歌ヘタ・オードリー若林の父親はフォークソング歌手だった

2010.06.20 (Sun)
2010年06月19日放送の「オードリーのANN」にて、めちゃイケの『歌ヘタ王座決定戦』でも不動のレギュラーを担っているオードリー・若林の父親は、実はフォークソングの歌手を一時期やっていたと明らかになった。

若林は「ウチのオヤジ(若林喬彦)が、ホームページを作っていたことがあるんですよね。個人のホームページですよ。若林喬彦の。トップページが凄いんです。自転車が趣味なんですけど、写真は三脚を立ててタイマーで自分が走っているところを撮るっていう画像なんですよ。スゴイぶれている、流線型のオヤジになっているワケです」

「上下真っ黒なアディダスのジャージを着ていて、疾走している写真なんです。スピード感が出ている写真ですよ。その画像のタイトルが下に出ていて、『黒豹』って書かれているんです。若林喬彦のホームページ、『黒豹』です。写真から、オヤジのインスピレーションでタイトルが付けられたんでしょうね」

「色んなプロフィールが書かれていて、掲示板もあって、書き込みはゼロです。見に来ている人も少ないですからね。一時期、オヤジは中国に住んでいて、婆ちゃんと二人で住んでいたんですよ。日本の友達とかに向けて、ホームページは作ってたのかな。それとも、ネットアイドルになろうとしていたのか」

「タイトルはいろいろあって、『午後のひととき』とか、『雄大な大地』とかあるんですよ。中国の楽器を持ったオヤジが、雄大な大地に立っている写真とかなんですよ。それで、『息子への一言』とかってタイトルもあるんです」

さらに、若林は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

オードリー・若林「チャットモンチーのライブで人見知り発動」

2010.06.20 (Sun)
2010年06月19日放送の「オードリーのANN」にて、以前からファンであったチャットモンチーのライブに行ったときのことを話していた。ライブ後には、チャットモンチーの楽屋にも挨拶に行ったそうだ。

若林は「アウトレイジも観に行きましたよ。最近、色んなものを観ているんです。チャットモンチーのライブにも行きましたし。楽屋にも行きましたよ。…俺が自発的に行くわけないでしょ、一緒に行った人の付き添いで行ったんですよ」と話していた。

「以前のチャットモンチーのライブのハコって、200人とか300人くらいだったんですよ。その時に初めてチャットモンチーを観て、衝撃を受けたんです。そこからファンになったんですよ。でも、お金も当時は無かったし、ライブももちろん行けないんですよ」

「日比谷の野音を、盗み聞きしてましたよ。焼きそばを買ってね。それからラジオパークやるとは思いませんでしたよ。運命かね」

「それで、一緒に行った人が、『挨拶に行きましょう』って言うのよ。でも、俺はそういうのいいですって断ったの。好きすぎて、話なんかできないと思ったから。会ったこと無いですし、恐れ多いと思っているから」

「それで、結局は挨拶に行ったんですけどね。『挨拶は結構です』って言ったんですけど、『大ファンなんでしょ?』って言われて。大ファンだから無理だって話なんですけどね。半ば、腕をひねり挙げられるような形で控え室まで連れて行かれたんです」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

バナナマン・設楽「吉瀬美智子に下着の色を訊く」

2010.06.20 (Sun)
2010年06月18日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、かねてより日村に「吉瀬美智子に下着の色を訊くように」と指令を出されていた設楽が、とうとうその計画を実行に移したことを明らかにしていた。

日村は、「共演者が仲良くすることが、ドラマの成功にも繋がる。だから、気軽に下着の色を訊けるくらいになった方が良い。設楽さん、吉瀬さんのパンティーがどんなのか、訊いてきて下さい。あと、できれば吉瀬さんの髪の毛を一本もらってきて下さい」と主張し、それに今回、設楽は応えた形となった。

日村「設楽さんとと吉瀬さんは小学校の教師という役で、一緒に共演しているんですよね。それで、吉瀬美智子さんと仲が良くても、『パンティの色は何ですか?』って訊けるくらいなのか、むしろ訊いた方が仲良くなれる。素敵な感じになれるっていうことで、"P(パンティ)計画"をやったらどうなのかって思ったワケですよね」

「撮影の合間にやってほしいってことだったんですよね。それで先週、かなりのギリギリのところまでいったってことなんですよね。奇跡が起きたと」

設楽「この番組を聴いているリスナーが、清水ミチコさんのブログにメールを送ったみたいで、『ぜひ、設楽統に力を貸してやって欲しい』って書いてたみたいなんですよね」

日村「そうしたら、実際に撮影の現場で吉瀬さんに清水のミっちゃんが言ってくれたみたいなんですよね?」

設楽「乱暴な前振りをしてくれたんですよ。それで、(吉瀬さんに)伝わったのは伝わったんです。まだ引かれてはいないみたいなんですけどね。リスナーからのメールで、かなりの動きがあったんですよ。共演者やプロデューサー陣にこの"P計画"が知れ渡るきっかけになったんですよ。そのきっかけになったのは、リスナーからのメールです」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

マツコデラックス 「バナナマン・設楽をオカズにしたことがある」

2010.06.20 (Sun)
2010年06月18日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、マツコ・デラックスが25日放送の同番組にゲスト出演することを明らかにしていた。

設楽「スペシャルウィークが迫ってます。それで、マツコ・デラックスさんをお呼びしようかと思っているんですよ。俺がちょっとオファーをしたら、来てくれることになったんです。6月25日金曜日のバナナムーンGOLDに、ゲストで来てくれるんです。ケンカしないでくださいね、日村さん」

日村「ケンカしませんよ。デカイですよね、あの人は。同い年(38歳)ですし、ケンカはしません。向こうが何か仕掛けてこない限りは」

設楽「マツコさんもガンガンなトークで、視聴率、数字をもっているって話ですよ。視聴率の良いテーマでいえば、ラーメン、子供、犬、そしてマツコさんっていうくらいですよ。まぁ、シモ系(シモネタ)の話もスゴイですよね」

日村「それと、設楽さんが好きなんですよね。大好きなんですって。なんせ、マツコデラックスは、設楽さんでオナニーしたことあるって話ですから」

さらに、以下のようなことが語られていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

博多華丸・大吉「岡本信人の奇妙な生態」

2010.06.20 (Sun)
2010年06月17日放送の「ナイナイのANN」にて、『渡る世間は鬼ばかり』に出演していることでもお馴染みの岡本信人と、博多華丸・大吉がロケで一緒に共同生活を送っていたことを明かしていた(博多華丸・大吉「岡本信人との5日間の過酷なロケ」)。

「長崎県の高島っていう島民700人ちかくの島に連れて行かれて、3日間のスケジュールが渡されていたんです。打ち合わせで行ったら、時代劇のカツラみたいなのが並べられた部屋に連れて行かれて、『今回の企画は、江戸時代を再現します。伊能忠敬さんが地図を作った方法通りで、果たして地図が作れるのかっていう企画です』って言われたんですよ」

「伊能忠敬 役が岡本信人さんで、僕らは手下としてキャスティングされているんです。ところどことで、食べられる薬草の話とかあって、3日間なんですけど、その総ロケ時間がスゴイ長いんですよ。25時間くらいロケしていたんです。

「あんだけの長回しだと、編集も大変だと思いますよ。ちなみに、ずーっと我々は江戸時代の人の格好をしているんで、専用のカツラとかも付けているんですよ。綺麗な富士額になってるのが分かると思いますけど。岡本信人さんは、ずーっと付けているんですよ。さすがに、我々はとりましたけど」

「岡本信人さんは、当時の東映とかで『(カツラ)とっちゃうんだ…』って言われていたそうなんです。だから、収録終わってもとらないんですよ。終わったと、島に一軒、銭湯があるんですよ。そこに岡本信人さんと一緒に行ってね。3人でチャリンコに乗って」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

博多華丸・大吉「岡本信人との5日間の過酷なロケ」

2010.06.20 (Sun)
2010年06月17日放送の「ナイナイのANN」にて、『渡る世間は鬼ばかり』に出演していることでもお馴染みの岡本信人と、博多華丸・大吉がロケで一緒に共同生活を送っていたことを明かしていた。

大吉は「ここ最近、尋常じゃないスケジュールだったんですよ。日曜日から北海道、大阪、長崎の離島っていう移動だったんです。長崎に5日間いて、5日ぶりの東京なんですよ。今、若干、アガっています。改めて、人の多さにビックリしました」

「マネージャーから『1回、無人島で体を張ってきませんか?僕、新入社員で分かりませんが、お二人に足りないことは、体を張ることじゃないですか』って言われて。僕ら、もう芸歴20年なんですよ。今更、無人島とかオファーも無いしニーズも無いと思うし、もし来たらやりますよって言ったんですよ」

「そうしたらマネージャーが『全力で入れさせていただいてよろしいですか』っていうんですよ。それで、きたのが無人島のロケだったんです。台本を見たら、共演者が博多華丸・大吉と岡本信人さんだったんです。あの野草とか食べることで有名な」

「長崎県の高島っていう島民700人ちかくの島に連れて行かれて、3日間のスケジュールが渡されていたんです。打ち合わせで行ったら、時代劇のカツラみたいなのが並べられた部屋に連れて行かれて、『今回の企画は、江戸時代を再現します。伊能忠敬さんが地図を作った方法通りで、果たして地図が作れるのかっていう企画です』って言われたんですよ」と話していた。

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

南キャン・山里が語る「インターネットニュースのズルさ」

2010.06.20 (Sun)
2010年06月17日2010年06月10日放送の「山里亮太の不毛な議論」におけるPodcast放送にて、インターネットニュースのズルさについて語っていた。

「このPodcastをスゴイ愛してくださる方が多いんですよね。以前にも言いましたけど、ソフト・オン・デマンドさんの社員さんがこのPodcastを聴いてくれていて、『企画会議に出てくれませんか?』ってオファーまでいただいたってことは、このPodcastでもお話したかと思うんですよ」

「そうしたら、ネット上のニュース記事になっちゃっているんだよね。先週も同じ様なこと(南キャン・山里「インターネットニュースに一言物申す」)を言っているけど、こういうラジオで言ったことを、『オモシロおかしく言っているよ』って感じで載せてくれるのはありがたいですよ。宣伝にもなるし。でも、事件性を帯びたタイトルにして掲載するのは、フェアじゃないなって思うんですよね」

「『若手芸人が、AV会社の企画会議に参加か』みたいな感じになって掲載されてしまうと、なんかニュアンスが違うじゃん。既に、もう企画会議に行っちゃったみたいな感じになってるじゃないですか。そうじゃないですよね。単に、お誘いを受けたってだけで、実際に行くかどうかは別なんですよね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

南キャン・山里「インターネットニュースに一言物申す」

2010.06.19 (Sat)
2010年06月10日放送の「山里亮太の不毛な議論」におけるPodcast放送にて、インターネットニュースに思うことについて語られていた。

「えらく前からなんですけど、『それってどうなの?』って思うことがありまして。ネット上のニュースがあるじゃないですか。会社名は出さないけどさ。そのニュースのソースが、ラジオ番組で喋っているエピソードトークってことがあるんですよ」

「そのトークを元にニュースを書くことって、これはどうなんだろうね。それは違うだろうって思うんですよ。それを『ニュースです』っていって記事にするのは、ズルくないかなって思うんですよね」

「前にも、『スッキリ!』の番組で、鳩山さんの辞任をきっかけに、僕の『天の声』が出てくるコーナーが飛んで、加藤さんとやりとりがあったってこと(南キャン・山里「鳩山由紀夫のせいで加藤浩次に怒られる」)を、ちょっと加藤さんを悪者めいた脚色っていうか、ちょっと薄めに着色していて、そんな感じのニュース記事があったんですよ」

「それって、ちょっと違うんじゃないかな。ニュース感を出すために、そのアレンジ(加藤浩次を悪者とした)をされて出されて書かれているんですよ。…まぁ、それは良いかなって思ったりもしたんです。でも、その前にも、インターネットのニュース記事になってた件もあるんですよ」

さらに、山里は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

爆笑問題・太田「嵐・櫻井翔にカラむ」

2010.06.16 (Wed)
2010年06月15日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、嵐・櫻井翔に楽屋でカラんでいることを明らかにしていた。話の発端は、『妄想大学附属高校』でのコーナーで、「嵐が同級生だったら」というシチュエーションでの妄想ネタが送られていたことだった。

「昨日、太田総理が終わって、メイク室に『うわぁーーーー!』って言いながら入っていったんですよ。そうしたら、櫻井くんが新聞を読んでいたんです。軽蔑した目で俺の方を見ながらね」

「『櫻井さんじゃないですか!偉くなられて本当に、もう、よろしくお願いしますよ。本当によろしくお願いしますよ!』って言って、隣に座って、『もう、櫻井さんあっての私ですから。本当に、櫻井さんにはお世話になっています』って言ったんですよ」

さらに、そこから爆笑問題・太田と櫻井翔の、訳の分からない以下の交流について語られていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田「ビートたけし、立川談志との交流」

2010.06.16 (Wed)
2010年06月15日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、爆笑問題の太田が、ビートたけし、立川談志との交流について語っていた。話の発端は、テレビ朝日で雑学王のスペシャル番組を収録していた時のことだった。

太田は「前室で打ち合わせをしていたときに、スタッフが打ち合わせ室に入ってきて、『太田さんの楽屋の前にビートたけしさんが来ています』って言うんですよ。血相変えて入ってきたんです。たけしさんがテレビタックルで来ているって言うのは聞いてたんだけどね」

「急いで楽屋の前に行ったら、スタッフとかオフィス北野の人とかがいて、ゲラゲラ笑っているの。見たら、たけしさんが楽屋のドアに『太田のバカ』って張り紙をしているの。それで『見つかっちゃった』って言うから、『なんなんですか?』って言って」

「『談志師匠と対談することになったから、2人で会うのも気まずいじゃん。照れちゃうんだよ。2人で何を話して良いか分かんないから、だからよ、太田も暇だったら来いよ』って言うんですよ。暇じゃないんですけど、それは気遣いで2人の対談を見せてくれて、2人に会える機会を作ってくれたっていうことだと思って」と話していた。そこから、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ