博多大吉、西岡徳馬が『笑ってはいけない』でチクビドリルを披露していたため「吉本の先輩」に感じたと語る

2018.12.20 (Thu)
2018年12月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、西岡徳馬が『笑ってはいけない』でチクビドリルを披露していたため「吉本の先輩」に感じたと語っていた。



博多大吉:(ミュージカル『日本の歴史』で)「隣に芸能人とか来るかなぁ?」って思いながら座ってて。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:そしたら、来なかったんですよ。僕の右隣は空いてて。「このまま誰も来ずに始まるんだろうなぁ」って思ってたら、本当にそれこそ始まる1分前くらい。BGMが段々上がってきて、照明が落ちてきて、「さぁ始まるぞ」のタイミングで、一人の男性がパッと横に座られたんですけど。

赤江珠緒:そんなギリギリにスッと入ってこられた?

博多大吉:誰だって思ったら、何の変装もしていない、西岡徳馬さんやったんですね。

赤江珠緒:おお。

博多大吉:で、「あ、西岡徳馬さんだ」って思って。芸人としてはやっぱりね、チクビドリルで、『ガキ使』と大晦日にやってくれた、あの西岡さんだって思って。

赤江珠緒:そっちのイメージ?(笑)他にも代表作おありですが(笑)

博多大吉:思ったんですけど(笑)でも、舞台、すぐ始まったから。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:始まってからごちょごちょ言うのもアレだから、そのまま見てたんですよ。でも、舞台見ながら凄い楽しいんですけど、休憩もあるから。その時、「どうしたらいいのかな?」って思って。

赤江珠緒:ああ、そうなんですよね。

博多大吉:僕、パッと見た時に、「これは挨拶しなきゃ」って思って見てたんですけど、段々思い出してきて。「え?西岡さんと会ったことあるっけ?」と思って。ずっと考えながら舞台見てたんですけど。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:考えながら見てたんで、正確な答えじゃないかもしれないんですけど、僕の記憶が正しければ、ないんですよ、会ったことが。

赤江珠緒:画面とかで拝見しているだけでね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび