爆笑問題・太田、「落語が1人喋りであることは怠慢」と批判したお笑い評論家・高橋維新に反論「お前に感受性がないんだ」

2016.09.29 (Thu)
2016年9月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、「落語が1人喋りであることは怠慢」と批判したお笑い評論家・高橋維新に対し、「お前に感受性がないんだ」と反論を行っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


太田光:(高橋維新の批判で)「落語を1人で演じるのは、誰が誰だか分からなくなる」と。「あれは経費削減なんじゃないか」って書いてるの。

田中裕二:面白い。

太田光:演劇をするのに、キャスティングが必要だから。演出するのに。

田中裕二:うん。

太田光:「それは、演者の努力不足だ。怠惰だ」と。でも、よく考えてくれ。怠惰っていうのは、「お前の怠惰だ」って思うわけ。

田中裕二:うん。

太田光:これは芸人が強要するわけじゃないけれども、柳田国男の話から始まってね、要するに1人の語り部がずーっと語り継いできた中で、ふっと祠で蝋石を見た時に、真っ青な空に、星空がバーッと浮かんだことのある感受性。

田中裕二:うん。

太田光:その感受性がなければ、民俗学なんかできませんよっていうのは、落語家もそうなんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:つまり、その感受性がないと、落語なんてものは語れないし、落語を見るにあたっては、その感受性がなければ落語は見れません。

田中裕二:うん。

太田光:僕は、その経験をしてます。はっきり言って。立川談志を見てて、談志がいなくなった経験をしてます。

田中裕二:うん。

太田光:落語っていうのは、そういう意味では、究極の芸術なんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:たった1人で、時間も超え、場所も超え、人も超え。何も超え、誰がどうとか、上下(かみしも)がどうとかへったくれもなんともない。全ての世界がたった1人で表現できるジャンルなんですよ。それを、『ENGEIグランドスラム』でそこまで到達できてるとは言いません。

田中裕二:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、高橋維新の「一人で全てを演じる落語」批判を真っ向から否定「圧倒的なんだよ、落語っていうのは」

2016.09.27 (Tue)
2016年9月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00-17:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、お笑い評論家・高橋維新による「一人で全部を演じる「落語」は本当に面白いのか?」という記事に真っ向から反論するかのように、1人で喋り、演じ分けて表現する落語の持つ芸術性について触れ、「圧倒的なんだよ、落語っていうのは」と語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る

太田光:俺、子供の頃から、親父が落語好きだったから、落語のテープ聴いてて。それこそ、文楽、圓生、志ん生聴いてたんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:別にさ、そんなに難しい話じゃなくて、面白い話をしてくれる人の話って、面白いじゃない。

田中裕二:うん。

太田光:「この間、こういうことがあってさ」って。たとえば、たけしさんのオールナイトニッポンの最初のフリートークだってそうだよ。それをさ、キャラをちょっとずつ分けながらさ。

田中裕二:演じ分けてね。

太田光:それがたとえ、笑える/笑えないにかぎらず、「この人の演じ方、上手いなぁ」とか。

田中裕二:うん。

太田光:そういうところにゾクッときたりするっていうのは、何もそんなに別にハードルの高いことじゃないと思うんだけどね。

立川志ら乃:ないですね。『子ほめ』とか、いわゆる前座噺で、リズムとメロディが心地いいみたいな噺があって。それを、学校寄席でやる。言葉だけ取り上げると、絶対に理解できない。大人でようやく理解できるようなことでも、リズムで「楽しいこと喋ってんだろう」ってことで、音で笑ってる、みたいなことがあるので。

太田光:うん。

立川志ら乃:落語の力って、やっぱり凄いなって。

太田光:凄いんだよ。だから、ある意味、たけしさんがオールナイト始めた時、凄かったじゃない?最初のフリートーク。1人でバーッて喋って。あの感覚と近いんだよ、落語って1人で喋って、どんだけの情景を思い浮かべさせるか、とか。あるいは泣かせるか、とか。そこまで行っちゃんだから。

江藤愛:力ですよね。

太田光:力っていうか、演技力ですよ。

田中裕二:俺は、そんなに落語通ってなかったけど、談志師匠を「日本一、演技の上手いのはこの人だ」って思うくらい。

太田光:本当に、世界一ですよ。

田中裕二:世界一上手いだろって。「この人に勝てる演技者はいない」って思うくらい。

太田光:圧倒的なんだよ、落語っていうのは。全ての芸術。

江藤愛:そうなんだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー

爆笑問題・太田、三遊亭円楽や落語界にケンカを売るお笑い評論家・高橋維新の暴論を一笑に付す「話になんないな」

2016.09.27 (Tue)
2016年9月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00-17:00)にて、落語家・三遊亭円楽の落語をこき下ろし、落語界にケンカを売るかのようなお笑い評論家・高橋維新の暴論に対し、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光は「話になんないな」などと一笑に付していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る

立川志ら乃:今日は、高橋維新さんの話をしに来たんですけど、よろしいですか?

太田光:高橋維新?(笑)

立川志ら乃:私、お2人の深夜の番組のヘビーリスナーでして。

田中裕二:『カーボーイ』を?

立川志ら乃:はい、凄い好きで。ハガキも採用していただいて、ありがとございます。

太田光:ええ?!

立川志ら乃:小塙さんの時代なんで、随分前なんですけど。

田中裕二:スタッフの名前を言うなよ(笑)

立川志ら乃:今年ですよね?『ENGEIグランドスラム』のくだりで、あの後、どうなったんでしたっけ?

太田光:高橋維新?

立川志ら乃:はい。太田さんが負けた、みたいなことをコメントしたんですよね?

太田光:そう、そう。俺が高橋維新用に、『ENGEIグランドスラム』で、いつもと違う漫才を作ったんだよ。

立川志ら乃:そうですよね。

太田光:そしたら、維新が「全然、進歩がない」って言ったから、「じゃあ、俺の負けだ」って言って、「もうコイツと話してもしょうがねぇな」と思って。

立川志ら乃:その維新さんが、一昨日、落語について言及されたのご存知ですか?

太田光:そうなの?知らない、知らない。

立川志ら乃:それが、「落語は1人で何役も演じる。果たしてそのスタイルは正しいのか?」っていう。

田中裕二:はぁ?(笑)

太田光:なに?なに?(笑)

田中裕二:お客さん側からすると、1人1役の方が絶対に分かりやすいだろう、と。

江藤愛:まぁ、まぁ。

立川志ら乃:「落語家は、1人でやってる。それは、落語家の怠惰なんじゃないか?」っていうことを書いて、今、Yahoo!のトップニュースになってるんです(笑)

太田光:ウソ?!

立川志ら乃:そうなんです。これ、一昨日の話。でも、20日に最初書いてあったのが、『ENGEIグランドスラム』で、今の円楽師匠が出られて、まずそれが「つまんない」って話をしてて。

太田光:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー

爆笑問題・太田、お笑い評論家の「オードリーはTVで漫才やる意味がない」との意見に反論「オードリーと中川家は当代随一」

2016.05.11 (Wed)
2016年5月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、フジテレビ系の番組『ENGEIグランドスラム』での漫才について、お笑い評論家・高橋維新が「爆笑問題とオードリーは、テレビで漫才をやる意味がない」と意見していたことに対して、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が「オードリーと中川家は(漫才師として)当代随一」と反論を行っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


田中裕二:(お笑い評論家・高橋維新 曰く)俺らとオードリーは、「テレビで漫才をする意味がない」って。

太田光:オードリーは、立派ですよ。オードリーと中川家は、それは維新の意見と全然違うんだけど、オードリーと中川家は、今、当代随一ですよ。俺らより全然、漫才上手いしね。彼らはね。

田中裕二:うん。

太田光:それで、俺はオンエア観て、やっぱり俺たち技術面で漫才ヘタだから。

田中裕二:うん。

太田光:それで、「維新がなんで笑わないのかな?」って思って。もっと、俺がバカになりきれてないんだと思う、多分。

田中裕二:へぇ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

爆笑問題・太田、お笑い評論家・高橋維新にリベンジを誓う「必ずやお前の納得できる漫才を作る」

2016.05.11 (Wed)
2016年5月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、フジテレビ系の番組『ENGEIグランドスラム』で、お笑い評論家・高橋維新の感服させる漫才を披露すると宣言するも、そのような漫才ができなかったことについて、「必ずやお前の納得できる漫才を作る」とリベンジを誓っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


太田光:(高橋)維新、俺はお前が好きなんだよ。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:それはさぁ、寂しいじゃねぇか。「テレビで(漫才を)やるな」っていうのだけは、俺はこれ、本当に怒りとかじゃないよ。悲しかったよ。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:悲しかったよ。だって、テレビでやるなって言って、「自分たちのファンの前だけでやっとけ」っていうのはさ、「一般的にお前らの漫才はウケないよ」ってことだと思うんだ。

田中裕二:うん。

太田光:そこで、「断るのもプロだ」って言うのは、俺は悪いけど、これは見解の相違だよ。俺なりに一般にウケる漫才をやってるつもりだし。

田中裕二:まぁね。

太田光:それは、維新さ…そこはさ、いいよ。対立するのはあるじゃん。俺はさ、感謝してるよ。逆に言えば、維新が言ってくれたことによって、俺たちは今までと違ったこと…まぁ、アレは昔からやってるんだけどね、あんな漫才は。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:ああいうことも、テレビで挑戦しようっていう。客が、芸人を育てるんだよ。客は芸人を育てるし、芸人が客を育てる。そういういい関係になれると、俺は(高橋)維新、維新…

田中裕二:なんだよ、「維新」って(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、お笑い評論家・高橋維新に敗北を認める「今回、正直言って我々の負けです」

2016.05.11 (Wed)
2016年5月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、フジテレビ系の番組『ENGEIグランドスラム』で、お笑い評論家・高橋維新に挑戦状を叩きつける形となったが、その結果、「今回、正直言って我々の負けです」と太田は敗北を認めていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


太田光:リスナーの皆さん、何度も何度も申し訳ないんだけど、維新の話。

田中裕二:ああ、高橋維新さん。弁護士さんでね。ブログで色々、お笑いの番組を批評している人ね。

太田光:うん。この前、維新君に向けて…

田中裕二:『ENGEIグランドスラム』っていうネタ番組でやって。

太田光:俺、気になってたからさ。割りと早い更新だったね。

田中裕二:読みました。

太田光:ああ、読んだ?維新のヤツ。

田中裕二:もちろん、読みましたよ。

太田光:よく探し当てたね?アレ、ボツネタだよ。

田中裕二:いや、もうね、ニュースみたいになってて。「維新さんのコメントはこちら」みたいのがあって、クリックしたらパって出てきて。

太田光:ああ、出てきたの?…維新がツレないんだ。

田中裕二:ツレないっていうか…

太田光:ツレないんだよ。それで、お父さんはその翌日かなんかに、アップしてて。お父さんには伝わったなって、凄く嬉しかったのね。

田中裕二:ああ、そうなんだ。お父さんのは俺、見てない。

太田光:お父さんは、「『ENGEIグランドスラム』っていうのは、一つの志をもった番組です」っていうようなことを、ようやく認めてくれた。

田中裕二:ああ。

太田光:俺らのネタに関しては書いてなかったから、まぁそんなに気に入らなかったんだとは思うんだけど。

田中裕二:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、『ENGEIグランドスラム』でお笑い評論家・高橋維新に挑戦状を叩きつける「"アドバイス"通りの漫才作った」

2016.05.05 (Thu)
2016年5月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、7日に放送予定のフジテレビ系の番組『ENGEIグランドスラム』で、お笑い評論家・高橋維新の批評によるアドバイス通りに漫才を作って披露したと明かし、「観て批評を書くように」と挑戦状を叩きつけていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る

太田光:『ENGEIグランドスラム』の収録がありましてね。

田中裕二:はい、昨日あったんですよ。

太田光:昨日か。これは是非、僕はね、高橋維新君にね。

田中裕二:ふふ(笑)いいよ(笑)

太田光:維新、聴いてるかぁ?維新君。君の望み通りのね(漫才を披露した)。これで、田中と僕は揉めました。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:俺は、「維新の言ったことを漫才で表現したい」と。

田中裕二:うん(笑)

太田光:維新様の言われる、アドバイスに従った漫才を、僕は作ったんですよ。で、DVDの収録あったんだよね。

田中裕二:はい。

太田光:その時に、「それをやりたい」ということを言ったところ、田中君がですね…

田中裕二:うん。

太田光:まぁ、彼はプライド高いですから。田中君はこう見えて。

田中裕二:うん。

太田光:「今、もっとウケるネタがいっぱいあるのに」と。

田中裕二:そうそう(笑)もっとウケやすいヤツね。時事ネタもあるしね。

太田光:「もっと旬な、ウケるネタがいっぱいあるのに、何であんなね、プロでもないただの素人の言うことに、アイツのためだけにそれをやるのは、俺は反対だ」って言ったんですよ。

田中裕二:そう。だから、お前もプライドなんだよね、そこは。

太田光:そこは、美意識です。

田中裕二:まぁまぁまぁ…美意識もね。

太田光:っていうか、俺はケンカです。

田中裕二:ふふ(笑)だから…
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、お笑い評論家の「『ENGEIグランドスラム』は志がない」などの批評に猛反論「冗談じゃねぇ」

2016.04.06 (Wed)
2016年4月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、フジテレビ系の番組『ENGEIグランドスラム』に対し、「志がない」「笑いのハードルを下げるべき」だとするお笑い評論家・高橋維新への意見に対し、猛反論していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る

太田光:彼(弁護士・お笑い評論家の高橋維新)は、「お笑いをマニュアル化しようとしてる」と。

田中裕二:うん。

太田光:「それはほとんど合ってると思う」と言ってるんだけど、君たち親子(高橋秀樹・高橋維新)はね、あまりにも自由がない。

田中裕二:うん。

太田光:笑いっていうのはね、もっと自由なものなんですよ。何がどうやったって良いんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:「こうでなきゃいけない」って、あまりにも考え方が窮屈過ぎる。

田中裕二:うん。

太田光:っていうことなんですよ。

田中裕二:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・田中、お笑い評論家・高橋維新の漫才批判に痛烈な評価「クソ素人かよ、本当に(笑)」

2016.04.06 (Wed)
2016年4月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、お笑い評論家・弁護士である高橋維新による爆笑問題の漫才批判について、「クソ素人かよ、本当に(笑)」「ダメだ、コイツ」などと評価を下していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る

太田光:それは昨日の話です。その前にいろいろ、僕は毎日、高橋さん(高橋秀樹・維新親子)を。

田中裕二:もう、なに(笑)

太田光:いっぱい、探していますから。それで、息子(高橋維新)の方の反論があったんですよ。

田中裕二:ああ、そうなんですか。

太田光:私の話に対してね。それが、あのサイトには載っていないんだな。「ボツネタ」というところにあって。

田中裕二:ボツネタ?

太田光:そのサイトに載せられなかった。ボツネタというところに、「太田光氏への反論」という文字があって。俺がまた、それを見つけちゃうという。

田中裕二:またもう、凄いな。

太田光:もう、サイバーテロみたいになっている。

田中裕二:でも、それは反論だから、見つけて欲しいわけだよね。

太田光:俺はもう、サイバー刑事ですよ。

田中裕二:サイバー刑事って(笑)

太田光:言ってみれば、俺はね、アップルのアレですら解除できる。

田中裕二:いやいや、違う、違う。

太田光:もう凄いんですよ、俺の調査能力。

田中裕二:ええ(笑)

太田光:そこに書いてある。維新君…「維新」って名前が僕、好きでね、要するに、革命を起こそうということですからね。

田中裕二:わかるよ、大体。

太田光:維新の会に入ってますから。

田中裕二:入ってねぇよ。

太田光:彼が言うには、「人から聞いた話だが、爆笑問題の太田さんが私のことをボロクソ言っていたらしい」と。「まず、ボロクソ言ってのは、テメェだろ!」っていう話なんですけど。

田中裕二:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、漫才をこき下ろしたお笑い評論家・高橋維新を再び挑発「挑戦状、受けないのかな?」

2016.03.23 (Wed)
2016年3月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、漫才をこき下ろすような批評を行った、弁護士でお笑い評論家である高橋維新に対し、再び挑発を行っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る

太田光:(『爆笑ヒットパレード』で太田が例年のように大暴れして、死亡したらという話題で)「太田死ね」って言ってるヤツは、大喜びだよ。

田中裕二:そいつらを喜ばせたいわけじゃないでしょ?

太田光:いいじゃない、正月からめでたいじゃない。

田中裕二:めでたくはないでしょ。

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:その変な「太田死ね」って言ってるだけだろ、めでたいの。

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:それ以外の人たちは、正月から人が死ぬのを生放送で観たくねぇよ。

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:そんなのは観たくないよ。観て、喝采する人はいるかもしれないけど。

太田光:うん。

田中裕二:でも、そんなのは一部ですよ、それ。「太田死ね」って言ってる人は、一部なんだから。

太田光:うん。

田中裕二:ほとんどイヤな気持ちになるでしょ?一緒の出演者、番組のスタッフ。

太田光:うん、まぁでも芸人としての散り際としては良いんじゃないの?

田中裕二:うん、まぁね。でも、俺はそれがいいかどうかは別として…

太田光:そしたら、高橋維新も褒めてくれるかな?(爆笑問題・太田、お笑い評論家・高橋維新の批評に猛反論「何もテレビのこと分かってねぇんだよ」)

田中裕二:高橋維新は褒めないよ(笑)

太田光:アイツらはどうした?あの親子。

田中裕二:知らないよ(笑)

太田光:何も言ってこないけど。

田中裕二:言ってこないでしょ、それは。別に。

太田光:アイツら、挑戦状受けないのかな?

田中裕二:受けないでしょ、それは。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ