土田晃之、稀勢の里の引退会見で話題となった『北斗の拳』ラオウの名台詞に込めた原作者・武論尊の思いを語る「ここで終わらせよう」

2019.01.21 (Mon)
2019年1月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、稀勢の里の引退会見で話題となった『北斗の拳』ラオウの名台詞に込めた原作者・武論尊の思いについて語っていた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:稀勢の里、引退ということで。本当、おつかれさまでしたね。その引退会見が、物凄く男気のある会見でしたよね。

で、その一方でそれこそね、読売新聞によりますと、「土俵人生に一片の悔いなし」ってね、稀勢の里が引退って書いてあるけど、「悔いなし」って言ってないよね。

「私の土俵人生、一片の悔いもありません」っていう言い方なんですよね。で、これを見出しにしちゃうとさ、もうほぼほぼラオウの方なのよ。だから、もう今、ネットのほうじゃ、「一片の悔いも」に、ラオウの名台詞を重ねる、みたいな記事が多くなってきて。

『北斗の拳』で、これは記事にあるんですけど、『北斗の拳』のキャラクター、ラオウの名台詞「我が生涯に一片の悔いなし」を、ファンに彷彿とさせたようで、ネットでもすぐに話題となった。「我が人生に一片の悔いなし」のセリフは、弟のケンシロウに屈したラオウが、絶命寸前に仁王立ちで発する、最後の言葉…正確にはね、片腕は上げてますけどね、仁王立ちっていうより。片手を天に掲げて言うんですけどね。

ちなみに、これは原作者の武論尊先生が、もう当時やっぱりジャンプの中でも人気だった『北斗の拳』、多分、「ちょっと続けてくれないか、この先も」っていう話になったんですって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

能町みね子、稀勢の里が「一片の悔いなし」と『北斗の拳』ラオウの台詞を思わせる発言をしたことに見る「子供っぽさ」が好きだと語る

2019.01.19 (Sat)
2019年1月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、コラムニストの能町みね子が、稀勢の里が「一片の悔いなし」と『北斗の拳』ラオウの台詞を思わせる発言をしたことに見る「子供っぽさ」が好きだと語っていた。



能町みね子:稀勢の里のことは語りましょう。

土屋伸之:うん。

能町みね子:「自分の中では、一片の悔いもありません」っていう発言、会見で言ったんですよね。

土屋伸之:はい。

能町みね子:で、漫画好きな方はすぐ分かると思うんですけど、完全にこれはラオウなわけですよね。『北斗の拳』のラオウの台詞。

塙宣之:うん。

能町みね子:稀勢の里がラオウを好きっていうのは有名で。三つ揃いの化粧まわしっていうのを、横綱になったらプレゼントされるんですけど。

土屋伸之:はい。

能町みね子:その3つのキャラクターが、ケンシロウ、ラオウ、トキってなったんですよね。普通だったら、主人公はケンシロウなので、ケンシロウを選ぶところなんですけど、稀勢の里は自らラオウを選んだんですよね。ラオウの生き様、孤独な生き様が好きだってことで。

土屋伸之:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送

ナイツ塙、稀勢の里が多くを語らずに感情を表に出さない理由は鳴戸親方の教えにあると明かす「勝っても負けても感情を出すな」

2019.01.17 (Thu)
2019年1月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週木 11:30-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、稀勢の里が多くを語らずに感情を表に出さない理由は鳴戸親方の教えにあると明かしていた。



清水ミチコ:稀勢の里って人の素顔は、凄い褒められるじゃないですか、真面目で。

塙宣之:そうですね。僕、稀勢の里の素顔は、ちょっとあんまり…ウチの兄貴は親交があったみたいなんですけど。

清水ミチコ:あ、そうなんだ。

土屋伸之:高安関からとか聞いたりしてるじゃん。

塙宣之:高安とは凄い仲良いので。高安に「どういう人なの?」って訊くと、「もう本当に真面目で、相撲の話しかしない」みたいな。

清水ミチコ:へぇ。

塙宣之:そういうような感じでは言ってますけどね。

清水ミチコ:ふぅん。

塙宣之:あんまり語らないんで、高安も。

清水ミチコ:そっか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  高田文夫のラジオビバリー昼ズ

ナイツ塙、稀勢の里の「土俵人生に一片の悔いなし」発言は『北斗の拳』ファンであるからこそだと語る「ラオウが好きなんで、稀勢の里」

2019.01.17 (Thu)
2019年1月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週木 11:30-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、稀勢の里の「土俵人生に一片の悔いなし」発言は『北斗の拳』ファンであるからこそだと語っていた。



塙宣之:稀勢の里ですよ。

清水ミチコ:そうですよね。

塙宣之:引退しちゃいまして、本当に。

清水ミチコ:でも、「土俵人生に一片の悔いもない」ってコメントを残したんでしょ?

塙宣之:『北斗の拳』のファンなのでね。化粧まわしもラオウの化粧まわしとかで。

土屋伸之:あ、じゃあそこからとったんだ、「一片の悔いなし」っていう台詞も。

清水ミチコ:さすが若いね。

塙宣之:「ケンシロウとラオウとトキ」って兄弟でいるんですけど。ラオウが好きなんで、稀勢の里は。

清水ミチコ:へぇ。

塙宣之:横綱の土俵入りで、ラオウ。それで露払いと太刀持ちを高安とかがやってたんですけど、ケンシロウだったんです。

清水ミチコ:ほう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  高田文夫のラジオビバリー昼ズ

能町みね子、稀勢の里に15年のファン歴の中で「一番失望している」と語る「自分の状態を全く客観視できてない」

2018.11.17 (Sat)
2018年11月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、エッセイストの能町みね子が、稀勢の里に15年のファン歴の中で「一番失望している」と語っていた。



能町みね子:稀勢の里ですね。私、稀勢の里ファン歴、長いんですけど。三段目ぐらいの時から知ってたんで。

塙宣之:同郷ですしね。

能町みね子:そう、同郷ですし。10数年、15年ぐらい応援してますけど。

土屋伸之:はい。

能町みね子:今までのファン歴で一番失望しています。

土屋伸之:ああ、そうですか。

能町みね子:失望ですね。これは、ガッカリとか残念とかより失望で。

塙宣之:ああ。

能町みね子:何が一番まずかったかって言うと、場所前、自信満々だったんですよ。

塙宣之:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送

ナイツ塙、稀勢の里が復帰間もなくで「難敵をぶつけられ過ぎた」と指摘「相撲感を戻してあげて欲しいなぁ」

2018.01.20 (Sat)
2018年1月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、稀勢の里が復帰間もなくで「難敵をぶつけられ過ぎた」と指摘していた。

ナイツ爆笑漫才スーパーベスト
ナイツ爆笑漫才スーパーベスト

土屋伸之:白鵬が休場になったのもビックリしましたけども、稀勢の里も…

能町みね子:稀勢の里はもう、なんとも言えないですね。あそこまで負けてしまうとは思わなかったので。

塙宣之:十番くらい勝てるんじゃないかっていうのもあるけど。

土屋伸之:うん。

塙宣之:分かんないけど、難敵ぶつけすぎですよね。

土屋伸之:前半で厳しい。

能町みね子:たまたまそうなってしまうことはあるんですけど。

塙宣之:なっちゃうんだけど。相撲感を戻してあげて欲しいなぁ。

能町みね子:たしかに(笑)

塙宣之:戻す前に、強い奴をぶつけて…

能町みね子:そうですね…

土屋伸之:稀勢の里が怪我した時って、土俵から落っこちたじゃないですか。

能町みね子:はい、はい。

土屋伸之:あの高い土俵って、本場所だけなんですか?

能町みね子:巡業もそうですけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送

土田晃之、稀勢の里が「日本出身」横綱と強調されることに疑問「どこ出身の横綱とか、あまり関係ない」

2017.01.31 (Tue)
2017年1月29日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、稀勢の里が「日本出身」横綱であったり、「日本人力士」での横綱と強調されることに疑問を呈していた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:稀勢の里ね。「日本出身横綱」を凄い謳ってくるけど、「そんなに大事なの?」って思いますよね。「いやいや。その間、モンゴル出身力士が、どれだけ頑張ってくれたの?」みたいなのもあるから。

「日本出身だから、凄い応援しよう」みたいなことだとするならば、外国人力士を最初から入れなければ良いし。別に、相撲はワールドワイドなスポーツでもないわけだから。日本だけでやっているもので、サッカーとかと違うわけだからさ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

有吉弘行、優勝した稀勢の里の落ち着き払った態度を見習いたいと語る「あれぐらい堂々とするべきだな」

2017.01.23 (Mon)
2017年1月22日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、22日の初場所千秋楽で優勝した大関・稀勢の里の態度が落ち着き払っており、「あれぐらい堂々とするべきだな」と語っていた。

プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)

有吉弘行:お相撲、稀勢の里さんが優勝致しまして。

安田和博:待望のですね。

有吉弘行:初優勝。

安田和博:うん。

有吉弘行:74場所かかって。今までで一番かかりました。これで横綱になったとしたら、今までで一番時間がかかった横綱という。

安田和博:ああ、そうなんですね。

有吉弘行:苦労しまして。努力致しましたけれども。

安田和博:うん。

有吉弘行:まぁ、横綱決まりという話で。

安田和博:という話はありますね。

有吉弘行:先週もお相撲さん来てくれたからね。だから、二週連続お相撲の話になりますけど。

安田和博:違うんですよ、有吉さん(笑)ラグビーの選手(畠山健介)ですから(笑)

有吉弘行:ああ、ラグビーの人なの?太ってたよ、でも。

安田和博:太ってはいるんですけど(笑)

有吉弘行:はっはっはっ(笑)

安田和博:太ってるけど、ガッチリしてる人だから(笑)

有吉弘行:なるほど。だから、ちょっとお相撲の話が多くなっちゃって、申し訳ないなって思ったけど、先週はお相撲じゃないのね。

安田和博:そうです、ラグビーの話です。

有吉弘行:今週は、お相撲でございますけどね。まぁ、なかなか…久々ですよね。4横綱時代になるんですよ。

安田和博:そうですね、たしかに。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

出水麻衣、白鵬と稀勢の里のそれぞれの「胸」に着目「稀勢の里は垂れ下がり、白鵬関は張ってて。乳首の位置も…」

2016.05.22 (Sun)
2016年5月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、TBSアナウンサーの出水麻衣が、大相撲夏場所の白鵬ー稀勢の里戦を見て、それぞれの「胸」について着目したと語っていた。

TBSアナウンサーカレンダー
TBSアナウンサーカレンダー 【petit】 2012 ([カレンダー])TBSテレビ

ワニブックス 2011-11-12

Amazonで詳しく見る


出水麻衣:昨日、体を見てたんですけど、稀勢の里関は、わりとお胸が下に下がっているというか。

能町みね子:ああ、そうですね。

出水麻衣:ですけど、白鵬関はパーンとアレだけ大きい体なのに、張っていて。

能町みね子:たしかに、張っていますね。

土屋伸之:筋肉で。

出水麻衣:乳首の位置とかも…

能町みね子:乳首の位置(笑)そうですね。

土屋伸之:出水さん、そういうところを見てたんですか?

出水麻衣:気になってしまって(笑)

土屋伸之:ふふ(笑)

塙宣之:良い見方ですよ。

土屋伸之:良い見方ですか?これは(笑)

出水麻衣:脂肪じゃないんだ、アレは…

塙宣之:相撲は、乳首から入りますから。

土屋伸之:ふふ(笑)そうなの?初めて聞いたけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送

能町みね子、白鵬が稀勢の里戦で魅せた見事な横綱相撲に感服「白鵬に批判的な人々を、全員納得させるような相撲」

2016.05.22 (Sun)
2016年5月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、エッセイスト・漫画家の能町みね子が、大相撲夏場所で白鵬が稀勢の里戦で魅せた見事な横綱相撲について、「白鵬に批判的な人々を、全員納得させるような相撲」であると語っていた。

久保ミツロウと能町みね子がオールナイトニッポンやってみた
久保ミツロウと能町みね子がオールナイトニッポンやってみた久保 ミツロウ 能町 みね子 久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン

宝島社 2014-10-03

Amazonで詳しく見る


土屋伸之:能町さん、気になるニュースは?

能町みね子:やっぱり白鵬-稀勢の里戦の話は、どうしてもしたいんで。昨日、もう新鮮ですし。

土屋伸之:みんな、注目してました。

能町みね子:全勝対決だったんですね、12勝同士か。

土屋伸之:はい。

能町みね子:それまでの白鵬の相撲、私、けっこう辛辣に書いていたんですよ。「良くない」と思ってて。

塙宣之:かち上げしたり。

能町みね子:そう。かち上げって言ってますけど、解説の舞の海さんは、「肘うち」と明言しちゃってて。

土屋伸之:はい、はい。

能町みね子:それはそれで、言い過ぎか、微妙なところなんですけど。ただ、かち上げっていうのは普通、相手の体を起こすために、ぶち当たる。

塙宣之:うん、うん。

能町みね子:肩とか、腕とかでぶち当たるのを、かち上げっていうんですけど。白鵬の場合はですね、もうふりかぶって、肩を支点に回して、肘をもうほっぺたが顎にぶちあてに行っているので。

塙宣之:はい。

能町みね子:結構もう半分「脳震盪狙い」みたいなところがあって。ちょっとそれは、相撲としては、あまり技としては微妙だし。「横綱としても、どうなんだ?」っていうのを、私は凄い批判的に見ていたんで。

土屋伸之:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送