オードリー若林が語る、Hi-Hi岩崎が楽観主義になるしかなかった衝撃の出来事

2014.03.23 (Sun)
2014年03月22日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、同じ事務所の先輩芸人であるHi-Hiの岩崎一則が、物事に対して楽観的になった衝撃の出来事について語っていた。

Hi-Hi/靴
Hi-Hi/靴 [DVD]

若林正恭(以下、若林):コンビのどっちかがネガティブで、どっちかが楽観的っていうのは、結構、良いバランスだと思うのよ。オードリーもそうだけど。

春日俊彰(以下、春日):うん。

若林:2人で真剣に話し合えちゃうポテンシャルがお互いにあると、結構、マイナスの方面にいったりしてんじゃん。

春日:まぁ、そうだね。

若林:どっちかが「どうでもいいや」って言うのは、話をするより、話にならないって方が強かったりするじゃないですか。

春日:うん。

若林:そんな話になって。「ガンちゃん(Hi-Hi 岩崎一則)って、いつから楽観的になったの?」って話になって。「小学校の時だね。ハッキリ覚えてる」と。

春日:え?

若林:「これは、考えてもしょうがない。楽観主義で行こう」って思った日々を覚えてる、と。

春日:きっかけがあったの?

若林:うん。あったんだって。

春日:珍しい人だね。

若林:小学校2年生なんだって。

春日:早いね。

若林:担任の先生がいて、帰りの会の時のことだったんだって。ガンちゃん当時、凄い太ってて。

春日:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

Hi-Hi・上田が語る「同期・ロンブー淳の格好良さ」

2012.03.04 (Sun)
2012年03月04日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、Hi-Hi(上田 浩二郎、岩崎 一則)がゲスト出演していた。そこで、同期であるロンドンブーツ1号2号・田村淳について語っていた。

ブラマヨ・小杉「THE MANZAIの後、同期のロンブーの淳さんと会いました?」

Hi-Hi・上田「会いました。18年ぶりに共演させてもらって」

ブラマヨ・小杉「リストライベント(注:ケイダッシュに所属する以前、Hi-Hiは吉本興業に所属しており、そこでライブで下位になると事務所をクビになるというイベントがあった)の時、以来ってことですね」

Hi-Hi・上田「そうですね」

Hi-Hi・岩崎「はい」

Hi-Hi・上田「淳が…ものすごい良いヤツなんですよね」

Hi-Hi・岩崎「淳の方が。亮も良いヤツなんですけど」

Hi-Hi・上田「両方、良いヤツなんですけど。…テレビに出るとき、僕らはひな壇じゃないですか。それで、ロンブーはMCじゃないですか」

ブラマヨ・小杉「はい」

Hi-Hi・上田「その時に、淳が『とにかく何かをやってこい』って言うんです」

ブラマヨ・小杉「はい」

Hi-Hi・上田「『緊張してるのなら、緊張してる、を出せ。今の通り思いついてることを言うんだったら、思いついてることを出せ。何も出来ないのなら、何もできないを出せ』」

ブラマヨ・吉田「おぅ!」

Hi-Hi・上田「『何かを出さないと、俺は何も出来ないから。とにかく何かを出せよ。俺が、なんとでもしてやる』って言ってくれたんです。」

ブラマヨ・吉田「ただ、黙っているな、と」

Hi-Hi・上田「そう」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!

Hi-Hi「18年間、売れないのに芸人をやってこれたワケ」

2012.03.04 (Sun)
2012年03月04日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、Hi-Hi(上田 浩二郎、岩崎 一則)がゲスト出演していた。そこで、18年間、売れないのに芸人を続けてこれたワケについて語っていた。

ブラマヨ・小杉「ブラックマヨネーズからの質問です。『なぜ18年間も続けられたのか?』」

ブラマヨ・吉田「大変、やと思うんですよ。1回でもバンッってブレイクすれば、給料も良かったりするから、良い思いも知ってるから、続けられると思うんですけど、1回もないまま…」

Hi-Hi・上田「ホント無いよなぁ」

ブラマヨ・吉田「辛い思いだけ」

Hi-Hi・岩崎「ホント、そうです。コンテストにでても1回戦で落ちるし」

Hi-Hi・上田「M-1も、準決勝に残ったこと、1回もないですから。なぁ?」

Hi-Hi・岩崎「うん。2008年まで出てたんですけど、いって3回戦とか」

ブラマヨ・吉田「アメとムチのムチばっかりっていう」

Hi-Hi・上田「ホントにそうですね」

ブラマヨ・吉田「なんで(芸人)続けられるんですか?15年くらいすれば『もう(売れる可能性)ないんちゃう?』とか思うでしょ。周りはもうバンバン売れるでしょ?」

Hi-Hi・上田「そうだな。バンバン売れてったもんな?」

Hi-Hi・岩崎「そうですね。後輩は売れていきましたね」

ブラマヨ・吉田「どうして続けられるんですか?」

Hi-Hi・上田「僕、東京の他の事務所の芸人とよく飲みに行ってたんですよ。そこで、『パスタ巻いてる?』とか言ってたんですよ」

ブラマヨ・小杉「飲み会で?」

Hi-Hi・上田「そうなんです。『最近なにどう?ミシン、ダダダッっていってる?』とか。コンパで、質問コーナーってやるじゃないですか?そういうところで、みんなが笑ってくれて、俺のことを『面白い』って言ってくれたんですよ。東京の芸人がみんなで。『飲んでる時の上田さん、ホント面白いですね』って。それだけですね。メンタルを保てたのは。芸人に面白いって言われたのが」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!

オードリー・若林「Hi-Hiのブレイクによる芸人への影響」

2012.01.01 (Sun)
2011年12月31日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、『THE MANZAI 2011』で注目されるようになったHi-Hi・岩崎一則、上田浩二郎について語っていた。そこで、Hi-Hiのブレイクによって芸人たちに与えた影響について触れられていた。

若林「Hi-Hiさんと、昔話になってさ」

春日「ほぅ」

若林「Hi-Hiの上田さんが、俺らが一番最初にネタ見せに来たときを覚えてるって言ってて」

春日「へぇ」

若林「将棋盤を持って来て、将棋盤に駒を指さないで、違うところに置いたりして」

春日「うん、うん」

若林「将棋盤の上でチョロQを走らせたり、林葉直子を探したりとか(笑)…それで、『舞台の上で将棋盤保ちだしても、お客さんから見えねぇだろ!』って怒鳴られてたって(笑)」

春日「うん(笑)」

若林「それが、上田さんはメチャクチャ面白かったんだって」

春日「へぇ」

若林「『スゲェヤツがいるなって思ってた』って。今だからこそ、言ってくれるんだろうけどね」

春日「うん」

若林「そういう風に言ってた」

春日「12年くらい前の話だよね」

若林「そう…それで、ナイスミドル(オードリーの旧コンビ名)って言ってたら、すげぇスベってたっていう話になるじゃない、よく」

春日「うん」

若林「でも、上田さんは『コントの時から、これは売れる』って思ってたって」

春日「あぁ、そう?」

若林「今の漫才の前から、売れると思ってたって」

春日「随分前だね」

若林「随分…岩崎さんの家に1時間くらい掛かるけど、行って色々と相談してたね」

春日「うん」

若林「『楽屋で、誰とも話をしたくないんですけど』とか」

春日「ふふっ(笑)」

若林「『打ち上げがイヤなんですけど』って(笑)随分、相談してたね、ホントに」

春日「行くよね、岩崎さんの家は」

若林「岩崎塾、みたいになってたもんね。寺子屋みたく」

春日「大概、事務所に入って一番最初に仲良くなる先輩は、岩崎さんだからね」

若林「未だに辞めた芸人が岩崎さんの家に来たり、正月は挨拶したり、結婚したら挨拶する人、いっぱいいるんだよ」

春日「へぇ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

オードリー・若林「Hi-Hiはまだ現金60円しか所持金ない」

2012.01.01 (Sun)
2011年12月31日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、『THE MANZAI 2011』で注目されるようになったHi-Hi・上田浩二郎、岩崎一則の近況について語っていた。

若林「Hi-Hiさんが先々週に来てくれまして。ちょっと、お仕事の方で2~3回会いまして。それで名古屋にHi-Hiさんが来てくれて。春日さんはちょっと抜けて」

春日「はいはい」

若林「新幹線の帰り、スッゴイ迷ったことがあったんだけど」

春日「うん?」

若林「普通にフォームで待ってたのよ。Hi-Hiさん2人と、俺とマネージャー1人。その4人で」

春日「はい、はい」

若林「名古屋で新幹線来るじゃん。それで、席に座ろうとしたら、露骨な話だけど、良い?」

春日「大丈夫だよ」

若林「俺だけグリーン車だったんだよ」

春日「露骨だねぇ」

若林「はっはっは(笑)」

春日「えぇ?まぁ、でも、ありがたい話だよね」

若林「何が?」

春日「グリーン車だっていうのが」

若林「うん。てっきり、Hi-Hiさんもグリーン車かなって思ったんだけどね。それで上田さんが『あぁ、そっか。若はグリーン車だよな。俺らは自由席だから、じゃあ東京駅でな』って言って」

春日「うん」

若林「それで、とりあえずどうしようかなぁって思って。グリーン車の券って、自由席座れるじゃん。だから、移動しようかなって思ったんだけど、逆に行った時に、『いいよ、いいよ』って言われるのもなんだなぁって思って」

春日「うん」

若林「それで考えてたら、寝ちゃって、そのまま東京駅だったんだけど」

春日「何だい、その話は」

若林「ふふっ(笑)…露骨だなぁって思って。Hi-Hiさんっていったら、1年ちょっと上の先輩だけど」

春日「でも、それはしょうがないよ」

若林「ふふっ(笑)お前はそういうスタンスなのか」

春日「だって、5位なんだから(注:今年、テレビでの仕事ランキング5位という、中途半端に多い称号について自虐的にトークしていた)」

若林「はっはっは(笑)」

春日「まぁ、でも我々が、名古屋中京テレビで、番組をやらせてもらってるってこともあるんでしょうな。他の番組ではどうだか分からないけど」

若林「そうそう。それで、上田さんと岩崎さんに東京駅について、その後の仕事がオールナイトライブで23時入りだっていうのよ。それで、東京駅についたのが21時だったから、『ご飯食べません?』って言って」

春日「うん」

若林「そしたら、『良いのか?俺ら今、60円しかもってねぇぞ』って言われて」

春日「嘘でしょ?(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

Hi-Hi・上田「月収8千円でオードリー春日に金を借りた」

2011.12.18 (Sun)
2011年12月17日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、THE MANZAI 2011決勝戦で健闘したHi-Hi(ボケ:上田浩二郎、ツッコミ:岩崎一則)がゲスト出演していた。

上田「言って良いか分かんないけど、ホントに仕事もなくて金もなくて…」

若林「うん、うん」

上田「月8千円とかなんだよ、最近。もう、崩れ落ちてさ」

春日「あぁ」

上田「8千円だよ?もう、隣のヤツに言ったもんな。『おい、8千円だぞ!』って(笑)」

岩崎「隣で金を下ろしてるヤツが居てね」

上田「『おい、見ろ8千円だぞ!』って」

若林「いやね、もう…」

上田「こんなこと言ったら、キャラを潰しちゃうかも知れないけど、春日に助けてもらってね。『カス、頼む。どうにもなんねぇ』って言って」

春日「いやいやいや…」

上田「春日が5万円振り込んでくれて」

春日「ついこの間も…1ヶ月経ってないですよ」

上田「あった」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

オードリーが語る「事務所の先輩芸人コンビ・Hi-Hi」

2011.12.18 (Sun)
2011年12月17日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、THE MANZAI 2011決勝戦で健闘したHi-Hi(ボケ:上田浩二郎、ツッコミ:岩崎一則)がゲスト出演していた。

若林「上田さんって、あんまり見せないでしょ。『辞めようかなぁ』とか」

上田「見せないよ~それでやってきてんだよ。こっちはよ」

若林「意外で。あの映像は」

上田「辞めようとも思ってたよ。だってな、ガンちゃん(岩崎)って、クラスで二番目に面白くなかったヤツだからな」

若林「はっはっは(笑)相当ですね」

岩崎「逆に言えば、よく組んでるよね」

上田「ブラブラしてたのは、コイツしかいなかったんだけどね」

若林「あぁ」

岩崎「だから、俺も頑張ってネタ言えた方だと思うけどね、今日は」

若林「ずっと…高校からでしたっけ?一緒にいるの。何年、一緒にいるんですか?」

岩崎「22年」

若林「22年?!仲良いっすもんね、Hi-Hiさんって」

上田「お前らは?」

春日「中学からですね。似たような感じですね。それで、あのアパートでしょ、ガンちゃんも」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

オードリー・若林「一夜にして売れた芸人・Hi-Hi」

2011.12.18 (Sun)
2011年12月17日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、THE MANZAI 2011決勝戦で健闘したHi-Hi(ボケ:上田浩二郎、ツッコミ:岩崎一則)がゲスト出演していた。

上田「今でも覚えてるんだけど、若林が楽屋でずっと本読んでて。誰ともしゃべんないワケよ」

若林「はっはっは(笑)」

上田「それで若林に『お前、そんなんじゃ絶対売れねぇかんな』って言ったの覚えてるよ。それから2年後、ドカーンっていって。それで『違うんだ…若林、ゴメンな』って言って」

若林「そうそう(笑)」

上田「あの時、ゴメンな」

若林「ホント、一夜にして売れるって形ですよね。今日、電話メチャクチャ鳴ってるみたいですね。それでマネージャーが居ないんだもん。今日、ずっと」

上田「オードリーも、実感あった?」

若林「僕らも似た感じだったから。急だったから」

上田「急すぎるよ」

若林「寝れなくなりますよ」

春日「単純に、二本ネタをやった感じですよね。自分たちにとっては」

上田&岩崎「そうそう」

若林「今も、街を歩いたら分かりますよ。コンビニに行ったら」

上田「マジで?じゃあ、今、行ってくるわ」

若林「いや、今ラジオ出てるから(笑)」

上田「歩かしてくれよ~」

若林「そんなロケ、急遽、用意できないから(笑)」

春日「いやいや」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

Hi-Hi・上田、岩崎が語る「THE MANZAIでの名言の真相」

2011.12.18 (Sun)
2011年12月17日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、THE MANZAI 2011決勝戦で健闘したHi-Hiがゲスト出演していた。

若林「THE MANZAIで大活躍の、事務所の先輩、Hi-Hiさんです!」

Hi-Hi 上田「どうもねぇ~Hi-Hiだよ」

Hi-Hi 岩崎「軽くてすみません」

上田「Hi-Hiだよ、来たよ!」

若林「急遽きていただいて」

上田「ついに出れるっていうね、ここに」

若林「このスタッフがね、活躍してたから2本目ネタが終わった時点で『今日、Hi-Hiは来れるのか?』って電話で言いだして」

上田「手のひら返してくるなぁ」

春日「言い方、言い方(笑)」

上田「嬉しいよ、でも。やっと共演できたよ(笑)」

若林「はっはっは(笑)」

岩崎「ホントだよ。長かったよぉ~」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN