伊集院光、落語『粗忽長屋』の2人はネット上にもいる「何でも信じるバカ」と「変に説得力と押しが強いけど間違っているバカ」だと指摘

2018.10.16 (Tue)
2018年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、落語『粗忽長屋』の2人はネット上にもいる「何でも信じるバカ」と「変に説得力と押しが強いけど間違っているバカ」だと指摘していた。



伊集院光:(粗忽長屋に登場する)底抜けのバカ二人なんですけど、信じるバカと押しの強いバカっていう。この関係性が、僕は大好きで。よくある感じで。

よくさ、ネットとかにいるさ、厄介なバカ二人っているのね。ネットにいる、まず一人目の厄介なバカは、何でも信じちゃうっていう。何でも信じちゃうってバカは厄介で分かりやすいじゃん。もう一人、変に説得力と押しが強いけど、言ってることが全然間違ってるってバカいるじゃん。

これって、俺からすると、自分たちがそれに気づく理由は、自分たちのことが話題になることの多い仕事じゃん、この仕事って。そうすると、さすがに他のことはわからなくても、「俺はそう思ってない」ってことかわかるじゃん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力