TOPウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン ≫ ウーマン村本、M-1予選でウケず「アンチ吉本の客」などと見苦しい言い訳する芸人に苦言「普段チヤホヤされ過ぎてる」

ウーマン村本、M-1予選でウケず「アンチ吉本の客」などと見苦しい言い訳する芸人に苦言「普段チヤホヤされ過ぎてる」

2015.11.24 (Tue)
2015年11月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポン』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、M-1予選などの賞レースの予選でウケないことを、「アンチ吉本の客のせいだ」などと言い訳する芸人たちに苦言を呈していた。

ウーマンラッシュアワー109 vol.1
ウーマンラッシュアワー109 vol.1 [DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2015-03-18

Amazonで詳しく見る


村本大輔:ナイナイの岡村さんがね、オールナイトニッポンで言ってたことで…記事読んで良いですか?

「岡村隆史、アンチ吉本ファンの存在に危機感」ということで。岡村さんが、オールナイトニッポンで、このM-1の話題について触れた、と。久しぶりにルミネの劇場に出て、打ち上げの席で若手芸人たちと喋った時に、その中にいる吉本の芸人から、「ネタ中に一切笑わないアンチ吉本のお笑いファンが存在してるんです」と聞かされた、と。

たとえば、吉本の芸人が賞レースの時に漫才して、一切、笑わないアンチ吉本のお笑いファンがいる、と。「その人たちは、吉本が大嫌いなんです。たとえば、大会の予選があっても、吉本の芸人が立つと、クスリともしないです。だから、やりにくい」とその芸人が岡村さんに言ってたらしいんですね。

それで、他事務所の人が出たら、ワーって盛り上がるらしいんですね。「たまったもんじゃないですよ。空気が明らかに変わる」っていうことを、岡村さんに言ってて。

それで岡村さんが、「大丈夫かな、吉本の芸人」ってことで、優しさで心配したって記事があるんですけど。

甘やかされた吉本芸人

僕はね、これに虫酸が走るっていうかね。言わせてもらうと、吉本って大きな組織なわけですね。吉本って名前で、劇場も吉本ですよ。「吉本だから」ってことで、チヤホヤされ過ぎてるんですよ。

だから、「吉本」ってことでワーってならなかったから、ファンのせいにしてるだけなんですよ。自分のテクニックとか面白さとかが足りなくて、スベったことをファンのせいにしてるんですよ。

普段、甘やかされてるから、フラットな場になった時に、「アンチ吉本だ」とか言い出すんですけど、普通やし、なんやったら吉本の劇場でやってる、他事務所の人の方がドキドキして怖いし。

通常公演と賞レース予選の違い

僕、THE MANZAIも吉本の劇場で、同じようにやりましたけど、ちゃんとウケましたからね。ちゃんとウケて、1位でしたからね。全部、3位以内に入ってましたからね。THE MANZAIって、サーキットってあって。毎回、順位が決められるんです。1位から3位までが読み上げられるシステムなんですけど。

ウケましたよ。ウケるヤツはウケるんです。それを、なぜウケないかって、僕が説明してあげましょう。岡村さんに言い訳してるクソ芸人に、僕が説明すると、お笑いの賞レースっていうのは、通常公演とは違います。

ルミネとか、NGKとかの通常公演とは違います。何が違うかって言うと、やっぱりお笑いのM-1の優勝者を出す、THE MANZAIの優勝者を出すって時に、ファンの人は、お笑いの今の漫才の時代を変える、画期的な漫才を観に来てるわけです。

斬新な笑いを求めるM-1予選の客

たとえば、それがゲームで言うところの、東京ゲームショウみたいなのあるわけじゃないですか。そこに行ったら、見たことのないゲームありますよね。めっちゃテンション上がりますよね。そういうファンなんです。そういう最新のネタを観にきてるんです。

でも、文句ばっかり言ってる人たちって、たしかに面白いかもしれないけど、でも、そういう人たちって、自分のやってる漫才、たとえばプレステのゲームを持ってきてるのと同じなんです。ソフトはめちゃめちゃ面白いですよ。でも、ファンはプレステのゲームが観たいんじゃないんです。新しいハードのゲームが観たいんです。

だから、チュートリアルさんとか、ブラックマヨネーズさんとか、新しい、本体自体が新しい、最新型のゲームが観たいわけ。でも、そういうヤツらって、ちょっとそういうのでウケたり、自分の好きな先輩とかのパターンの漫才に憧れて、同じようなパターンでの漫才をしようとする。

そうなると、ファンは「これ、プレステのゲーム」って知ってるから。どんなに中身が面白いゲームでも、「知ってるし、やったことあるし…プレステの時点で冷める」って言うんですよ。

だからたとえば、通常公演で面白くても、ファンからしたら「観たことある」っていうネタだったら、一個乗り切らないというか。あそこにいるお客さんはコアでお笑いファン過ぎて偏ってますけど、ある種、純粋な新しいものを探しにきてるんですよ。

だから、新しいことをしたらちゃんと報われるし。僕らも優勝した時は、3年連続パターンを変えましたし。バイトリーダーから八つ当たりってネタにして、最後には「紹介します…」って、全部パターンを変えて出てるわけですよね。

ルミネの通常公演でウケたからって、そのまま毎年同じような型の漫才を中身を変えてやってても、それは上がれないぞってことなんですよ。

だから、お客さんのリアクションも悪いし。それだったら、観たことのない斬新なゲームを見せてあげたらお客さんは喜ぶから。それは、予選にきたお客さんやったら分かると思います。

そういうのを「アンチ吉本だ」とか、しょうもないことを言うヤツは、そこ止まりのヤツですよ。そういうヤツが、人と似たような漫才しかしないんですよ。

ファンとは異なる視聴者の視線

そもそもね、「アンチ吉本の客がいるから、客が急に笑わなくなるんですよ」って言ってるレベルのヤツのネタで、優勝できるはずがないじゃないですか。

だって正直、M-1なんか無名の芸人が出るでしょ?ハライチとかは今回出てますけど。基本、無名の芸人が出るじゃないですか。無名の芸人が出るってことは、視聴者からすると、大体、アンチなわけですよね。

だって、視聴者って「誰なんだよ、コイツ」って目で見るから。普段、自分らのファンの前だけでやってるから、そういう風に、ちょっとでもフラットなお客さんになったら、「客重い」とか言い出すんですよ。

ホンマに一回、ルミネに観にきてもらいたい、僕らの漫才を。一番ウケてるから。観にきてもらいたいですよね。

【関連記事】
岡村隆史、M-1などのコンテストで吉本芸人を脅かす「アンチ吉本」の存在を暴露「明らかに吉本だとシーンってなる」

岡村隆史、2丁目劇場を牛耳っていたファンのリーダー格の恐ろしさに言及「嫌われたらお客さんの入りが悪い」

ウーマン村本、岡村隆史のラジオ番組リスナーに嫌われていると悩む「キレイにアンチしかいない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 村本大輔,ウーマンラッシュアワー,岡村隆史,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン
次の記事:オードリー若林、ビビる大木が視聴者にわかりづらい振りをしてくると明かす「『PON!』のスタジオがシーンと」

前の記事:ウーマン村本、M-1敗退で「芸人を辞めようか」と悩む後輩芸人に𠮟咤「自分のネタもやってない内に…」