TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、モー娘。鞘師里保に対するマネージャーの厳しいメールに驚き「あなたに帰る権利があるの?」

明石家さんま、モー娘。鞘師里保に対するマネージャーの厳しいメールに驚き「あなたに帰る権利があるの?」

2015.12.27 (Sun)
2015年12月26日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、モーニング娘。'15鞘師里保に送られたマネージャーからのメールの厳しいメールの内容に驚いていた。

鞘師里保 写真集 『十六歳』
【Amazon.co.jp限定】 鞘師里保 写真集 『 十六歳 』 Amazon限定カバーVer.西田 幸樹

ワニブックス 2015-03-25

Amazonで詳しく見る

リスナーメール:小学生でモーニング娘。に入られた鞘師さん。仕事や学業、ホームシックなど、心折れそうになったことも少なくないと思います。一番、心折れそうになって瞬間を教えてください。

明石家さんま:心が折れそうになった時。

鞘師里保:「地元に帰っていいよ」って休みをもらって、帰ったんですけど、その日にマネージャーさんから「あなたに帰る権利があるの?」っていうメールがきた時に、一番心が折れそうになりました(笑)

明石家さんま:ホンマやな(笑)

飯窪春菜:怖いよぉ(笑)

鞘師里保:怖かった(笑)

村上ショージ:でも、「いいよ」って言われてるんやろ?

鞘師里保:そうです、そうです。ただ、それに「分かりました、やったぁ」ってノコノコ帰ったのが、怒らせたのかもしれないです。

明石家さんま:「私、考えますよ」なら良かったのか。「帰ってエエで」って言われて、「ホンマはアカンねんで」ってこと?

飯窪春菜:そういうことですよね(笑)分かりやすく言うと。

村上ショージ:タイミングあるやん。なんかちょっとあって、「ほんならもう帰っていいよ」みたいなんか。ホンマに「疲れてるから、帰っても良いよ」って言われたのか。

鞘師里保:「帰っていいよ」って言われて、本当は「いや、私は東京に残って、練習して」って言わなきゃいけなかったんだと思います(笑)

村上ショージ:なるほど。

明石家さんま:「いや、そんなことはないよ。帰ってゆっくり休め」って言いたかったんやな、マネージャーも。

鞘師里保:かもしれないです。それが1回でノコノコと帰っちゃったから、怒ったのかもしれないです(笑)

明石家さんま:「あなたに帰る権利はあるの?」って。

鞘師里保:メールがきて。買い物しながら、ビクビクしちゃって。

飯窪春菜:いやぁ…

鞘師里保:せっかくの家族の時間を、楽しく過ごせませんでした。

村上ショージ:ふふ(笑)一応、過ごしたんは過ごしたんや?

鞘師里保:一応、はい。飛行機とっちゃってたんで。

村上ショージ:ああ、そうか。

明石家さんま:厳しいなぁ(笑)

鞘師里保:怖かったです。

明石家さんま:それが10いくつの時やろ?

鞘師里保:12歳の時です。

明石家さんま:12歳でも、プロはプロの世界やからね。マネージャーの気持ちも分からんではない。「お前はもう、仕事してるんだぞ」と。「甘えんな、12歳」ってことやろうな。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:多分、マネージャーの気持ちとしては。

鞘師里保:だと思います。

明石家さんま:厳しさを教えたんだ。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:でも、受け止められないな、12歳で「君に帰る権利はあるのか」って。

鞘師里保:そうですね(笑)

明石家さんま:でも、みんなそういう目に遭ってるんやろ?「舐めんなよ」っていう。

鞘師里保:私達、4人同期バラバラなんですよ、地元が。全員帰ったんですけど、全員、そのメールがきて。全員で「ええ…」ってなって(笑)

工藤遥:怖い。

明石家さんま:うわぁ(笑)「怖い」っていうか、そこでプロっていうのを自覚させようとしたんやな。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:俺なんかは、12歳の人が「芸能界に入る」って言ったら、「やめとけ」って言うだけやから。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:でも、お前らを受け入れるわけやからな、事務所は。モーニング娘。として。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:それは大変やろな、マネージャーたちも。

飯窪春菜:そうですね。

工藤遥:保護者みたいな部分ありますからね。

明石家さんま:そうやろうな。ほんでまた、4人ともスッと帰ったからアカンかったんやろうな。1人くらいは「私残ります」って言いて欲しかったんが、「え?」っていう。

鞘師里保:そうだったのかも知れないですね(笑)

明石家さんま:凄い寂しかったんやろうな。

鞘師里保:ふふ(笑)

明石家さんま:その時は「辞めようかな」って感じやったん?

鞘師里保:「家に帰っても怒られるんだ」って思って。仕事の時なら良いんですけど。

明石家さんま:あ、現場でも厳しかったりするのか。

鞘師里保:現場の時でもずっとそんな感じで。

明石家さんま:「舐めんなよ」って感じか。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,モーニング娘。'15,鞘師里保,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、モー娘。飯窪春菜がマネージャーからの電話に怯える様子に「妻の電話に怯える夫のよう」

前の記事:千原ジュニア、「ツッコミとは何か?」という質問に回答「笑いを縁取りすることで、より引き立たせること」