TOPヤングタウン土曜日 ≫ 鞘師里保、モー娘。卒業を間近に控えての心境について言及「急に終わっちゃうのが、不思議でならない」

鞘師里保、モー娘。卒業を間近に控えての心境について言及「急に終わっちゃうのが、不思議でならない」

2015.12.20 (Sun)
2015年12月19日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、モーニング娘。'15・鞘師里保が、卒業を12月31日に控えている心境について明石家さんまに訊かれ、「急に終わっちゃうのが、不思議でならない」などと答えていた。

鞘師里保 写真集 『十六歳』
【Amazon.co.jp限定】 鞘師里保 写真集 『 十六歳 』 Amazon限定カバーVer.西田 幸樹

ワニブックス 2015-03-25

Amazonで詳しく見る

明石家さんま:鞘師のラスト2回に入りまして。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:今日のゲストは、高橋愛ちゃんなんですけど、愛ちゃんもこういう経験してきてますからね。

高橋愛:はい、そうですね。

明石家さんま:あと一回で卒業、あと一回でラストっていう。

鞘師里保:はい(笑)

明石家さんま:どんな気分なの?

鞘師里保:不思議な気持ちです。なんかもう、ここまでずーっとモーニング娘。だったし。

明石家さんま:ああ、そうやな。

鞘師里保:急に終わっちゃうのが、不思議でならないですね。

明石家さんま:不思議というか、まぁまぁそんなもんやなぁ。…愛ちゃんも不思議やったんか?

高橋愛:不思議でしたね。卒業した時は、自分で決めたことだったし。でも、自分でステージで1人になって、お辞儀した時にこみ上げてきて。

明石家さんま:うん。

高橋愛:「みんながいないんだ。これから1人でやっていくんだ」って思うと、凄いこみ上げてくるものがあって。

明石家さんま:ああ、そうか。愛ちゃんと全く同じパターンやもんな。こっちは色々、留学とかするやろうけど。ソロでね、頑張ろうとするから。似てるんだ。

鞘師里保:ふふ(笑)

高橋愛:不思議でした。終わった後は、「これからも見てるからね」って感じで、凄いテンション上げておいたんですけど、寝て起きた時に、「はっ、もうモーニング娘。じゃないんだ。ウケる」って思って(笑)「凄い、面白い」って思って。

明石家さんま:そういうことやな。コイツは、ラストが31日か。31日に、それを味わうわけやな。新年を迎えたら、「あれ?もう、モーニング娘。じゃないんだ」っていうことやからな。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:まぁ、色々あるよね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,鞘師里保,モーニング娘。'15,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、加藤綾子アナのせいで上地雄輔の結婚式に急遽出席することになったと告白「『ホンマでっか』チームで」

前の記事:ナイツ塙、嵐・相葉雅紀や三代目JSBの性格の良さに敗北感「イケメンな上、性格も良いヤツらに勝てるわけない」