水道橋博士「ビートたけしの漫才師としてのアイデンティティ」

2013.02.11 (Mon)
2013年02月09日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、浅草キッド・水道橋博士がゲスト出演していた。

芸人の引退を考えていた水道橋博士

藝人春秋水道橋博士「もう芸人としても一回、50歳で辞めようと思ってて」

ブラマヨ・吉田「えぇ?」

水道橋博士「それ、49歳の時にあったの」

小杉「そうですか」

水道橋博士「面白いこと言って評価されたら、また次の仕事もくる。でも、自分の中では50歳がきたら辞めるって思ってるから」

吉田「ウケたって、『辞めんねんから、俺は』って思ってるから」

水道橋博士「そうそう。それで、喋るのも止めてたんだよね。そう思って49歳のときは仕事をしてたんですよ。そうなると、何も面白くないのよ。だって、ウケたくないわけだから」

吉田「あぁ」

水道橋博士「ゴールの無いマラソンじゃない、芸人なんて。『どこまでこれ走ればいいんだ』って話じゃない?」

吉田「はい」

水道橋博士「でも、それを自分の中でゴールを決めたら、『ここまでやったら抜けてもいいよ』って思った瞬間に、面白くないの。仕事が面白くないの」

吉田「あぁ」

小杉「へぇ~」

水道橋博士「そうじゃなくて、全部全力投球してやらないと、やっぱり仕事って面白くないんだって、この1年でスゴイよく分かった」

吉田「あらためて、『この仕事好きや』っていうのが分かったわけですね」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!