TOPたまむすび ≫ 山里亮太、Mr.マリックが町山智浩のことを全くの別人と勘違いしていたと明かす「村岡さん…真っ赤なロン毛でさ」

山里亮太、Mr.マリックが町山智浩のことを全くの別人と勘違いしていたと明かす「村岡さん…真っ赤なロン毛でさ」

2016.01.28 (Thu)
2016年1月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、番組共演したMr.マリックが映画評論家・町山智浩のことを、「村岡さん」「真っ赤な髪のロン毛でさ…」などと、恐らく高橋ヨシキのことであると思われるが、勘違いしていたと明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]
バップ 2014-08-22

Amazonで詳しく見る

山里亮太:今日、久しぶりに帰って参りました、シネマゲスラー・山里亮太。私、シネマゲスラーね。観た映画の「ここで抜け」というのを教えるのだけを生業にした、このシネマゲスラー。久しぶりに、映画をしっかり観てきたんで、そのお話を今日、させていただきたいな、と。

やっぱり、ラジオをやらせてもらっている人間として、観た映画を上手に皆さんにお伝えする。これ、憧れなんですよね。昼、やらせていただいている『たまむすび』で、町山智浩さんから映画を教わり、それを観に行って皆さんに伝える。これが私、憧れのことでして。今日、久しぶりにそれが出来るということで、ちょっとドキドキしながらお送りしたいな、と。

あと、余談なんですけど、今日、たまたま『はにまるジャーナル』という番組がありまして。その『はにまるジャーナル』の収録で、スペシャルゲストでMr.マリックさんがいらっしゃってて。

Mr.マリックさんが、TBSラジオを聴いてくれているということで。それは昼の方の『たまむすび』の方をね、聴いてくれているということでね。もう、出会い頭に、「いやぁ、山ちゃん。良いよね、ラジオ。聴いてる」「ああ、ありがとうございます」「いや、本当にね、昼の山ちゃんがやっている番組…」「あ、『たまむすび』ですか?」「そうそう、『たまむすび』の中でね、あのコーナーが好きなんだよ」「どれですか?ひょっとしたら『おばあちゃんのつぶやき』ですか?」と。

この「おばあちゃんのつぶやき」というのは、この『不毛な議論』で言うところの「子供達を責めないで」のおばあちゃんバージョンでやってまして。「違う違う違う。あの、映画を紹介してくれるコーナー」「ああ」「あのオーナーが大好きでね。もう最初からずっと聴いている。あの人は凄いね、あの村岡さんが凄い…」と喀血

「村岡さん?」「村岡さんの映画紹介は、『ああ、この映画観たいな』っていつも思う」「マリックさん、町山(智浩)さん?」「町山さん!町山さん、ずっと聴いているから」「あ、そうですか」「あの町山さんの紹介する映画ってのは、観たくなるんだよね」「ああ、そうですか」「あの人、凄いね。真っ赤な髪のロン毛でさ、特徴的…」「真っ赤な髪のロン毛!?」って(笑)

「なに?山ちゃん。やめてよ、そんな冗談。真っ赤な髪の毛の長い人でしょ?」って(笑)「昔、そんなことあったんですかね?」「今、違う?」っていう。それで、俺、思ったの、昔は、手元から「来てます」って言ってたけど、今はもう、手じゃなくて、何か頭のほうに「来てます」っていう(笑)

マリックさん、さすがに超魔術を使う人は違うね、着眼点が(笑)何か見えてんのかな、と思ったことが、今日あったけど(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,町山智浩,Mr.マリック,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:山里亮太、映画『ザ・ウォーク』での綱渡りシーンに手に汗握ったと語る「高所恐怖症は正直、観るの無理」

前の記事:千鳥・大悟、ベッキーとゲス乙女・川谷のLINEを週刊文春に持ち込んだ人物を逮捕すべきと指摘「犯罪じゃない?」