TOP有吉弘行のSunday Night Dreamer ≫ 有吉弘行、琴奨菊の31歳での初優勝・日本出身力士10年ぶりの優勝について言及「14勝1敗という素晴らしい成績」

有吉弘行、琴奨菊の31歳での初優勝・日本出身力士10年ぶりの優勝について言及「14勝1敗という素晴らしい成績」

2016.01.25 (Mon)
2016年1月24日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、琴奨菊の31歳での初優勝、そして日本出身力士10年ぶりの優勝について語っていた。

プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)有吉 弘行

双葉社 2012-04-12

Amazonで詳しく見る

有吉弘行:さぁ、ということでどれぐらいぶりになりますかね。随分、久しぶりになると思いますけども。『有吉弘行のSUNDAY お相撲 DREAMER』ということでございますね。

久々に復活ということでね。

安田和博:ふふ(笑)そうなんだ。

有吉弘行:今日、日本ね、全体的に冷え込みまして。最強寒波なんて言われてまして。特に西日本、九州なんかも雪が降ってるような状況で、非常に寒い日本列島なわけですけども。

今日は湧きましたね。琴奨菊さんの優勝ですか。初優勝。31歳での優勝ということでね。随分、遅咲きの優勝ですよ。もう一番が旭天鵬さんですかね。旭天鵬さんの38歳での優勝が1位くらいですかね。次が貴闘力さんの33~4だったかな。それに次いでの琴奨菊さん、31歳での優勝ということでございましてね。

今、こういう言い方をよくしてますけど、日本出身の力士としてはなんと、栃東さん以来の10年ぶりの優勝ということでございまして。非常に盛り上がってますよね。

まぁ、昨日・今日と白鵬関の様子がちょっとおかしかったんでね。立ち合いのミスも珍しいですし。今日もね、横綱同士の戦いですからね。お客さんは琴奨菊の優勝は観たいとは言えね、横綱同士の熱い戦いを観たかったんですけど、ちょっと、白鵬さんがね。そりゃ無気力相撲ではないんですけど、ちょっとあっさり負けてしまったということで。

お客さんも、千秋楽の最後の大一番ですから。ちょっと肩透かしを…逆に肩透かしを食らったかのような感じでございましたけどね。

しかし、琴奨菊さん、本当に14勝1敗ということでね。同期の豊ノ島さんですよね。小学生の時からずっとライバル関係にあった豊ノ島さんと戦って、1敗を喫してしまいましたけども。

それ以外は、14勝1敗という素晴らしい成績でして。まぁ、来場所もね、今回のような成績、優勝に準ずる成績を残せば、横綱も見えてくるんじゃないかな、ということでございますけどもね。

あと、注目の選手と言えば、豊ノ島さんなんかもね、中山秀征さんと遊んでるようなイメージしかないですけど…

安田和博:もう、ずっとお相撲の話するの?(笑)

有吉弘行:ふふ(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 有吉弘行,琴奨菊,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer
次の記事:有吉弘行、『大沢悠里のゆうゆうワイド』が30年続いた歴史に幕を下ろすことに言及「通勤してる時によく聴いてました」

前の記事:土田晃之、カトパンのフジ退社・フリー転身に驚きはないと語る「スター女子アナが30歳で独立、当たり前の流れに」