山里亮太、三四郎・小宮が『鳥人間コンテスト』で鈴木拓超えを果たした奇跡に感動「これか、スターって」

2018.08.30 (Thu)
2018年8月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、三四郎・小宮浩信が『鳥人間コンテスト』で鈴木拓超えを果たした奇跡に感動したと語っていた。



山里亮太:今年ね、一個伝えたいのはたしかに凄いドラマがあったの。今回、気象の都合でディスタンスが中止になっちゃったの。

何十kmと漕ぎ続ける。車載カメラで「飛べ!」みたいに言ってるのが名物なんだけど。それは最初の5 機くらいで駄目だ、これ以上やったら危険だって、中止になったんだけど。それは、ディスタンス部門と滑空機部門っていうのがあって。

滑空機っていうのは、プロペラとか着いてなくて、10 mの高さからポーンッと飛んで。ナウシカのメーヴェってあるじゃない。あの感じ。それで距離を競うのがあって。

今回、「これか、スターって」って思ったのが、もう小宮よ、三四郎の。いやもう、シンプルな感想、「それは売れるわ」って。これは売れるなぁって。まぁ、売れてんだけど。売れる人はこれだなって思ったのが、今日までネタバレになっちゃうから言えなかったんだけど。

正直、今回鳥人間コンテストって、コンディションがあんまりよくなかったの、風の。本当に気象に左右される競技で。で、滑空機部門っていうのは、とにかく一番いいのは、風速2 mくらいの向かい風。

何十kgもある飛行機を背負って、10 mの高さから飛ぶのよ、ポーンッて。一番のポイントは、風速2 mくらいの向かい風。で、向かい風が翼に当たって、その揚力で浮いたのを利用してグーンッと下に落ちて。そのスピードを利用して、最後、グッと先端を上げて風に乗って飛ぶっていうのが一番距離が伸びるやつなの。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、2018年の鳥人間コンテストはディレクターが変更になり「今年はボケてください」と依頼されたと明かす

2018.08.02 (Thu)
2018年7月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、今年の鳥人間コンテストでは、ディレクターが変更になり「今年はボケてください」と依頼されたと明かしていた。



山里亮太:今年の鳥人間コンテストの打ち合わせで、「山里さん、ラジオ、そしてマツコさんの番組、拝見しました」って。

山里亮太、鳥人間コンテストでスタッフに呼び出されて「おちゃらけ禁止」と言われたと明かす「全体的に静かにして下さい」

山里亮太、2017年の鳥人間コンテストでディレクターのNG事項が多かったとの愚痴に赤江珠緒が「また悪口言ったか」

赤江珠緒:ふふ(笑)

山里亮太:「今年は、ボケてください」って。めちゃくちゃハードル上がっちゃって(笑)

赤江珠緒:おお!(笑)ああ、そう(笑)

山里亮太:「もう、ご安心ください。去年、山里さんにボケるなって言った人は、もういませんからね」って。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

山里亮太、2017年の鳥人間コンテストでディレクターのNG事項が多かったとの愚痴に赤江珠緒が「また悪口言ったか」

2018.08.02 (Thu)
2018年7月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、2017年度の鳥人間コンテストで、ディレクターのNG事項が多かったとの愚痴に、赤江珠緒が「また悪口言ったか」などと発言していた。



山里亮太:鳥人間コンテストで、凄く気まずいことがあって。

赤江珠緒:ほう、ほう。

山里亮太:それは去年、鳥人間コンテストね、システムっていうか、演出する方が変わって…それね、TBSの深夜のマツコさんと一緒にやってる…この前、赤江さん出てくれたやつの、赤江さんじゃない回。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:赤江さんいた回かな?鳥人間コンテストの話したとき、赤江さんいなかったよね?

赤江珠緒:その時はいなかったですね。

山里亮太:うん。鳥人間コンテストの、去年の話したの。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:そしたら、去年は演出が…

赤江珠緒:また!また悪口言ったか。

山里亮太:「悪口」って言わないでよ。

赤江珠緒:ふふ(笑)

山里亮太:悪口じゃなくて…思い。

赤江珠緒:ふふ(笑)尖った思い(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

山里亮太、鳥人間コンテスト開催日に「台風が直撃した」と明かす「滑空機だけやることになって」

2018.08.02 (Thu)
2018年7月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、鳥人間コンテスト開催日に「台風が直撃した」と明かしていた。



山里亮太:つい最近で言うと、鳥人間コンテスト。

赤江珠緒:はい、はい。

山里亮太:毎年、行ってるんですけど。

赤江珠緒:はい。

山里亮太:今年は、台風が直撃しちゃって。

赤江珠緒:この週末だったんですね、それも。

山里亮太:琵琶湖でやりますんで。で、当日から台風…でも、今、天気予報ってハズれないじゃない。

赤江珠緒:でも、台風12号がね、逆走して。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

山里亮太、『鳥人間コンテスト』でボケたところが「全カットされていた」と明かす「まさかのボケなし」

2017.08.24 (Thu)
2017年8月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、日本テレビ系の番組『鳥人間コンテスト』で、今年は「ドキュメンタリー色を強くする」ということもあり、芸人としてボケた部分がオールカットされていた、と明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:『鳥人間コンテスト』のプラットホーム、飛行機が飛び出すところでリポーターを毎年やってて。今年はちょっとね、趣向が変わって。ドキュメンタリータッチでいく、ということで。

「分かりました」って、「何が変わるんですか?」って言ったら、「山里さんと東野さんのおちゃらけをなくしていきたい」って言われて。で、迎えた今日ね、オンエアだったんですけどもね。

ドキュメンタリータッチでお送りするというのは、守りましたよ。それはだって、本当によかったの、今回の『鳥人間コンテスト』も。まぁ面白かった、素晴らしい、感動たくさんあった。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、鳥人間コンテストで土屋太鳳との共演部分で見事に自分だけ映っていなかったと明かす「ゾッとしたね」

2017.08.03 (Thu)
2017年8月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、日本テレビ系の番組『鳥人間コンテスト』で、女優・土屋太鳳と共演したものの、見事に自分だけ映っていなかったと明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:『鳥人間コンテスト』、マジで結果最後終わったときに、「演出は正しかった」(山里亮太、銀シャリ・橋本が鳥人間コンテストで「おちゃらけなしで」と注意されて急に落ち着いたテンションになったと明かす)ってめちゃくちゃ思うし、凄く面白い、今年。

40周年記念で、めちゃくちゃ良い大会だったの。で、僕も求められたテンションでの答え見つけて。凄く楽しくできたの。それは皆さん、見ていただければと思うんだけど。

ただ、ちょっとだけ一個思うことがあって。「鳥人間コンテスト、無事に終了。とんでもないドラマ、ありました。番組、○日放送です」って、全員集合の写真がバーンって載ってるっていう記事があったんだけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、鳥人間コンテストでスタッフに呼び出されて「おちゃらけ禁止」と言われたと明かす「全体的に静かにして下さい」

2017.08.02 (Wed)
2017年8月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、鳥人間コンテストの中継で、スタッフに呼び出されて「おちゃらけ禁止」と言われてしまったと明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]


山里亮太:私なんかでもね、素敵な場所に今週末、行ってきました。

海保知里:はい。

山里亮太:滋賀は琵琶湖でございましてね。鳥人間コンテスト第40回。

海保知里:うわ。

山里亮太:他局の番組を紹介して申し訳ないですけど。まぁ、凄かった。毎年毎年、私はプラットフォームという飛行機が飛び立つ場所で涙、涙でやっているわけですけど。いや、感動した。今年も良かったんだよなぁ。

海保知里:良かったです。

山里亮太:うん。それで今年ね、1個システムがね、変更になりまして。いつも例年はね、私はプラットフォーム上にグラビアアイドルの女の子と2人で、「はい、はい。こちら、プラットフォームです」なんて言って名物キャラクター、パイロットなどをイジるわけですよ。

海保知里:ええ。

山里亮太:それで、東野さんと僕は、基本的にイジって楽しむというか。イジると言っても、エピソード。「実は、この子とこの子が付き合おうとしているけども、付き合うにはまだもう1つ勇気が足りない。それで今回飛ぶことで、何 m 飛んだらこの思いを告げようと思っているんです」なんて言っている子がいたら、そんな彼女が、こっちにいますよ」なんて東野さんと俺でね、キャッキャ、キャッキャやっていたんですけど。

海保知里:はい。

山里亮太:そういうのが、グラビアの子とかも横にいて、華やかで。なんか、理系のちょっと女の子に慣れていない子なんかがね、なんとかこう、胸を盗み見ようとしている姿とか。それを東野さんが見つけて、「ちょっと山ちゃん、あの子に聞いて」なんて言って。

海保知里:ええ(笑)

山里亮太:凄い鍛えてそうだからと言って、東野さんと一緒に、グラビアの子に「凄い筋トレしたらしいから、ふともも触ってあげて」なんて言って。そのグラビアの子が触って、「うわっ、カッチカチ」って言って、プラットフォーム上の男子が、みんな顔を真っ赤にするとかね。

海保知里:いやぁ。

山里亮太:そういうのを、ずっと楽しんでるの、俺たちは。

海保知里:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

おぎやはぎ小木、ドランク鈴木拓の『鳥人間コンテスト』出場を応援「空気が全然違う」

2014.08.01 (Fri)
2014年7月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、お笑いコンビ・ドランクドラゴン 鈴木拓の応援で、日本テレビ系の番組『鳥人間コンテスト』の会場に行ったことを明かしていた。

鳥人間コンテスト 30th ANNIVERSARY DVD-BOX
鳥人間コンテスト 30th ANNIVERSARY DVD-BOX

同局の番組『笑神様は突然に…』の企画で、鈴木が鳥人間コンテストに出場することとなった。15 Kg近くの減量、ペダルを漕ぐトレーニングなどを積んでおり、真剣に優勝を目指して臨という内容だった。

小木も子供の頃から『鳥人間コンテスト』を観ており、「行って感動したね。あの鳥人間の台を見ただけで」と語っていた。だが、「ヘラヘラして行ったら、空気が全然違ってさ。もう、マジなのね。当たり前だけど」と、皆真剣に大会に参加していた、と語っていた。

「拓は頑張ってたけどさ。でも、つらい。俺はもう行きたくないくらい、イヤな空気(笑)凄い空気」と、出場者の気迫に気圧されて、もう行きたくはない、と小木は正直な気持ちを吐露した。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

南キャン・山里「鳥人間コンテストの感動の舞台裏」

2011.08.06 (Sat)
2011年08月03日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、山里亮太が鳥人間コンテストのレポーターを務めた、と明らかにしていた。

山里「私、すっげぇ心洗われてきたんですよ。まぁ泣いちゃって。放送は8月19日になるんだけど、今回、鳥人間コンテストのレポーターをやらせてもらいまして。あんなに感動するモンだとは思いませんでしたよ」

「レポーターっていうのは、プラットホーム、みんなが作った飛行機が飛び立つ場所、そこでインタビューするって役なんだけど。まぁ、感動する。…これ聞いたら、『山里ふざけんな』って思うかもしれませんけど、テレビを観ている1視聴者としては、すぐに落ちちゃって『うわぁ、もう落ちちゃったよ』って感じで観てたんだけど、もう、そうは観れない。あんなにドラマが一機一機に詰まってるなんてね」

「基本、バイトした金を費やして、その尾翼を作るために、何十万ってみんな出し合って作ったりしてるのよ。学校から出るお金じゃないから。みんなが一生懸命集めて、羽がちょっとでも傷つくとダメなんだって。一生懸命、傷つかないように運んでて。『そっち、○mm動かして!』とかって言ってて。みんな、熱いのよ」

「俺、一個思ったんだけど。多分、テンションが高かったせいだと思うんだけど、ユニフォームをパイロットが着てるんだけど、そこに寄せ書きすんのよね。学校の人たち。ここはオンエアにならないところだから、ネタバレじゃないし言えるんだけど、熱い思いと、お調子者がいるわけよ。お調子者は、ボケを書いていくのよ」

「表の部分は、テレビに映るからダメだって分かってるんだけど、背中に書くのよ。でっかく。『オ○ニー大好き、ヘンタイ』みたいなことが書かれてるの。でも、そういう人が、スゲェ真剣に『今回、飛ばなきゃならないワケがあるんです』とかって言って」

「『僕たち、何としてでも部室を取り戻したい。ここにくるまで、みんなスゴイ頑張ってきて。寝ないで頑張って、単位を落としちゃってるなんてヤツもいます。でも、この日のために、一年間頑張ってきました』って言ってるんだけど、背中に『オ○ニー大好き、ヘンタイ』って書いてあるの」

「そんなこともあったけど、スゴイのよ。色んな種目があって。タイムトライアルっていって、足こぎで500 m先に行って、Uターンして自分の出発したところまで戻ってくるまでのタイムを競う、とかあるの。行くでしょ、そこで飛び立ってみんなそこで、拍手して喜ぶの。でも、風とかの影響ですぐに落ちたりするの。落ちた時の絶望感ね。みんな、膝から崩れ落ちて。みんな、嗚咽」

「設計した人は、全責任を負ってるから、みんなに土下座しながら、『申し訳ない!』って謝ってるの。そんな中、どんな形でオンエアになるのか分からないけど、実況席に、そのベテランの人がいるの。実況席に、ベテランの人がいて。世界記録をもってるような人なんだけどね。その人が、すっげぇドライなの。みんな泣いてるところに、イヤホンからその人のつぶやきが全部聞こえてきて、『まぁね、土下座してるけど、設計者がミスしてるから、こういう落ち方しちゃうからね』っていうの(笑)そういうギャップがあるの」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論