北野武監督のキャスティング方法、映画撮影の裏側

2013.01.29 (Tue)
2013年01月28日放送の「ショナイの話」にて、北野武監督のキャスティングプロデューサーを務める吉川威史がゲスト出演していた。

キャスティング・プロデューサーとは

アウトレイジ ビヨンド [Blu-ray]
高須光聖「キャスティングプロデューサーというのは、どんな映画でもそういう方がいらっしゃるんですか?」

吉川威史「基本は、プロデューサーがやるんです」

高須光聖「あぁ、やっぱりそうなんですね」

吉川威史「ところが、プロデューサーが仕事が段々増えていって、プロデューサー1人でキャスティングやることが出来なくなったんです」

高須光聖「うん、うん」

吉川威史「だから、『主演の2人だけ決めておくから、周りのキャスティングは誰かがやってくれないかな?』みたいな感じなんですね」

高須光聖「たけしさんの場合は、どういう風な流れで、どういう順番でキャスティングをされるんですか?たけしさんはまず、『こういう映画やりたい』って始まるんですよね?監督で」

吉川威史「はい」

高須光聖「それで台本ができて、その本をいち早く見せていただくわけですか?」

吉川威史「もちろん、もちろん」

高須光聖「最初に見て、たとえばアウトレイジだったりしたら、『この本だったら、この人かなぁ』みたいな感じで決めていくんですか?」

吉川威史「みなさん勘違いされるんですが、僕は決めてないんです」

高須光聖「はい、はい」

吉川威史「僕は、その役にハマった俳優さんを、推薦する仕事なんです」

高須光聖「うん」

吉川威史「推薦するだけだったら、誰だってできるじゃないですか」

高須光聖「そうですね」

吉川威史「だけど、『この人にしたいけど、スケジュール空いてるの?』ってなると、それをやっぱりリサーチして、『この作品のスケジュールは大丈夫ですよ』って確証を持たないと、ここに推薦できないんです」

高須光聖「なるほど」

吉川威史「あと、その人たちの予算がハマるのかとか、そういう裏打ちをして、『この中から決めてください』って言うんです」

北野武監督のキャスティング


高須光聖「たけしさんは一目で『この人』って決めるんですか?」

吉川威史「はい。『これはこれ』『これはこれ』って」

高須光聖「迷わないんですか?」

吉川威史「迷わない。迷う場合もありますが、『これで良いんじゃない?』って」

高須光聖「主役クラスは、そのように決めないでしょ?」

吉川威史「でも…この(アウトレイジ・加藤役)三浦友和さんの役も、僕は何人か候補を出して」

高須光聖「差し支えなければ、どんな方がいらっしゃいます?」

吉川威史「忘れちゃいました(笑)」

高須光聖「またぁ(笑)でも、吉川さんの中で、三浦友和さんがなると思ってました?」

吉川威史「心の中では、三浦友和さんになると面白いなって思ってました」

高須光聖「思ってました?それはどういうところを見てですか?」

吉川威史「だって、こういう役を三浦友和さんはやったことがないし」

高須光聖「クリーンなイメージというか、いいお父さんのイメージですよね」

吉川威史「だから、北野さんは大体、逆へ逆へってキャスティングしていくわけですよ。良い人を悪い人で使おうとして、悪い人を良い人のイメージで使おうとするんです」

高須光聖「うん、うん」

吉川威史「それを何となく分かってたんで、多分、友和さんに手がいくかなって思ってたんです」

「北野武」流の俳優の関わり方


高須光聖「意外と使ってみると、『この人、こういうこと出来なかったかぁ』っていう、役者さんは『こういうのは出来るけど、こういうシーンは苦手なんだなぁ』っていうのあるじゃないですか。そういうとき、失敗した、って思うことないですか?」

吉川威史「たまに、スタッフに撮影中、『こいつダメだぞ』って言われるんですけど」

高須光聖「ふふ(笑)」

吉川威史「でも、僕はできると思って出してるんですよ。それが出来ないっていうのは、それは申し訳ないけど、演出部とかスタッフが、もう少しこの人を上手く使ってくれればできるはずだって」

高須光聖「いや、それにしても、『さっきから見てるとNG出してる…肩身の狭い思いをするなぁ』って思うことないですか?」

吉川威史「その辺、たけしさんは厳しくて、ちょっと出来ないなって思ったら、どんどんセリフを削っていくんです」

高須光聖「それは松本人志もそうですね。どんどん変えようって言って変えますね」

吉川威史「北野さんは、俳優さんに無理をさせないんです。恥をかかせないんですね」

高須光聖「ふぅん」

吉川威史「セリフが出ないって時には、『カンペ作ろう』って言って。1回ありましたよ。セリフ出ないんですよね」

高須光聖「しょうがないですよね(笑)…たけしさんに質問される役者さんっていらっしゃるんですか?」

吉川威史「たまにいらっしゃいますけど、監督はあまり質問されるの好きじゃないんですよね」

高須光聖「あぁ、そうですか(笑)」

吉川威史「『好きにやっていいよ』って。たけしさんは、やっぱり自分はおわらい芸人だって思ってて。お笑いで飯を食ってる人間が演技の世界にきて、演技の世界で飯を食ってる人に外から来た人間がとやかく言えないよねって」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ショナイの話

高須光聖×サンミュージック・小林雄司チーフマネージャー対談

2013.01.17 (Thu)
2013年01月14日放送の「ショナイの話」にて、構成作家・高須光聖と、サンミュージック・小林雄司チーフマネージャーが対談を行なっていた。

プロジェクトGET立ちあげについて

スギちゃん 「ワイルドだろ~」 [DVD]高須光聖「小林さんがサンミュージックの芸人部門を全部作った、みたいな」

小林チーフマネ「いやいやいや(笑)本当に怒られます。芸人からも会社からも(笑)」

高須光聖「名刺が、プロジェクトGETの制作次長となっていますが、どのような部署なんでしょうか?」

小林チーフマネ「もう、お笑いの部署で、今の社長が副社長時代に『お笑いを始めたい』と」

高須光聖「ほぅ。もともと、サンミュージックさんは、お笑いの人はいらっしゃらなかったですよね、そんなに」

小林チーフマネ「そうですね。サンミュージックは、かなりの後発なんですよね」

高須光聖「うん」

小林チーフマネ「『今さらお笑いをやるか』っていう時期に」

高須光聖「いつぐらいからお笑いを始めたんでしたっけ?」

小林チーフマネ「かれこれ15年くらいですかね」

高須光聖「へえ~。サンミュージックのお笑い芸人1号っていうのは誰なんですか?」

小林チーフマネ「1号っていうと、かなり昔なんですけど、ブッチャーブラザーズですね」

高須光聖「あぁ!」

小林チーフマネ「東京の芸人は、だいたいブッチャーブラザーズ育ちっていう」

高須光聖「そうですね。『お笑いスター誕生!!』とか出てましたもんね」

小林チーフマネ「元々、ブッチャーブラザーズはかなり昔に所属していたんですけど、(サンミュージックは)お笑いをやってなかったから、アイドルとかの事務所だったんで、人力舎さんにブッチャーブラザーズは移籍したんです」

高須光聖「あぁ、そうなんですか。それで、ブッチャーブラザーズさんがいなくなって、Project GETの一人目っていうのは、誰なんですか?」

小林チーフマネ「やっぱりブッチャーブラザーズ」

高須光聖「えぇ?」

小林チーフマネ「戻ってくるんですよね、向こうから。『お笑いをサンミュージックで本格的にやりたい』って言って、ブッチャーブラザーズを戻して」

高須光聖「その中でも、ドーンって当たる、サンミュージックさんで言ったら、今のスギちゃんみたいな人は誰に当たるんですか?」

小林チーフマネ「ダンディ坂野ですね。ダンディがウチのパイオニアで」

高須光聖「パイオニアですか?ゲッツ!」

小林チーフマネ「ゲッツ(笑)」

高須光聖「だから"プロジェクトGET"なんですか?」

小林チーフマネ「そう思われがちなんですけど、あれは社長が"Gag Entertainer Team"という略で"GET"なんです。あんまり知っている人はいないですけど(笑)」

高須光聖「あぁ、そうなんですか」

ダンディ坂野のブレイク

こんなに元気です。 一発屋と呼ばれて高須光聖「それでGETを立ちあげてから、何年くらいでダンディ坂野さんがブレイクしたんですか?」

小林チーフマネ「何年ですかね…もう、5年くらい経ったとおもいますよ」

高須光聖「逆に、ガンって上がってグンって落ちる世界でもあるじゃないですか?」

小林チーフマネ「はい」

高須光聖「そういう人たちを見るのは、どうでしたか?」

小林チーフマネ「たしかに、ガンっていくとグンって下がる人、ウチに結構いるんですけど(笑)」

高須光聖「ふふ(笑)」

小林チーフマネ「でも、一気にガンっていくことがスゴイじゃないですか」

高須光聖「それもなかなか無理ですからね」

小林チーフマネ「ダンディがそうなんですけど、一気に上がって、その後に一発屋みたいになって」

高須光聖「はい」

小林チーフマネ「周りで、一発屋を売りにしている人、居なかったんですね」

高須光聖「そうですね」

小林チーフマネ「テツandトモさんとか、塙くんとか」

高須光聖「はい」

小林チーフマネ「ダンディも、一発屋って言われると、いい気はしないですよね」

高須光聖「そうですね」

小林チーフマネ「周りがみんなやらないんだったら、行ってもいいんじゃないかなっていうんでダンディは、一発屋と言い出したんですよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ショナイの話