ケンドーコバヤシ「粋なプレゼントを貰う」

2010.02.28 (Sun)
2010年02月25日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、地方ライブでの話をしていた。「地方の人は無粋だという話(ケンドーコバヤシ「地方でパニックに巻き込まれる」)をしてしまったので、今度は粋だな、ということを話したいんですけどね」

「ある地方都市で、街を観光していたんですね。その時に、女性に『このプレゼント、受け取って下さい』って言われて、渡されたものがあったんですよ。『ありがとうございます』って言って、受け取ったんです」

「それを見たら、こんな粋なプレゼントはないな、って思ったんですよ。いわゆる『飛びっ子』ってヤツです。『飛びっ子』っていうのは、遠隔操作型のオトナのオモチャで、その送信機をプレゼントされたんです。しかも、その送信機に恐らくその子のものだと思われる電話番号が書かれていたんです」

さらに、そこから以下のようなことを話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ

ケンドーコバヤシ「地方でパニックに巻き込まれる」

2010.02.28 (Sun)
2010年02月25日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、地方ロケに行った時のことが話されていた。ケンドーコバヤシは「地方都市は恐ろしいなぁって思うことがあって。この間ね、かなり日本の端の所へ行くことがありまして。その時に、タクシーの運転手さんに『この辺に歓楽街ってありますか?』って訊いたんですよ」

「それで、教えてもらった盛り場に行って、酒を飲もうってことになったんですけど、飲み屋が次々に閉店しているんですよ。仕方なく、ラーメン屋で餃子をつまみに飲もうってことになったんです。そこで食事していたら、俺が入るところを見たんでしょうね。いかにもイカツイ感じの男性が来たんです。ルックスは、山本小鉄みたいな人でしたよ」

「その男性が、20人くらいホステスを引き連れて『こいつらと写真撮ったってくれや』って言ってきたんですよ。ズカズカとラーメン屋に入ってきてね。それで一人ずつ写真を撮れって言ってきたんです。ラーメン屋の店主も頑固そうな人で、イライラしているのが伝わってくるんですよ。その山本小鉄っぽい男性は、『また連れてくるから、その間に写真撮っておけよ』って言って、店の外に消えたんです」

「店主もイライラしているし、『店の外で写真撮りましょう』って言って、外で撮りだしたんです。写真を撮りおわったら、それを見ていた他の若者たちとかも『撮って下さい』って言い出した。それで、それにも応じて、一段落付いた、と思ったら、その噂を聞きつけた他の人たちもラーメン屋に入ってきて、『俺らも写真撮って下さいよ』って言い出したんです」

「そうしたら、ラーメン屋の店主もキレ始めたんです。『ウチは、ラーメンを食わせる店なんだよ!何が写真だ!』って。粋がった地元の若者が、『なんや、オッサン!こら!』って言い出した。そうしたら、店主が包丁を持ちだして…えらいことになりましたよ。それで、また仕方なく『店の外で写真を撮りましょう。今、食い終わるからちょっと待ってて』って言って仲裁したんですよ」

さらに、そこから以下のようなことがあったそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ

ケンドーコバヤシ「一つのネタが変える芸人の人生」

2010.02.13 (Sat)
2010年02月11日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、芸人にとってのネタについて語られていた。話の発端は、関西で活躍していたときの生放送中の番組での出来事だった。

「(2004年の『オールザッツ漫才』で)ブリーフ一丁で、ピンクローターをブチ込んで漫才をやったんですよ。…たしかに、やりましたけどね」と話していた。

このネタは、その名の通り、水泳のゴーグルとブリーフ一丁のケンドーコバヤシが、そのブリーフからピンク・ローターのリモコン部分をぶら下げて漫談をするというものだった。『恥ずかしながら、帰って参りました!』と、横井庄一のマネを行い、漫談を始める。

そこから、ローターを振動させて感じたり、ブラブラさせながら『大きなノッポの古時計』を歌ったり、会場にいる若槻千夏の名前を連呼しながらローターを振動させるなど、やりたい放題のネタを行っていた。

このことに関して、ケンドーコバヤシはさらに以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ

ケンドーコバヤシ「スチュワーデスにビンビンにされる」

2010.02.13 (Sat)
2010年02月11日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、スチュワーデス(キャビンアテンダント)との楽しい交流について語っていた。

「仕事で長崎に行ったんですけど、ANAを使ったんです。今はJALが、国からの助成金を使って立て直す、みたいな大変な状況にあるじゃないですか。僕らは便で選びますので、どっちを使うのか空港に行くまで知らないなんてことが結構あるんですよ」

「今回は、ANAを使ったんですよ。その時に『JAL大変なんだよな』って思って。確かに、JALの方がカウンター元気ないんですよ。ショックで不安なんでしょうね…元気が無いんですよ。そんな中、JAL頑張れよって思ったんです」

「…それで、ANAに乗ったんですけど、いよいよANAが、この機会にJALを叩きつぶそうとしているんじゃないかなって思ったんです。ANAは、味噌汁が出るんですよ。軽い軽食を食べるときに、『お味噌汁で、カラダを温めてはいかがでしょうか』って、味噌汁を持ってきてくれる」

さらに、そこから以下のようなことがあったと話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ

ケンドーコバヤシ「次長課長・井上に軽蔑される」

2010.02.13 (Sat)
2010年02月11日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、慕われている後輩芸人・次長課長の井上聡に軽蔑されてしまったことを明らかにしていた。話の発端は、次長課長と収録でロケに行った時のことだった。

「芸人として18年目になりまして、『恥ずかしい』みたいなことは、もう無いわけですよ。どんな恥ずかしい目に遭っても、平気って思ってたんですけど、ある角度から攻められると実は恥ずかしいっていうことがありましてね」

「『そんなん、言わんといて…』って本気で言ってしまったっていうことが、この間ありました。『このへん!!トラベラー』っていうテレビ東京の番組があるんですけど、その収録でゲームみたいなことをして、一番負けた奴が罰ゲームを受けるってことになったんです」

「それで、その罰ゲームは、街で『これにしよう』って感じで探すことにしたんです。負けたのは俺で、俺が罰ゲームを受けることになった。街を散策してたら、SMバーってところがあったんです。それが罰ゲームにピッタリで、『よし、行こうか』ってことになった」

「店側のOKも貰いまして、カウンターに座ると、僕だけ上半身裸にさせられまして、普通のバーカウンターで蝋燭を垂らされた。それで『熱い!熱い!でも気持ちい!』ってやってたワケですよ。それから『これから本番だよ!』って女王様に言われて、違うフロアのステージに上がらされたんです」

さらに、そこから以下のようなことになっていったそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ

ケンドーコバヤシ「『エンタの神様』終了に思うこと」

2010.02.06 (Sat)
2010年02月04日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、「エンタの神様」が今年3月で終了することについて語られていた。

「イロモネアが終了するということで…先週はエンタの神様も終了すると報じられていました。これは、お笑い大不況がやってきていますね。どうするんですか、ちょうど天津くらいの芸人たちは。これでレッドカーペットでも終了しようものなら…」

「実は、業界内で以前にも『エンタの神様が終わる』なんてウワサが流れたんです。その時に、初めてこのケンドーコバヤシに、エンタの神様からオファーが来たんですよ。『エンタの神様が終わりますので、コバヤシさん、ネタの添削や修正しませんので、最後と言うことで思い切りやってくれませんか?』って言われたんです」

「なかな男気のある番組だな、と思いましてね。『分かりました、そういってくれるのなら』と二つ返事で了承したんです。でも、番組が続くということになって『やっぱりいいです』という連絡が来たんです。今回も待ってるんですけどね、一切、話が僕の所にこないんです。最終回の収録をもうやったのかどうか分かりませんけど、スケジュールは空けておきますのでね」

さらに、以下のようにケンドーコバヤシは語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ

ケンドーコバヤシ「六本木で偽ケンコバが暴れている」

2010.01.22 (Fri)
2010年01月21日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、偽物のケンドーコバヤシが六本木で暴れ回っていると明らかにされていた。話の発端は、先週(01月14日放送)中に「PCを購入して、AV女優のブログのコメント欄に、メアドを載せようか」と話していたことだった。

当然のことながら、ケンドーコバヤシはそうしたことを行っていないが、リスナーから「3人くらいのケンドーコバヤシを騙る者たちが、メールアドレスを掲載している」と投稿メールが送られていた。これを受けて、「これはヤバイですね。…止めて下さいよ。勝手に名乗るのは」と話していた。

さらに、「そういえば突然、昔に遊んでた友達から、『あんなことをやってたら、週刊誌に載っちゃいますよ』みたいなメールが来たんですよ。それで、『何?どういうこと?』って訊いたら、『あんなに六本木のクラブで、女の子のオッパイを揉みながらゲラゲラ笑ってたらヤバイですよ』って返信されてきた」

さらに、ケンドーコバヤシの目撃談は、以下のように思わぬ人からやってきたそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ

ケンドーコバヤシ 「ドラえもんの声優出演で赤面」

2010.01.22 (Fri)
2010年01月21日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、ケンドーコバヤシが「映画ドラえもん のび太の人魚大海戦」(3月公開予定)にトラギス役で声優出演していたことを明らかにしていた。

「一部、新聞発表等でご存じの方もいるかもしれませんが、映画版ドラえもんにゲスト声優に選ばれまして、アフレコしてきました。大丈夫かな…って心配になったんですけどね。僕が関西でやっていたネタとか、多分見てないんでしょうね」

「『いやぁ~ケンコバさんの低い声が、役にピッタリなんですよ』って言われてね。僕だけゲスト声優陣の中で悪役なんですよ。前の映画版ドラえもんでは定番だった、悪の気持ちしか持っていない悪役なんですよ。見方によっては、正義にもなるっていう役じゃないんです。徹底した悪役でしたよ」

「本当の意味での国民的アニメじゃないですか。だから、アフレコしてすぐに記者会見するんですよ。宣伝媒体用のVTRも撮ったんです。そのVTRにもカンペが用意されていて、僕がイスに座った状態で撮影が始まるんですよ」

「(素顔のままでVTR撮影)『ハッハッハ!俺様が海の暴れん坊トラギスだ。貴様らなぞ、俺一人で十分だ!一ひねりにしてやるわ!…とかなんとか言っちゃってますが、本当は優しいケンコバお兄さんですよ。でも、今回の映画では、すっごく悪い役をしてます。映画を観ているときは、ドラえもんを一生懸命、応援してあげてください。そうすれば…俺様トラギスでも、倒れるかもしれないかもな!そうはいかんがな!』…とかって話したんです。耳を真っ赤にしてね」

さらに、そこから共演者のさかなくんについて、以下のように話をしていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ

ケンドーコバヤシ 「ダイアンの恐怖体験を語る」

2010.01.08 (Fri)
2009年01月07日放送の「ケンドーコバヤシ」にて、ハリウッドザコシショウがゲスト出演していた。その際、彼がパーソナリティを務めていた「ザコシショウのミュージックヨイショ!」というラジオ番組の話になった。

ケンドーコバヤシは、「YES-fm(エフエムちゅうおう)という、大阪市中央区の難波に拠点を置くコミュニティFM局があるんですけど、そこでザコシショウは番組を持ってたんですよ。繁華街で、半径50 mくらいの人しか聞けない、FM局に観に来た人しか聞こえない、みたいなラジオ局でやってたんですよ」と話していた。

ハリウッドザコシショウは、「あれはヒドイよな。夜の4時くらいから、6時くらいまでの生放送だったんだよ。誰も聞いていないでお馴染みだった」などと話していた。

この話に関連して、ケンドーコバヤシはダイアンの恐怖体験について以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ

ケンドーコバヤシ 「千原ジュニアから叱られる」

2010.01.01 (Fri)
2009年12月31日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、千原ジュニアから叱責を受けていたことを明らかにしていた。話の発端は、番組のコーナー・プレゼン企画で、ムーディー勝山が「僕のことを救うコーナーをやってもらえませんか?」と提案されたことだった。

ケンドーコバヤシは、「俺は、昨日(12月23日収録)の深夜に千原ジュニアさんから怒られてしまったからね。『止めたれよ』と。(ムーディー勝山やネゴシックスなどを)『右肩下がり軍団などと呼んでやるな』と言われた」と話していた。

「右肩下がり軍団」とは、ネゴシックス、ムーディー勝山、若井おさむ、天津・向井、野性爆弾らのことを指す。文字通り、芸人として右肩下がりに成長の見られない後輩芸人たちのことを、ケンドーコバヤシは愛を込めて「右肩下がり軍団」と呼んでいる。

だが、このことがダメだと千原ジュニアから以下のようにお叱りを受けたそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ