TOPたまむすび ≫ 山里亮太、「中条あやみさんで妄想小説を書いた」と発言し赤江珠緒をドン引きさせる「それ、究極に怖くないですか?」

山里亮太、「中条あやみさんで妄想小説を書いた」と発言し赤江珠緒をドン引きさせる「それ、究極に怖くないですか?」

2016.01.07 (Thu)
2016年1月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、「中条あやみさんで妄想小説を書いた」と発言し、フリーキャスター・赤江珠緒をドン引きさせていた。

たりふた SUMMER JAM '14 山里関節祭り
たりふた SUMMER JAM '14~山里関節祭り~ [DVD]
バップ 2014-12-24

Amazonで詳しく見る

ニュース記事:女性のモテキーワード、2016年は「母性」。
2016年には、どんな女性がモテるのか、女性ファッション誌『ar(アール)』の編集長、笹沼彩子さんはキーワードとして、「母性を持った、周りの人を包み込むような女性がモテるのでは?」と分析しています。

それを体現する女性像として挙げられているのは、女優に有村架純さん、石原さとみさん、中条あやみさん。母性でモテる2016年、男性は一層幼児化していくのか。

山里亮太:有村架純さんと、石原さとみさんと、中条あやみさん?母性?

赤江珠緒:うん。

山里亮太:ああ、そう?

赤江珠緒:この人たちは、母性云々じゃなくて、すでにモテる人たちだからね。

山里亮太:そうね。

赤江珠緒:なんのキーワードがハマっても、おかしくない人たちじゃないですか?

山里亮太:母性…普通は、あき竹城さんとかじゃないの?

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)そうね。母性よね(笑)

山里亮太:AKTね。

赤江珠緒:やっぱり、割烹着が似合う人じゃないの?母性って。

山里亮太:そう。こういう石原さとみさんとか、有村架純さんとか、中条あやみさんとかに、何かキーワード付けちゃえば、それでイケちゃうよね(笑)

赤江珠緒:女性であることを楽しんでいる人を、「雌ガール」と呼んで、モテ路線のファッションやメイクなどを提案してきた雑誌が、『ar』なんですが、この雑誌が産んだ去年のキーワードは、「おフェロ」でした。

山里亮太:大丈夫?

赤江珠緒:ふふ(笑)

山里亮太:大丈夫?

赤江珠緒:「大丈夫?」って、なんでそんな相槌を打つんですか?山里さん(笑)大丈夫だと思いますよ(笑)

山里亮太:ビックリしたのよ。これ、去年流行った?(笑)

赤江珠緒:私も聞いたことなかったんですけどもね。フェロモンがだだ漏れした状態を表す造語だそうで。

山里亮太:へぇ。

赤江珠緒:「おフェロ」は、ちょうど今の女の子の気分にマッチしたワードなんですって。

山里亮太:へぇ。

赤江珠緒:お遍路じゃないですよ(笑)

山里亮太:ふふ(笑)ああ、菅直人さんがやってたヤツ?(笑)

赤江珠緒:はい(笑)「おフェロ」ですって。

山里亮太:へぇ。

赤江珠緒:一方で、今年くるのは「母性」を持った、温かく周りの人を包み込むような女性、と。

山里亮太:へぇ。お母さん。…さっき言ってた3人、母性感じるかなぁ?

赤江珠緒:紗栄子さんはね、母性を感じる?(山里亮太、「紗栄子なら抱けそう」と番組で発言し両親からの自慢の息子という評価が一転「恥ずかしいよ」)山里さん(笑)

山里亮太:ああ、紗栄子さん(笑)それこそ、私がテレビで絶賛した(笑)

赤江珠緒:はい。一方的に絶賛して、収録スタジオを引かせたという(笑)

山里亮太:引いてたよ、みんな。

赤江珠緒:ふふ(笑)

山里亮太:だって、俺の横で両親が引いてんだから(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

山里亮太:母性とかじゃない…アレは、おフェロですね。

赤江珠緒:ふふ(笑)そうか。母性ねぇ…

山里亮太:言っても、綺麗な人たちじゃん、この名前挙げられてる人たちも。

赤江珠緒:そうですね。だって、石原さとみさんも「フェロモンが…」って、凄く言われてる人じゃないですか。

山里亮太:だだ漏れじゃない、本当に。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:中条あやみさんって、綺麗。CMで今、よく観るよ。

赤江珠緒:なるほどね。…今、メールがきましたよ。

リスナーメール:赤江さん、山里さん。僕が今年注目する人は、モデルの中条あやみさんという方です。

赤江珠緒:まさに、今、お名前が挙がってる方じゃない。

リスナーメール:現在は、クレジットカードのCMに出演しており、ネットでは「天使のように可愛い」とも言われています。中条さんの目の輝きが、グッときました。

山里亮太:俺、中条さんは雑誌で勝手に、妄想で小説書いたことある。

赤江珠緒:ええ?!(笑)…山里さん、それ究極に怖くないですか?

山里亮太:何が?何が?

赤江珠緒:だって、お会いしたことあるの?

山里亮太:ないよ。

赤江珠緒:ないのに、書いたの?

山里亮太:結構前に書いて。『B.L.T. 』雑誌で、僕、毎回、妄想の小説…仕事だよ。

赤江珠緒:ああ、仕事で?(笑)山ちゃんとも、かれこれ付き合いも4~5年目になってますけど、「山ちゃん、何してんのかな」って思って(笑)

山里亮太:仕事です(笑)

赤江珠緒:ああ、そうですか(笑)

山里亮太:当たり前(笑)プライベートで、いきなりデートのプランとか書きませんよ(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,中条あやみ,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:岡村隆史、ベッキーとゲス乙女・川谷絵音の不倫報道に恐怖「2人だけのLINEのやりとりが出てしまうって怖さがある」

前の記事:山里亮太、「紗栄子なら抱けそう」と番組で発言し両親からの自慢の息子という評価が一転「恥ずかしいよ」