爆笑問題・太田、谷村新司に影響を受けて文学に傾倒していた

2014.06.03 (Tue)
2014年06月01日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00 - 17:00 )にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、ゲストの谷村新司のラジオ番組に多大なる影響を受けた、と語っていた。

中でも、太田光が文学に傾倒していったきっかけは、学生時代に、谷村がラジオで勧めたという亀井勝一郎の『青春について』という書籍があり、その言葉に影響されたからだ、、と語っていた。

青春について 亀井勝一郎
青春について (旺文社文庫 22-5)

太田光:僕は、学生時代に谷村さんの『セイ!ヤング』(文化放送)や『青春キャンパス』(文化放送)でね、たまに深い話をされて。

谷村新司:あぁ。

太田光:亀井勝一郎を谷村さんが読んだって話をされてて。亀井勝一郎の言葉にすごく自分は影響を受けたんです。僕が文学に目覚めたのは谷村さんがきっかけですから。

谷村新司:そう?

太田光:亀井勝一郎読んで。

谷村新司:読んだんだ。

太田光:未だにバイブルですから。亀井勝一郎の『青春について』は。

谷村新司:うん、うん。

太田光:その後、亀井勝一郎が好きだった島崎藤村に行って…っていう流れだか。

谷村新司:あぁ、うん。

太田光:本当にそういう意味では、当時の若者に影響を与えた。

谷村新司:うん。

太田光:あの頃は谷村さんのソロアルバムはどっちかっていうと、わりとシャンソン寄りでしたよね?

谷村新司:そうですね。シャンソン、語り歌みたいのをちょっとやっていましたね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー