TOP千原ジュニアのRPM GO!GO! ≫ 千原ジュニア、嵐・二宮和也主演ドラマ『赤めだか』に感動「面白かったね。スゲェ泣きそうになって」

千原ジュニア、嵐・二宮和也主演ドラマ『赤めだか』に感動「面白かったね。スゲェ泣きそうになって」

2016.01.05 (Tue)
2016年1月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『千原ジュニアのRPM GO!GO!』(毎週土 17:00-17:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、2015年12月28日に放送された嵐・二宮和也主演ドラマ『赤めだか』(TBS系)に感動したと語っていた。

赤めだか
赤めだか立川 談春

扶桑社 2008-04-11

Amazonで詳しく見る

千原ジュニア:『赤めだか』観ました?

中村岳人:観ました。

千原ジュニア:面白かったね。スゲェ泣きそうになって。

中村岳人:はい。何なんでしょうね、二つ目に上がるまでで、そんなに事件もなく、平坦な話に近いじゃないですか。

千原ジュニア:それ、よう言うよな。岳人。『海町ダイアリー』観た時も、同じこと言うてたよな。でも、機微がそこにあるやん。

中村岳人:いやだから、それを感じるのが凄いな、と。何かたとえば、死にそうになるとか、危機が起きるとかはなくて。

千原ジュニア:子供が誘拐されるとか。

中村岳人:…とかがなくて、こんなに心を動かせるって、凄いなぁって思いますね。

千原ジュニア:うん。その言ってはる人が、実際にいた人で。その人の厚みというか、深みというか。その絶対的な説得力みたいなものが、もうわかった上で観てるからね。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:あと、現場で「何かちょっとアドリブでやってみて下さい」みたいな感じでやってるんやろうなぁっていう。濱田岳さんと(宮川)大輔のな。ちょっとしたくだりとか。

中村岳人:はい(笑)ありましたね。

千原ジュニア:「ニノ(二宮和也)と、大輔のアドリブやろこれ」みたいなくだりとか。

中村岳人:たけしさんと、大輔さんでもあるんじゃないかなって。

千原ジュニア:アレなぁ。どうなんやろうな、あそこな。

中村岳人:ちょっと思いましたね。

千原ジュニア:今日、この後会うんで、ちょっと訊こうかなと思ってるんですけど。

中村岳人:訊いてみて下さい。

千原ジュニア:けど、二宮君の全部入れて、あのちょっとしたくだりだけを使われていると思うけど。多分、芝浜とかも全部頭入れてからやってるやろうね、もちろん。

中村岳人:でも、これ芸人やってるから面白いと思ったのか。

千原ジュニア:どうなんでしょうね。

中村岳人:なんか色々考えちゃいましたね。

千原ジュニア:でも、やっぱり説教のシーンとか…説教じゃない、濱田岳さんに談志さんが喋ってるのを二宮君が聞いてた、みたいな。簡単に言うと、「現実が正解だ。今、置かれてる状況が全てだ」っていうのは、全ての人に当てはまるやろうからね。

中村岳人:はい。芸事以外にも、「親孝行しなきゃ」とかもちょっと思いましたね。

千原ジュニア:へぇ。

中村岳人:4年振りに、ニノが実家に帰るところがあるじゃないですか。

千原ジュニア:ああ、はいはい。

中村岳人:「外食でも行く?」みたいなこと言って、「母ちゃんのカレー食べたいわ」みたいな。ああいう言葉、俺、家で言ってるかなって思っちゃいましたね。

千原ジュニア:へぇ。

中村岳人:アレって、親からしたら超嬉しいんじゃないですかね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ,二宮和也,千原ジュニア,赤めだか,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  千原ジュニアのRPM GO!GO!
次の記事:千原ジュニア、お笑いコンビ「大自然」がブレイクすると予想「くると思うな。めちゃくちゃオモロかったわ」

前の記事:千原ジュニア、高田純次の名言の自己矛盾に対して鋭い指摘「俺の話は、話半分じゃなく5分の1くらいで…」