加藤浩次、ラジオがテレビやYouTubeの台頭後もラジオは危ぶまれながらも淘汰されなかったと語る「radikoができたり」

2019.05.13 (Mon)
2019年5月12日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(毎週土 25:20-25:50)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、ラジオがテレビやYouTubeの台頭後もラジオは危ぶまれながらも淘汰されなかったと語っていた。



加藤浩次:テレビなんか無かった時代、絶対ラジオだったんだよ。

山本圭壱:だよな。

加藤浩次:みんながラジオを聴いてた。で、映画ができた、テレビができたってなって、「ラジオはもうダメなんじゃないか」って言われた時期があったでしょ。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:でも、radikoができたりとかさ。ラジオはもう残るわけよ、絶対に。

山本圭壱:残るよな。

加藤浩次:絶対に残る。で、テレビも今、ネットに取られるみたいに言ってるけど、絶対に残るの。

山本圭壱:だな。

加藤浩次:そういうもんなんだよ。

山本圭壱:そうだわ。

加藤浩次:淘汰されないんだよ。

山本圭壱:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!

バナナマン設楽、radiko新機能のタイムシフトやシェアラジオ説明中にYouTubeの話をする日村に注意「一番言っちゃいけない」

2016.10.15 (Sat)
2016年10月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、radikoの新機能である「タイムシフト」や「シェアラジオ」の説明中、Youtubeの話題を持ち出した日村勇紀に注意をしていた。

JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD DVD
JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD DVD
Happinet(SB)(D) 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


設楽統:(radikoの新機能)シェアラジオ。誰かにシェアしたい番組。面白いぞと思った、そこの時点を、radikoの聴けるアプリの画面にあるシェアボタンで、SNSやメールなどを通じて、その時点のURLがシェアされ、シェアされた方は、そのURLをクリックすると、radikoがその時点から立ち上がり、すぐに聴くことができるようになります、と。

日村勇紀:うん。

設楽統:俺は今、何を喋ってるのかな?俺もよく分かってないんだけど(笑)

日村勇紀:たとえば、この前の我々のラジオで言うと、オープニングトークで、30分間、りんご飴の話をずっとしたでしょ?

設楽統:はい、はい。

日村勇紀:「あの30分聴きたかった」って人がいたら、その30分間だけボーンってURLを貼れるってこと?

設楽統:違うんだよ、日村さん。1週間しか…

日村勇紀:そうだね。1週間の中の。

設楽統:1週間以内だったらいけるけど、あの話は2~3週間前だから、もうないのよ。

日村勇紀:まぁまぁ、YouTubeとかにはあるけどね。

設楽統:Youtubeにあんのかな?Youtubeの話しちゃいけないんだよ、今は。

日村勇紀:あ、まぁすみません(笑)

設楽統:違うのを言ってんだから。

日村勇紀:すみません(笑)

設楽統:だからダメなんだよ。

日村勇紀:はっはっはっ(笑)いや、あるなって(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

伊集院光、radikoのタイムフリー機能導入で権利関係や局の垣根を超える試みが必要だと指摘「ANNもJUNKも聴くみたいな」

2016.10.12 (Wed)
2016年10月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、インターネットでラジオ番組が聴取できるradikoが過去1週間分のラジオ放送を、好きな時に聴ける「タイムフリー聴取機能」の提供を開始したことを受け、権利関係や局の垣根を超える試みが必要なのではないか、と指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1


伊集院光:この番組でも、きちんとご案内しておかなきゃと思うのは、例のradikoというね。

上田まりえ:はい。

伊集院光:インターネットでAMもFMもラジオ放送を受信するradikoなんですけど。さらに新しい機能が、今日の午後12時から付きまして。

中村尚登:今日からですね、はい。

伊集院光:何と言うんですかね、タイムフリーとか、タイムシフトとか言い方しますけど。要は、聴き逃した番組を一週間。

中村尚登:一週間以内であれば。

伊集院光:過去一週間以内なら、スマホとかパソコンで聴くことができますよ、という。まだ、試験運用というか、とりあえずやってみましょうと。

中村尚登:実証実験という形ですね。実際に実験をして、どれだけ皆さんにニーズがあるかとか、サーバーにどれだけ負荷がかかるかとか、色々そういうのを調査するためにやってみましょう、と。そういう位置づけですよね。

「1番組で最長3時まで」という制限の理由


伊集院光:ねぇ。なんか、色々細かいことがあって。まず、無料で使えるんです。これ自体は、無料で。少なくとも自分のエリア内で、自分がいつも聴いているラジオを、いつも聴いているところで、radikoで聴きましょう、と。しかも、1週間前までの番組を遡って聴きましょう、というのに関しては無料でできるんですけど。

中村尚登:登録の必要もありませんしね。

伊集院光:それで、1番組につき最長3時間まで。これが変で。今日の『伊集院光とらじおと』を、明日聴こうと思ったら、まず聴こうと思って再生を始める。再生を始めて、それで3時間までは聴けるけど、「最初の30分を何度も聴きたい」という場合は、30分聴いて、また戻って30分分聴いて…とやると、合計が3時間になった時点で、もう聴けないんだよね。

上田まりえ:あっ、そうなんですね。

伊集院光:1つの番組の合計が。「何でこんなことになるの?」って言ったら、「この番組で、誰々の新曲をかけます」…この番組は、音楽基本的にアレなレコードしかかかりませんけど(笑)

中村尚登:ふふ(笑)

伊集院光:まぁ、例えば電リク番組で…電リク番組減ったけど、「誰々の新曲をかけます」ってなったら、ずーっとそれを何度も繰り返し聴いていると、「CDが売れなくなるんじゃねぇか」と。「楽曲を買わなくなるんじゃないか」というようなことを考える権利者もいる。

上田まりえ:へぇ。

中村尚登:だから、そういうことが本当にそうなのかどうなのか、ということをやってみよう、と。

伊集院光:やってみよう、と。

中村尚登:だから、その上でそれを踏まえての実証実験ということですよね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光が語る、radiko.jpプレミアム開始の問題点

2014.04.01 (Tue)
2014年03月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「radiko.jp」が配信エリアの枠を超え、「radiko.jp」に参加しているラジオ局を日本中どこにいても聴くことができるサービス「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」について語っていた。

「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」とは、月額350円(税別)で、ラジコ参加の民放ラジオ68局のうち、60局がエリアに関係なく聴くことができる、というサービスである。このradiko.jpプレミアム開始における問題点について、語られていた。

D.T.
D.T.


radiko誕生のきっかけ

伊集院光:今週気づいたこと…radiko.jpプレミアム会員、高くね?(笑)

今日から、新ディレクター、金子ディレクター体制になりまして。旧・ディレクター池田(卓生)が飛びまして。ADだった、金子くんが昇格となりまして。早々、上から怒られてしまえば良いって思いまして(笑)radiko.jpのプレミアム会員批判をのっけに持ってきてみました(笑)

radikoで聴いてくださる方、いらっしゃると思うんですけど、要は、もともとは難視聴対策なんだよね。たとえば、TBSがカバーしてる範囲にも関わらず、AM波っていうのは、入り組んだビルの谷間だとか、入っていくのが上手くないんでしょ?

「誰も居ないみたいですけども…御飯が保温になってる。いただきましょう」みたいな。そういうのが、AM波っていうのは、上手くないみたいなんですよね(笑)FMは、そこで、他人の家でもパッと入って、「これは俺のなめたけだな」みたいなのが、平気で出来るみたいなんですけども(笑)

AM波っていうのは、そういうビルの谷間に、物凄い弱いらしいんです。弱いから、いわゆる本来はTBSのエリアなのにも関わらず、雑音がひどくて聞こえない、みたいな人がいるから、そういう人は、ネットを通じて聞けるようにしましょうよ、っていうんでradikoっていうのができて。

そういう理由で出来ているから、エリア外では使えない、みたいな。制限があるわけですよ。それで、いろいろ制限をかけた理由はあるんでしょう。おそらく、地方でネットしてくださってる局っていうのはありますから。北海道HBCさんは、今もネットしてくださってて。あと、沖縄とかもね。大阪!この野郎(注釈:ABCラジオは、3月をもってネット終了となった)!(笑)

大阪のABCは、先週でネットが終わっちゃったんです。新しいディレクター・金子は、反体制だから悪口を言え、言えうるさいんですけど(笑)「radikoを、運営している馬鹿野郎ども!」と(笑)

俺は「そんな言い方ないじゃないですか、小さな一歩を、評価しましょうよ」って言うんだけど、「お前はそういう深夜放送のラジオパーソナリティなのか?」みたいなことを言われちゃいましたんで、引くに引けない状況になりましてね(笑)

分かんないんだけど、変な話、「もう伊集院、要らないよ」って言ったABCをかばうのはおかしな話なんだけど、エリア内でしか、radikoを使えなかった理由っていうのは、ネット局がお金を出して番組を買ってるからなんですよね。ネットする権利を得てるわけなんです。大阪でも、JUNKが聴けるっていうのをやるわけですよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力