TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、検査もせずに既に内服している整腸剤だけ処方する医師に不満「良いの?アレで医者」

おぎやはぎ矢作、検査もせずに既に内服している整腸剤だけ処方する医師に不満「良いの?アレで医者」

2015.12.25 (Fri)
2015年12月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、嘔吐・下痢、38℃台の発熱などがみられたため、病院に行ったところ、希望したノロウイルスの検査もせず、治療も既に内服している整腸剤だけを処方された、と不満を口にしていた。

ライブミランカ おぎやはぎトークライブ
ライブミランカ おぎやはぎトークライブ 「おぎとやはぎでおぎやはぎです。別に、やはぎおぎでもいいんですけど」 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2007-11-21


Amazonで詳しく見る


ノロウイルス迅速検査に関しては、3歳未満の小児や65歳以上のみが保険適用となっていることもあり、医師は回避したと考えられるが、問診・触診のみで「ノロウイルスによる急性胃腸炎ではない」と診断されたため、矢作は納得できなかったようだ。

急性胃腸炎時に関しては、現状、整腸剤程度の処方などしかできないのであるが、そのことにも矢作は、もう既に飲んでる薬を出してどうするのか、と疑問を口にしていた。

矢作兼:俺、胃腸が今ダメなんだよ。…昨日、ロケしてたでしょ?

小木博明:うん。

矢作兼:それで終わって、食べるロケだったからさ、あんまりお腹も空いてなかったんだけど。

小木博明:うん。

矢作兼:アレ、まだ夕方4時とか5時くらいの話じゃない?

小木博明:うん。

矢作兼:夜になるとさ、お腹も空いてないのにさ、11時くらいに「このまま寝るのもなぁ」って思ってさ、軽く食べて寝よう、と。

小木博明:うん。

矢作兼:そう思って、食べたの。つまみ程度のものを。

小木博明:外で?

矢作兼:うん、外で。そしたらさ、食べた瞬間に気持ち悪くなって吐いたの。

小木博明:うん。

矢作兼:その店のトイレで。

小木博明:吐いたっていうのは、マズくて吐いたんじゃなくて、具合悪くてでしょ?

矢作兼:そう、そう。「ヤベェ」と思って。「なんだろう、これ」って。帰って速攻寝てさ。

小木博明:うん。

矢作兼:今日、仕事だったから行って。ちょうど『ゴッドタン』の空き時間があったわけ。1本目と2本目に。

小木博明:はい、ありましたね。2時間半、3時間くらいあったね。

矢作兼:あったね。それで、着いた時にマネージャーにビオフェルミン買ってきてもらってさ。

小木博明:うん。

矢作兼:下痢も凄かったから。

小木博明:上も下もだ。

矢作兼:そう。上も下もだから、腸がヤバイなって思って。ビオフェルミン飲んで。

小木博明:うん。

矢作兼:それで仕事してて。辛いの。

小木博明:うん。

矢作兼:だから、その間に病院に行ったの。

小木博明:うん。

矢作兼:「これはノロウイルスかな」って思って。

小木博明:言ってたね、ノロとかね。

矢作兼:急性胃腸炎、ウィルス性の胃腸炎とか。そういう可能性があるって。

小木博明:はい。それで行ったの?

矢作兼:そしたらさ、症状訊かれて。「吐き気と下痢と、あとちょっとお腹が痛い」って。それで、横になってちょっとお腹触ってくれるわけよ、10秒くらい。

小木博明:うん。押したりするね。

矢作兼:「痛いですか?」とか言われて。「痛くないです」って言ったら、「はい、分かりました。ノロウイルスではないでしょうね」って言うの。

小木博明:ふふ(笑)何なの?「でしょうね」って。ちょっと分からない感じなんだね。ハッキリ言わないんだね。

矢作兼:「ノロウイルスではないでしょうね」って。病院なんだから、インフルみたいなキットがあるじゃん。

小木博明:うん。なんか検査して欲しいよね。ノロウイルスだったら、菌があるんだからさ。

矢作兼:ありそうなもんだよね。「どういうことですか?」って言ったら、「ノロウイルスの時は、こんな普通に喋っていられないですから。こうして喋ってる間にも、凄い吐いたりとかしちゃうから。違います」って。

小木博明:うん。

矢作兼:俺も「ネットで調べたら、ノロウイルスにも重いのと軽いのがあって、重いのは凄いけど、軽いのは吐かないとか書いてありましたよ」って言ったら、「まぁ、そうなんですけどね。ノロじゃないでしょうね」って。

小木博明:何?それ。

矢作兼:「ウィルス性の胃腸炎ですかね?」って言ったら、「ウィルス性も、色んなウイルスがあって、微妙なんですよね。それもね、なんとも言えないんですよ」って言うの。

小木博明:じゃあ、何なのよ?

矢作兼:それで終わりよ。「とりあえず、ビオフェルミン出しておきます」って言ったんだぜ。

小木博明:あら。

矢作兼:ビオフェルミン、俺飲んできてんのに。

小木博明:市販で買ってきて飲んでるのにね。

矢作兼:そうだよ。なんだよ、アレ。良いの?アレで、医者。

小木博明:医者なんてそんなもんよ、でも。どうしょうもない医者、多いからね、そういうのも。

矢作兼:「じゃあ、大したことないんだ」って帰ってきて。それで仕事するよね。それでさっき熱測ったら、38.6℃よ。

小木博明:美味ぇな、ケンタッキー。

矢作兼:…俺が熱を発表してる時に、2個目のケンタッキーを食べ始めてるけど(笑)聴いてる?俺の辛い話。

小木博明:違う部位いっちゃって。これが美味いのよ。

矢作兼:38.6℃もあんのよ。クリスマスの夜に、キツイよ、俺は。

小木博明:ヒデェな、たしかに。

矢作兼:病院に行った意味ないし。

小木博明:ないね。病院ってでも、結論出さないからね。

矢作兼:でもね、調べようがないって言ってたよ。ちゃんと調べることもできるんだって、ノロウイルス。でも、結果出るの1週間後だから、治った後なんだって。

小木博明:じゃあ、意味ないヤツだ。

矢作兼:「ノロウイルスだった」ってことが分かるだけなんだって。

小木博明:俺、しょっちゅう病院行くけど、結局、医者って何も分からないんだよ、俺のことなんて。

矢作兼:ホント後悔したよ。行かなきゃ良かったよ。

小木博明:病院なんてダメよ。

矢作兼:だってさ、俺、「ビオフェルミン飲んだ」って言ったんだよ。

小木博明:言ったのに?(笑)

矢作兼:そうだよ。

小木博明:言ったのに、ビオフェルミンくれんの?それ、ダメだね。

矢作兼:要らねぇじゃん、だって。ビオフェルミン飲んだんだから。

小木博明:買ったんだからね。

矢作兼:買ったんだから。同じだろ?市販のも、医者がくれんのも。

小木博明:同じ、同じ。

矢作兼:ビオフェルミンくれて、「様子みてください」って言われて。今日も絶不調だよ。

小木博明:風邪の可能性も考えてないの?インフルエンザとか。

矢作兼:向こうは考えてない。帰って、このラジオもあるから寝たの。そしたら、関節が痛くて。布団の中でブルブル震えてたの。

小木博明:ヤバイ、ヤバイ。

矢作兼:風邪だよな?急性胃腸炎みたいなのから、風邪っぽいのもあるんだろ?

小木博明:そう、そう。俺が『VS嵐』休んだじゃん。アレが、急性胃腸炎だった。

矢作兼:ああ、そうなんだ。

小木博明:熱と凄い痛みが。俺の時は、痛かったけどね、吐くってよりは。

矢作兼:どこが?

小木博明:お腹が痛くて、動けないヤツ。

矢作兼:へぇ。

小木博明:まぁでも、色んな症状があると思うんだけど。

矢作兼:…いいよなぁ、ケンタッキー食えて。一番食っちゃいけないヤツだもん、こんな脂の消化に悪いヤツ。

小木博明:スゲェ脂っこくて美味いわ。

矢作兼:それで、当たり前のこと言うの、医者。「おかゆとか食べてください」って。

小木博明:ふふ(笑)

矢作兼:もうさ、ネットに書いてあるようなことをさ言うなよな。医者っていうのは、こっちは安心したくて行ってるわけじゃん。

小木博明:ねぇ。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎ小木、おのののかや今野杏南ら出場の「ダイナマイトエクスタシー」への反響に驚き「喘ぐだけでこんなに大絶賛」

前の記事:V6岡田准一、女性に対して厳しく評価する岡村隆史に苦言「とやかく言っちゃいけないんですよ、もう46歳の男が」