岡村隆史、映画『決算!忠臣蔵』の撮影初日にずっと立ち続けていた理由を語る「高倉健さん、現場で一度も座らなかった」

2019.02.08 (Fri)
2019年2月7日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、映画『決算!忠臣蔵』の撮影初日にずっと立ち続けていた理由について語っていた。



木村祐一:撮影現場で、あれやめや。ずっと立ってんの、ほんま。

岡村隆史:あ、気付きました?(笑)

木村祐一:立ってて。ずっと立ってんねん。ほんで、離れたところで「立っとんなぁ」って思ったら、スタッフが椅子持ってきたら、スタッフにこちょこちょってなんか言いよんねん。

岡村隆史:ふふ(笑)

木村祐一:ほんならスタッフが「はははっ(笑)」って笑って行きよんねん。

岡村隆史:ふふ(笑)

木村祐一:「あれ、何を言うてんのかな?」って思って(笑)

岡村隆史:ふふ(笑)

木村祐一:で、聞いたんやな(笑)

岡村隆史:はい。

木村祐一:ほんなら、「高倉健さんの感じでやってるんです」って。

岡村隆史:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

岡村隆史、薄毛治療を始めたきっかけは高倉健との映画共演だと告白「健さんに迷惑かけたらアカン…」

2015.12.25 (Fri)
2015年12月24日放送のニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史とV6岡田准一のオールナイトニッポン ラジオ・チャリティ・ミュージックソンSP』にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、薄毛治療を始めたきっかけは、俳優・高倉健との映画共演だったと明かしていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)ナインティナイン

ワニブックス 2014-03-03

Amazonで詳しく見る

岡村隆史:俺なんか、映画で粉ふられたからな。

岡田准一:どういうことですか?(笑)粉ふられた?

岡村隆史:それから薄毛の治療始めたからな。

岡田准一:ああ(笑)頭に、黒いのふられたってことですか?

岡村隆史:そうや。

岡田准一:それはもう、ハゲてるってことです。

岡村隆史:だから、やん。俺も最初、それを知らんかって。

岡田准一:はっはっはっ(笑)時が止まった(笑)

岡村隆史:俺な、ムービースターもやらせてもらってるから。

岡田准一:そうですね、映画バンバンやって。

岡村隆史:ムービースターやった時に、柴咲コウさんと一緒にやる作品があってんけど。

岡田准一:はい。

岡村隆史:その時に、クレーンでファーってカメラが上がっていくのよ。

岡田准一:うん、うん。クレーンでね。上から、俯瞰で撮る。

岡村隆史:そう。その時に、メイクさんが「ちょっと入りまーす」って来て。

岡田准一:うん(笑)

岡村隆史:ふりかけみたいなん持ってきて。

岡田准一:パウダーみたいな感じのね。

岡村隆史:ふりかけみたい入れモンを頭にトントントン…って。「何してるんっすか?」って。

岡田准一:ショック(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

高倉健、落ち込んだ時にいつも勇気づけ励ましてくれた言葉「それが高倉健という男ではないのか」

2014.12.10 (Wed)
2014年12月8日放送の『ニッポン放送 高倉健さん追悼特別番組オールナイトニッポンGOLDスペシャル 高倉健 旅の途中で』にて、亡くなった俳優・高倉健が、落ち込んだり、俳優の仕事が辛くて逃げ出したくなった時に読んでいたという作家・丸山健二の言葉について語っていた。

高倉健主演 東映映画セレクション
高倉健主演 東映映画セレクション Blu‐ray BOX(初回生産限定) [Blu-ray]

高倉健:旅、映画、音楽、人との語らい。自分を力づけ、勇気づけて、自分にエネルギーを吹き込んでくれるものは、色々あります。自分はこの十数年、気力が落ちて、逃げ腰になった時に、いつもそれを読んで自分に気合を入れてきた、ある文章があります。

それは、十数年前に、ある写真集を作っていただいた時、作家の丸山健二さんが書いてくださった、「それが高倉健という男ではないのか」という一文です。

この文章をこの場で紹介するには、随分迷いました。今も、躊躇っています。でも、やっぱり聞いていただこうと思うんです。自分をこの何年か、勇気づけ、励まし続けてくれたこの文章が、自分を応援してくださっている皆さんにとっても、大きな力になるということを信じて、読ませていただきます。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組

高倉健、「悔いのない人生を送りたい」という高校生に贈った言葉「いつも楽しいなんてことはありません」

2014.12.09 (Tue)
2014年12月8日放送の『ニッポン放送 高倉健さん追悼特別番組オールナイトニッポンGOLDスペシャル 高倉健 旅の途中で』にて、亡くなった俳優・高倉健が、映画『鉄道員』の降旗康男 監督の母校での上映会に参加し、そこで「悔いのない人生を送りたい」という高校生に贈った言葉について語っていた。

高倉健主演 東映映画セレクション
高倉健主演 東映映画セレクション Blu‐ray BOX(初回生産限定) [Blu-ray]

高倉健:『鉄道員』が完成した後のキャンペーンで、監督の降旗(康男)さんの母校・長野県の松本市にある、松本深志高校。そこで、監督の出身校で…降旗さんも初めてだったと思うんですが、『鉄道員』の試写会を全生徒を呼んで、松本深志高校の講堂で上映しました。

その時に、監督へのお疲れ様の思いも込めて、僕は珍しく、花束を持ってご一緒しました。生徒の皆さんがとっても気合の入った校歌を歌ってくれて。あまり広くない講堂は、はちきれんほどに若い人たちの熱気で、ムンムンしてました。5月の半ばのとても暑い日だったと覚えています。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組

明石家さんま、亡くなった菅原文太との最初で最後の対面「CHAGE and ASKAとサインをもらいに行った」

2014.12.07 (Sun)
2014年12月6日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、俳優・菅原文太と出会った時の思い出について語っていた。さんまは、CHAGE and ASKAの2人と飛行機に乗りあわせており、そこでたまたま菅原文太と遭遇し、サインをもらいに行ったのだという。

仁義なき戦い
仁義なき戦い [DVD]

明石家さんま:菅原文太さんとは、空港でたった一度、お会いしたことがあって。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:俺たち58~9の人間からしたら、憧れの世代。『仁義なき戦い』が高校生の頃で。憧れて、憧れて。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:忘れもしないんですが、俺とCHAGE and ASKAが一緒の飛行機に乗って喋ってたら、菅原文太さんが現れて。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:「サイン、もらいに行こう」言うて、3人で。俺とチャゲアスやで(笑)

飯窪春菜:はい(笑)

明石家さんま:「すみませんけども、文太さん、サインください」って言うたら、菅原文太さんが「ワシの方が欲しいくらいじゃ」って(笑)

飯窪春菜:うわぁ(笑)

明石家さんま:「うわぁ、カッコイイ」って(笑)3人で言うた覚えがありますね。

鞘師里保:カッコイイですね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

伊集院光、亡くなった高倉健に関してコメントを求められない板東英二について「世間はまだ許してないのかね」

2014.11.25 (Tue)
2014年11月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、亡くなった俳優・高倉健に関して、コメントを求められない板東英二について「世間はそんな許してないのかね」と、所得隠しを指摘され、番組降板などを余儀なくされたことについて、世間の風当たりが未だに強いことを語っていた。

そこ知り 特捜!板東リサーチ
るるぶ そこ知り 特捜!板東リサーチ (目的シリーズ)

伊集院光:高倉健さんがお亡くなりになって、追悼の番組をいっぱいやってるじゃないですか。それで、しっくりくる追悼のコメントを言う人って、たけしさんとか凄いしっくりくるでしょ。親交もあったわけだし。

他のケースは、そうでもない違和感を凄いいつも覚えてたんですけど、武田鉄矢さんはやっぱり今回に関して、凄いピッタリくるじゃないですか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

高倉健、一生懸命に努力する人を進んで褒めていた理由「人を褒めると、心が豊かになる」

2014.11.24 (Mon)
2014年11月23日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、ダウンタウン・松本人志、東野幸治、ヒロミ、武田鉄矢、乙武洋匡が出演し、亡くなった俳優・高倉健について語っていた。

高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX
高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX

東野幸治:高倉健さんにお会いしたことはないんですけども、訃報を聞いた時、落ち込むというか、ショックというか。

松本人志:僕はど真ん中の世代ではないんですよ。それで、お会いしたこともないんですけど、ニュースで観た時に、「あっ!」って言うんですよ。そういう声が出る人って、若い人で事故とか自殺ではない人で、「あっ!」ってなる人、そういないよね。

東野幸治:本当に、昭和のスターというか。ヒロミさんも、世代ではないですけども。

ヒロミ:世代ではないですけど、ただ『八甲田山』を中学生くらいの時に観に行きましたし。芸能界に入って、見たこともないし。本当に、言い方は悪いかもしれませんけど、実在するのかっていうくらい、何の形跡も分からない。

東野幸治:はい。

ヒロミ:どこで生活してるのかとか、何の情報もなくて。本当のスターっていう感じ。

松本人志:なんでこの時代に、どこか歩いてたとか、写真撮られたとかないんやろな。

東野幸治:そうですよね。写真撮られてるかもしれませんけど、雑誌の方が躊躇してたのかもしれませんね。

ヒロミ:掴めないんじゃないかね。

東野幸治:乙武さんの友人のCAさんがお会いしたことがある、と。

乙武洋匡:私の同級生がCAをやっていて。数々、色んな著名人の方をお乗せするらしいんですけど、「今までで一番好感を持ったのは、高倉健さんだった」って言うんですよ。「何がそんなによかったの?」って訊くと、ものすごく謙虚で。

東野幸治:はい。

乙武洋匡:声を掛けられたらしいんですけど、「お手すきのときで構わないのですが…コーヒーを一杯」って言われて。すぐに持って行ったって言ってましたね(笑)

東野幸治:ふふ(笑)

ヒロミ:俺も最近覚えたのがね、感謝・謙虚ね(笑)本当に申し訳ないね。「感謝・謙虚・作り笑顔」この3つで勝負しようと思って(笑)

松本人志:年齢を重ねると、それに気づくんやけど、若い時から出来る人って、やっぱりなかなかいないからね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー

ビートたけし、男女問わず惚れさせてしまう高倉健の魅力を語る「ヤクザも改心させてしまった」

2014.11.23 (Sun)
2014年11月22日放送のTBS系の番組『新・情報7DAYS ニュースキャスター』(毎週土 22:00 - 23:24)にて、ビートたけしが、亡くなった俳優・高倉健とのエピソードを語り、男女ともに惚れさせてしまうという魅力について語っていた。

高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX
高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX

前の記事からの続き:ビートたけし、高倉健を慕うようになるきっかけとなった出会い「雪深いホームで花を持って出迎えてくれた」

ビートたけし:健さんが銀座で車停めてたら、酔っぱらいがタクシーと間違って後ろのドアを開けて入ってきちゃって。「日比谷まで行ってくれ」って言ったら、「はい、分かりました」って運転して行っちゃって(笑)

「着きました」「いくら?」「…私ですけど」「あ、高倉健だ!」ってなことがあったって。笑い話がいっぱいあって。そのくらいみんな、慕われるっていうかね。『あなたへ』の時に、ホームで待ってたんだけど、その時に健さんがちょっとガラの悪い格好してたんで、「たけちゃんが降りた時に、俺がこの格好で目の前に現れると、黒い交際なんて言われると困るから」って言って、マイクロバスに乗ってる時に訪ねてきて。

俺は俺で、マイクロバスに乗ってガラの悪いのがとんとんって叩くから、中から閉めてたの。それを開けようとしてて、押し問答になってやっと開けたら、「高倉です。開けてよ」って(笑)

それで、健さん、よく喋るのよ。「健さん、女嫌いなんですか?」って訊いちゃったの。そしたら、「何言ってんですか。僕は、ホモじゃないですよ。女、面倒くさいんですよ。色んなところに行くとよくしてくれるんですけど、面倒くさくて。一人でポツンっている方が楽なんだ」とか。…色々ありまして。この時も、夜、食事をおごってくれたりして。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  新・情報7DAYS ニュースキャスター

ビートたけし、高倉健を慕うようになるきっかけとなった出会い「雪深いホームで花を持って出迎えてくれた」

2014.11.23 (Sun)
2014年11月22日放送のTBS系の番組『新・情報7DAYS ニュースキャスター』(毎週土 22:00 - 23:24)にて、ビートたけしが、亡くなった俳優・高倉健との交流についてエピソードを語っていた。

夜叉
夜叉 [東宝DVDシネマファンクラブ]

ビートたけし:ケンさんはね、誰に聞いてもいい人なんだけど。『昭和残侠伝』って映画で、深夜の新宿で、みんな健さんの「死んでもらいます」なんて言って盛り上がった時代があったんですよ。

それで漫才師になって、健さんの映画に出ないかって言われた時に、ちょっと興奮したよね。怖いなって感じもして。あんなビッグスターの人と共演って。それで、夜遅い汽車で、福井の方に行ったの。

そしたら、雪が物凄いところに、ホームに花を持って立ってるのよ。俺言ったら、「高倉です。僕の映画(『夜叉』)に出てくれてありがとう」って、花束をくれたわけ。それでもう、参っちゃったなぁ。

その花を抱いて泊まって。明くる日、朝早いのね。椅子に座って自分の出番待ちをしてたら、そこに健さんが来たの。「なんですか?」って言ったら、「みんなが働いてるから差し入れ持ってきました」って。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  新・情報7DAYS ニュースキャスター

明石家さんま、高倉健からの電話をイタズラと勘違いしていた「うるさいわ、アホ」

2014.11.23 (Sun)
2014年11月22日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・明石家さんまが、亡くなった俳優・高倉健からの電話を、イタズラ電話と勘違いしてしまい、「うるさいわ、アホ」と言ってしまっていたことを明かしていた。

高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX
高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX

明石家さんま:凄い人が亡くならはったんですけどね。

道重さゆみ:ああ…

明石家さんま:高倉健さん、亡くならはりましたけども。

村上ショージ:ええ。

明石家さんま:高倉健さん、最後に会話したのは、向こうイタズラ電話やと思って切ったのが最後の会話やからな。

道重さゆみ:イタズラ電話したんですか(笑)

明石家さんま:ちゃうちゅう。健さんがイタズラ電話しはって。薬師丸ひろ子さんとご飯食べてはって。その時、俺、薬師丸ひろ子さんと知り合いで。

道重さゆみ:はい。

明石家さんま:バラエティが非常に好きな人でね。

道重さゆみ:へぇ。

明石家さんま:「さんまちゃんのところに電話掛けよう」って。「来れたら、ここに来てもらったら良いじゃないか」ってことで。それで、薬師丸ひろ子さんに「俺が出るから」って、電話出られて。

道重さゆみ:はい。

明石家さんま:それで、俺に「高倉です」って言わはったから。そんなバカなことないやんか。バカな中学生がイタズラしてんのかって思って。「うるさいわ、アホ」言うて切ったんですよ(笑)

道重さゆみ:ええ?!(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日