伊集院光、高校野球の熱中症問題が高校総体サッカーでも同様に起こるのではと危惧「ちょっと考えないとダメな気がする」

2018.07.31 (Tue)
2018年7月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、夏の全国高校野球選手権大会の熱中症問題が高校総体サッカーでも同様に起こるのではと危惧していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:絶対飛び火すると思うのが、高校野球、わりともうちょっと夏の風物詩みたいになってるから、ワーッと言ってるけど、高校総体のサッカーとか、凄いよ。

8月の頭ぐらいから始まって。サッカーだよ。毎日多分、決勝まで行くと毎日1試合ずつ1回戦からやって、多分、途中、休みは1日ぐらいで。

自分たちの感覚だと、プロ野球みたいにピッチャーいっぱいいて前提だけど、野球はまださ、1週間に6試合とかプロはやってるじゃん。サッカーってプロでもちょっと2試合のスケジュール続くと、「1週間に2試合はきついよね」って言ってるよね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力