TOP有吉弘行のSunday Night Dreamer ≫ 有吉弘行、哀川翔が無名芸人であっても覚えていることに感服「どんなに変な奴でも、ちゃんと覚えておかなきゃ」

有吉弘行、哀川翔が無名芸人であっても覚えていることに感服「どんなに変な奴でも、ちゃんと覚えておかなきゃ」

2016.02.22 (Mon)
2016年2月21日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、俳優・哀川翔の飲み会に招かれ、哀川が無名芸人であってもしっかりと覚えていることに感服したと語っていた。

プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)有吉 弘行

双葉社 2012-04-12

Amazonで詳しく見る

前の記事からの続き:
有吉弘行、哀川翔からの飲み会の誘いになかなか返事しなかった理由「悪いことは後回しにするタイプだから(笑)」

有吉弘行:西堀、パって酔いが覚めたんだろうね。だから急に緊張し始めてさ。

安田和博:はい。

有吉弘行:僕が「これ、マシンガンズの西堀です」って紹介したら、「ああ、覚えてるよ」って言われて。そこは良かったんですよ。

安田和博:うん。

有吉弘行:「ああ、すみません。ありがとうございます」って言ってて。

安田和博:ふふ(笑)

有吉弘行:俺はいつものことなんで、カラオケを1曲歌うまでは帰らせてもらえないんですよ。

安田和博:ああ、そうなんだ。

有吉弘行:だから、すぐカラオケのところに呼ばれて。

安田和博:うん。

有吉弘行:『白い雲のように』を歌わされて。しょうがないんだけど。でも、それを歌ったら、仕事一段落で、帰れるから、いつでも。

安田和博:ああ、そうなんだ。

有吉弘行:それを歌って、座ってまだちょっと飲んだり。多少、談笑したりしてたら、西堀の姿が全然なくてさ。

安田和博:うん。

有吉弘行:「なんだ?アイツ」って思って。

安田和博:うん。

有吉弘行:「どこ行ってんだろうなぁ」って探しに行ったら、翔さんの子供たち、16歳とか18歳、若い子たちだから。若い子たちに偉そうに「お前らよぉ、バカ野郎」っつって(笑)

安田和博:はっはっはっ(笑)

有吉弘行:子供たちとバンバン談笑してて。もう、大人たちが怖いじゃん。翔さんとかのところに来ると緊張するから、子供たちと一緒に「生意気なんだよ、バカ野郎」っつって、子供たちとめちゃめちゃ楽しくやってて。

安田和博:へぇ。

有吉弘行:「お前、いい加減にしろ。こっちこい」っつって(笑)

安田和博:ふふ(笑)

有吉弘行:ものの1時間ちょっとくらいで、帰らせていただきまして。

安田和博:へぇ。ああ、そのくらいですか。

有吉弘行:翔さんが寝ちゃってたから、奥さんに「あの…帰ります」って(笑)

安田和博:ふふ(笑)

有吉弘行:「逃げろー!」とばかりに帰りましたけどね(笑)

安田和博:ふふ(笑)

有吉弘行:久々に翔さん、会いまして。

安田和博:うん。

有吉弘行:優しいな、あの人。マシンガンズ・西堀のことを覚えてるって凄くないですか?

安田和博:凄いですよね、やっぱりね。

有吉弘行:西堀は西堀で、「褒められた」って思い出あるじゃん。お互いちゃんと覚えてたっていうのが。あの大物と小物が。

安田和博:ふふ(笑)

有吉弘行:あの時に思ったのよ。どんなに変なヤツのことでも、ちゃんと覚えておかなきゃいけないなって思って。

安田和博:ああ、自分でも?(笑)

有吉弘行:だから、安田が俺に笹塚でメシ奢ってたことも、忘れないようにしなきゃいけないなって思って。

安田和博:まぁ、そうね。忘れて欲しくないね。

有吉弘行:めちゃめちゃ安い、クソみたいなメシだったけど。

安田和博:でも、奢ったからね(笑)奢ったのは奢ったんだから。

有吉弘行:うん、そうだな。…もう、いい?安田で。

安田和博:「安田さん」ね(笑)

有吉弘行:クドイね、本当に(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 哀川翔,有吉弘行,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer
次の記事:有吉弘行、Amazonプライムの「都内なら30分」という早過ぎる配送に宅配業者を心配「人手不足になるよ、アレは」

前の記事:有吉弘行、哀川翔からの飲み会の誘いになかなか返事しなかった理由「悪いことは後回しにするタイプだから(笑)」