TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里「あやまんJAPANで勃つ」

南キャン・山里「あやまんJAPANで勃つ」

2010.05.29 (Sat)
2010年05月26日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、あやまんJAPANについて語られていた。「スゴイ"芸人"に会った。Twitterだったら、『奇跡なう』って書いてますよ」と山里は話していた。

「何を今更って言われるかもしれませんけど、あやまんJAPANはスゴイですね。あやまんJAPANっていうのは、知らない人のために言うと、宴会芸のスペシャリストの女子たちなんですよ。下ネタテイストの宴会芸をやる集団なんです。そういうテイストの替え歌をしながら盛り上げてくれるんです」

「『とんねるずのみなさんのおかげでした』で、安すぎて伝わらない素人芸選手権のコーナーでフィーチャーされてたんで、有名だとは思うんですけどね」

「つい最近、知り合いの誕生パーティーにサプライズゲストで呼ばれていたんです。『あの"あやまんJAPAN"だ!』って思ってね。最高にゲスい替え歌を歌いながら、パフォーマンスしてくれましたよ。基本メンバーは6人で、1人が司令塔なんです」

さらに、そこから以下のように語っていた。

「その司令塔は、ファンタジスタって呼ばれていて、桜田さんって言うんです。他のメンバーはリードボーカルというか、その指示に従って盛り上げてくれるんです。ちょっと隙間があれば、男性の上で腰を振ってくれるんですよ」

「中でも、あやまんジェットコースターがスゴくて、KinKi Kidsの『ジェットコースター・ロマンス』に乗せてやる芸なんですけど。イスの上で男性が座っているところに、肩車のような感じであやまんたちが脚を乗っけるんですよ。要は、あやまんたちの脚がジェットコースターの安全バーですよ」

「『右に曲がりま~す』でオッパイを右に寄せて、『左に曲がりま~す』で左に寄せるんです。それで、最後には『トンネルは入りま~す』でスカートをバサッと頭にかぶせてくるんです。それで揺さぶった後に、一斉にキスをするんですよ。写真を撮って、『お帰りに写真をどうぞ~』で渡してくれるんですよ」

「この一体感、統一感がスゴイんですよ。テレビだと下ネタでちょっとゲスいとも思いますけど、ライブで見るとスゴイんですよ。エンターテイメントですよね。今、あやまんJAPANはブルーマンに並んでいるんじゃないかって思うんですよ。増設の小屋を設けてやった方がいいんじゃないかって」

「スゴイ人気で、一般のサラリーマンの飲み会とかにも呼ばれて、今や予約が全然とれないような状況なんですって。でも、みんな楽しんでやっていることであって、お金儲けでやっていることじゃないんですって。だから、本当に交通費程度で来てくれるんですって」

「テレビでは下ネタの要素がマイルドになってますけど、ライブではスゴイですよ。おしぼりで、完全に男のシンボルの形を作っているのを見ていたら、本当に真夜中のノッポさんって感じで興奮しちゃいましたよ。歌に合わせてペロンチョとかってやるんですけど、それを見て思わず『ヒーハー』って言っちゃいましたよ」

「いろんなフォーメーションがあって、それを全て構築しているのがファンタジスタ桜田さんなんですよ。ウィスキーをグビっとやって目配せであやまんを自由自在に操って、盛り上げているんですよ」

「本当に凄くて、人見知りの僕は、最初はなかなか盛り上がれなかったですけど、徐々に真ん中に近づいて行ったんです。あやまんジェットコースターに乗りたいなって思って。みんな並んでいるんですけど、実際に僕の番が来ると、戸惑いはあるんですよね」

「普段、遊び慣れている人は大盛り上がりになれるけど、実は僕だけエレクトしていたからね。みんなパーティータイムなんですけど、僕の股間だけデニムに対してラオウが『我が人生に一変の悔い無し!』って感じで拳を突き立てているんです」

「そんな俺が、スカートの中に入ったりとか、オッパイが揺れたりとかって時のリアクションをどうしたらいいのか分からないよね。そういうとき、もはやカオスじゃない。マゴマゴしていたら、ついに司令塔の目が僕の方に向いて、みんなを盛り上げなければいけないって感じで、目配せして、僕の乳首を右左に擦りだしたんですよ。もう、どうリアクションしたらいいのか分からなくて、『わぉ~ん!』って大きい声で言ったんです。全然、ウケなかったですね」

「思いの外スベったので、エレクトしていたのも鎮まりましたね」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次 「めちゃイケに泥酔したエスパー伊東」

爆笑問題 「稲川淳二の怪談に、笑いを堪えていた」

有吉弘行の「あだ名芸」で、菊川怜が号泣?


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : あやまんJAPAN,山里亮太,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:南キャン・山里「ヒトメボの開発者に一言物申す」

前の記事:爆笑問題・太田「桑田佳祐・新曲のヒミツ」