TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・矢作「光浦靖子が小木を信用するワケ」

おぎやはぎ・矢作「光浦靖子が小木を信用するワケ」

2010.05.07 (Fri)
2010年05月06日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、矢作が光浦靖子と飲みに行ったときのことを話していた。「ゴールデンウィークは、光浦さんと飲みに行ったね。突然、メールがあって『矢作さん、食事に行こう』って言われて。それで、2時間くらい2人で飲んでたんです」

「その後、アブちゃん(北陽・虻川美穂子)がきて、その2時間くらい後に森三中の黒沢がきたんですよ。結構、面白いんだよ。黒沢とアブちゃんはあんまり喋らないんだけど、光浦さんがずーっとグチっているんです。それで、グチを俺が聞いているんです」

「飲んだ後に、やっぱり女性なのね。オーガニックのお店に行ったんですよ。そこは女性なんですよね。本当は、アブちゃんの婚約者のお店に行こうかって話になったんですけど、結局はオーガニックのお店に行くことになったんですよ」

「最近、光浦さんが『モテ期到来だ』って言ってたよ。結構、モテるんだって。あれで」と矢作が話すと、小木は「あれの何が良いんだろうか?」と疑問を呈していた。

これに対して、小木は「小木って、『光浦さんの何が良いんだろうか?』ってことを、本人の前で言うじゃん。そういうところで、光浦さんは小木のことが大好きらしいよ」と話していた。

さらに、矢作は以下のように語っていた。

「光浦さんは『小木くんほど、ブスの前で正直にハッキリと"ブス"って言う人はいない』って言ってたからね。『小木くんは、何にも包み隠さず、ブスがキライって感じが出ていたり、可愛い子とだけ話すってことをやるでしょ。あんなにもハッキリと、ブスと喋るとテンションが下がったりするのは、逆に潔い。むしろ気持ちいい』って言ってたよ」

「だから、光浦さんは小木のことを信用していたり、好きだって言ってたよ。一番イヤなのは、『どうせ私のことなんか興味ないのに、喋ってくれてるんでしょ。そんな優しさ要らない』とかって思うみたいなんだよね。あの人、ひねくれ者だからね」

「だから、どうせだったら、もう突き放して欲しいんだって。『お前みたいなブスと喋る気ないよ』みたいな態度の方が、信用できるみたい」と話していた。

これを聞いて小木は、「それは嬉しいわ。光浦さんは、いちおう先輩だからね。仕事とかで一緒になったとき、仕事の合間とかに話さなければならないのかなって思ってたけど、今のを聞いたら、もうロクに面倒みなくて良いってことだもんね。シカトしてれば良い、それで好きって言ってくれるから」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次 「モテない光浦靖子のとんでもない奇癖」

加藤浩次「光浦靖子が自分をブスだと認識した瞬間」

加藤浩次「光浦靖子がめちゃイケで使った女の武器」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:ナイナイ岡村「山田花子とモト冬樹の結婚に焦る」

前の記事:おぎやはぎ・小木「マンションローンを組めないと告白した影響」