TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン・日村「売れずに焦っていた若手の頃」

バナナマン・日村「売れずに焦っていた若手の頃」

2010.05.02 (Sun)
2010年04月30日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、若手の頃、売れずに焦っていたバナナマンの様子について語られていた。話の発端は、最近、バラエティの仕事に加え、設楽がドラマ撮影に入っており(テレビ朝日系『ハガネの女』)、多忙であると語られていたことだった。

「超忙しいんですよ」と話す設楽に対し、日村は「楽屋であんまり設楽さんは寝ないイメージだけど、気づくと寝ていることがある。それだけ忙しいんだなって思って。ドラマもそうだけど、最近はピンの仕事もあるし…」と話していた。

設楽は「うっすら聞いたよ。風の噂で。日村さんがなんか、焦っているって」と話していた。日村は「焦っているっていうか、俺がなんか暇だなって思って」と話していた。

さらに、バナナマンの二人は以下のように話していた。

設楽が「大丈夫だって。こんなこと言いたくないけど、大丈夫だって」と根拠のない慰めをすると、日村は「あのね、『なんで設楽さんばっかり仕事があって、俺にはあんまり無いんだよ…』みたいな感じじゃないんだよ」と話していた。

設楽は「知ってる。言い方も聞いた。『なんか、俺とかも一人の仕事ないのかな?』みたいなことを言ってたんだって?大丈夫だから」と言うと、日村は「まぁ、(ピンの仕事は)無いんだろうなって思ったんだけどね」と語っていた。

さらに、設楽は「二十代の後半だっけ、日村さんが『俺は今、肉体的にも脳ミソ的にもガンガンイケる。脂がのっている。それなのに、4日も仕事が無い』ってLa.mama(渋谷のライブハウス)で言ってたよね」

「4日前の仕事っていうのも、ライブだしね。もちろん、ライブは好きだけど、『俺たちはいつまでネタをやっているんだろうか…』って言ってたよね。その頃と比べれば、(仕事があるという現状は)ありがたいことですけどね」

「この前、ツッチー(土田晃之)と話をしたの。俺らがテレビに全然出ていない若手の頃のことを話してたんだけどね。『(設楽)統はあの頃、"今、俺がテレビに出たら、結果を残せる"って言ってた』って言われたの。それを思い出しましたよ」と話していた。

【関連記事】
爆笑問題・田中「若手芸人に説教したワケ」

ナイナイ岡村 「今の若手芸人は、大変」

加藤浩次 「若手の頃、頑張るためのモチベーション」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:オードリー・春日「漫才と取材でスベる」

前の記事:ナイナイ・岡村が語る「沢尻エリカの離婚騒動」