作兼:そうなんだよ。

小木博明:そういうのあると、たしかに背中押されるね。

矢作兼:そうでしょ?

小木博明:その場でやらなきゃいけないって。

矢作兼:やらなきゃいけないから。

小木博明:そういうのがないと、なかなかね…

矢作兼:なんかね、ちょっとしたことなんだけどね。

小木博明:そうそう。できないんだよね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,博多華丸・大吉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎ小木、ブレイクするきっかけはM-1での惨敗と明かす「大阪の芸人さんたちが優しくしてくれた」

前の記事:おぎやはぎ小木、右目を失明しかけた過去について告白「ベンチにいたら、ファールボールが飛んできて…」