TOPマツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国 ≫ マツコ、オネエブームの時にゲイの人々に感じていた申し訳なさを告白「こんな化け物たちがTV出て、誤解させてごめん」

マツコ、オネエブームの時にゲイの人々に感じていた申し訳なさを告白「こんな化け物たちがTV出て、誤解させてごめん」

2016.02.25 (Thu)
2016年2月24日放送のテレビ朝日系の番組『マツコ&有吉の怒り新党』(毎週水 23:15-24:15)にて、タレントのマツコ・デラックスが、オネエブームではるな愛やIKKO、ミッツ・マングローブらとともに番組に出演することが多くなり、その際に感じていたゲイの人々への申し訳なさについて語っていた。

マツコの部屋 アンタがいるから素直に笑えないのよ 編
マツコの部屋 アンタがいるから素直に笑えないのよ 編 [DVD]
ポニーキャニオン 2011-02-15

Amazonで詳しく見る

有吉弘行:「今、旬だね」って、お笑い芸人とかも言われるもんね。

マツコ・デラックス:私なんて、オカマブームみたいなのあったじゃない?ミッツ(・マングローブ)さんとか、私とかが出始めて。ちょっと前にいたKABA.ちゃんとか、IKKOさんとか、はるな愛とかさ。クリスさんとかも出てきて。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:一時期、出まくってた時期あったじゃない?

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:あの時に、「今、オカマさんブームですけど」って。

有吉弘行:ああ、そうだね。

マツコ・デラックス:うん。そういう言い方は凄いいっぱいされて。「私達は別に、ブームでやってるつもりはないですけど、こうやって皆さんが『オカマ、面白いね』って言って出していただけてることはありがたいですよ」って思ってたわけ。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:でも、中にはこういうおちゃらけてない、地に足を着けて生きてるゲイの人たちからすれば、「あんな化け物みたいなのがいっぱいテレビに出て、アレがオカマというか、ゲイだと思われるのは、不本意だ」って人もいっぱいいたわけよ。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:それはだから、絶対に両方いて。

有吉弘行:そう、そう。

マツコ・デラックス:その中にも色々いて。…目くじら立てない、もう。

有吉弘行:そうだね。

マツコ・デラックス:「ごめんね」って思ってやってたよ。地に足をつけてる人たちにしてみたら。

有吉弘行:まぁ、そうだね。

マツコ・デラックス:「こんな化け物ばっかりがテレビ出ちゃって。誤解させちゃってごめんね」って思ってやってたよ。

有吉弘行:はっはっはっ(笑)

マツコ・デラックス:私たち、たまたま化け物がピックアップされたけど、その人たちに迷惑をかけようと思っては生きてないわけじゃん。

有吉弘行:うん、そうだね。

マツコ・デラックス:だから、思いってそれぞれで違うからさ。(「旬だね」と言ってくる人たちに)「ありがとう」って思ってれば良いんじゃない?

有吉弘行:「旬だね」って言ってる人も、悪意がないからね、多分ね。

マツコ・デラックス:ないもん。

有吉弘行:本当に良い意味で言ってるよね。

マツコ・デラックス:あなただっていっぱいやってきたじゃない。2回旬が来る人っていないよ。

有吉弘行:「旬」って言わないで(笑)

マツコ・デラックス:ふふ(笑)悪気ないのよ。

有吉弘行:悪気はないんだよね(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 有吉弘行,マツコ・デラックス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国
次の記事:AKB48高橋朱里、高橋みなみと西川貴教の交際疑惑を深める発言「たかみなさんが、ほとんど同じこと言ってて…」

前の記事:マツコ・デラックス、仕事にすがって生きている現状に危機感「仕事がなくなった時、何を支えに?」