伊集院光、新4K衛星放送対応のテレビを購入するもコンテンツ不足で「返せねぇのかなぁ」

2018.12.25 (Tue)
2018年12月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、新4K衛星放送対応のテレビを購入するもコンテンツ不足で「返せねぇのかなぁ」などとつぶやいていた。

シャープ 50V型 液晶 テレビ AQUOS 4T-C50AN1 4K 新4K衛星放送チューナー内蔵


伊集院光:50型の4Kチューナー入りみたいなの買って。今あるBSと繋げると、もう4Kの放送が見れちゃうんです。

俺の家では、いち早く4Kの放送が見れるんです。皆さんはねぇ、まだあれですか。普通の地デジですか。ウチは、BS 4Kで、昨日もですね、NHK BS4Kでおでんっていう。美味しそうなおでんを、映してて。

なんかたまたま、その時間の問題だと思うんですけど。『新日本紀行』っていう、昭和40年ぐらいに放送された、『新日本奇行』の「変わり行く浅草の街」っていうのを4Kにしましたっていうのをやってるんだけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

土田晃之、4Kテレビを買うべきではない4つの理由「4Kテレビの画質、自宅で必要?」

2015.01.16 (Fri)
2015年1月11日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00 - 14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、4Kテレビを今、買うべきではない理由について語っていた。

土田晃之のガンダムにもの申す!
土田晃之のガンダムにもの申す! (角川コミックス・エース)

1) フルハイビジョン以上の画質、必要ですか?

リスナーメール:2015年、4K・8Kテレビが普及するんじゃないでしょうか。 通常のテレビの4倍、8倍の解像度。東京オリンピックには、確実に普及していると思います。ただ、バラエティのひな壇芸能人たちを、高解像度で観る必要があるのだろうかっていう意見もあるようです。

土田晃之:それはもちろんですよ。一部の意見というか、我々が言ってますからね。「必要ねぇだろ」って。

ドラマも大変だって言ってましたからね。フルハイビジョンになった時点で…ウチの弟が大道具さんなんですけど、セット作る時に、後ろの壁とか、一枚の壁紙にしないと、2枚の板をくっつけてる線とか分かっちゃうんだって。本当に面倒くさいよ、フルハイビジョンって。

さらに、4K、8K…もうね、女優さん。特に30過ぎた女優さんたち、みんなもうスゲェ嫌がりますからね。年配になればなるほど。僕はね、一切、必要ないと思います(笑)

違う方からも、これメール来てたんですよ。

2) まだまだ高い4Kテレビ

リスナーメール:今年、4Kテレビが流行ると思います。地元の某大型家電店で観てきたけど、画質がめちゃ綺麗でした。これで大好きなJリーグ観たいです。でも、価格を見たら、とても手が出ません。家電に詳しい土田さん、4Kテレビは、価格が手頃になりますかね?

土田晃之:多分、ならないと思います。なぜなら、普及しないと値段は下がらないんですよ。大量生産されないと。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オススメ商品

家電芸人・土田晃之オススメ、4Kテレビを購入するなら「BRAVIA X9200Bシリーズ」

2014.08.02 (Sat)
2014年7月27日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之がSONYの4Kテレビ「BRAVIA X9200Bシリーズ」について紹介していた。

BRAVIA KD-55X9200B
ソニー 55V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)BRAVIA KD-55X9200B

まだ高値感のある4Kテレビであり、土田は自分が購入するとなれば、「4Kテレビではない物の中で再上位のテレビを買う」とコメントし、何を置いてもテレビを買うときには4Kテレビ、という推奨は行っていなかったが、4Kテレビの中でオススメであるというのが、このSONYの「BRAVIA X9200Bシリーズ」であるという。

その理由としては、デザインの良さや、理想的な音響特性を補正する『クリアフェーズテクノロジー』、サラウンドスピーカーシステムの音の空間をテレビスピーカだけで再現するバーチャルサウンド技術『エスフォースフロントサラウンド』、全体の音の大きさを変えずに台詞だけを変えられる『ボイスズーム』などの機能を搭載している点を挙げていた。

画質に関しては、「自分の好きな画面、画質のテレビを買うのが一番いいと思います」と、実際に店頭に並んでいるテレビを見て、好みの画質であるテレビを選択すべきである、とアドバイスしていた。

なお、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀は、土田から勧められてこの4Kテレビを即決・即購入したという。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オススメ商品

伊集院光、PSストアでの4Kテレビ向けコンテンツ販売を提案「PS4と4Kテレビの相乗効果が狙える」

2014.02.25 (Tue)
2014年02月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人の伊集院光が、PlayStation 4発売に伴い、4Kテレビとの相乗効果を狙える提案について語っていた。

Playstation 4
Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)

伊集院光:PS4で、ダウンロードでビデオとか買えるんですけど。あそこに、4Kのコンテンツをダウンロード販売してくれたら良いんですけどね。僕の家も4Kのテレビ無いですけど、せっかく新しいテレビを買うんだったら、4Kのテレビを買おうかなぁって思うんですよね。

でも、4Kのコンテンツって何も無いから、だったらソニーのPlayStationショップでダウンロード販売、みたいなので、4Kのためのコンテンツを販売したらどうかなって。今は、普通のハイビジョンをアップコンバートしてるのが多いですけど、そうじゃなくて、4Kのコンテンツを販売すれば良いんじゃないかって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光「4Kから8Kへのテレビの進化は間違っている」

2013.06.05 (Wed)
2013年6月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、4Kテレビや8Kテレビといった高解像度のテレビの進化について語っていた。

ソニー 55V型 地上・BS・110度CSチューナー内蔵 3D対応4K対応液晶テレビ KD-55X9200A(USB HDD録画対応)

8K、4Kテレビの必要性

伊集院光:8Kテレビとか、ますますよく分からないというか、今後、テレビをどうしたいのかが、分からないって気がしたね。8Kテレビ、4Kテレビ…今あるハイビジョン放送の4倍の粒子が細かいテレビが4Kテレビで、さらにその倍が、8Kテレビなんですけどね。

なんでそんなのが必要かというと、テレビがどんどん大画面になると、50型ぐらいになってくると、今までのDVDぐらいの画像を50型に映そうと思うと、1個1個の四角がデカすぎて、むしろ荒くなっちゃうよ、と。だから、50型以上は4倍密度にしないと困るよって話なんですよ。

(NHK放送技術研究所の一般公開「技研公開2013」で)120型くらいの8Kと、さらには300型のスクリーンで8Kを見せてくれてたんだけど、もはや一般の人のものじゃないよね、そんなの。テレビがどんどん綺麗になるっていっても、80型のテレビを置くような暮らしなんか、来ねぇよって(笑)

さらに思ったのは、300型のスクリーンで、この間のオリンピックの映像とか、リオのカーニバルを見せてくれるんだ。そこで、ウサイン・ボルトが新記録を出す映像を見せてくれるわけ。そこで、細かさを見せるために、ウサイン・ボルトのアップじゃなくて、全選手を撮ってる映像を見せてくれるわけ。

全選手を撮ってる8Kで撮ってて、300型のスクリーンで映してるってことは、細かい密度比は計算してないけど、要はその中のボルトだけ切り取ったら、ハイビジョンでボルトが40型で映ってたり、50型で映ってるのと変わらないから、それで良いんだと思うんだけね。

だけど、映ってるものって観るじゃん。ボルトが走ってるときに、ボルトは真ん中にいるんだけど、右から何番目かにいる選手が、途中で足がつるんですよ。足がつったところばっか見る(笑)

あと、用意スタートの手前くらいで、観客の一人が瓶を投げてる。そればっかり見る。だから、ボルトのスタートをはっきり見逃してて(笑)

『50型であれだけ細かいものを作りました』ってことになったら、虫眼鏡で見ても、ちゃんと見れるって、そんな意味の分からないことになっていくような気がするんだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力