加藤浩次、『今日から俺は』福田雄一監督は銀座七丁目劇場のスタッフ時代に芸人に味方して「支配人からクビを切られた」と明かす

2019.03.24 (Sun)
2019年3月23日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(毎週土 25:20-25:50)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、福田雄一監督は銀座七丁目劇場のスタッフ時代、芸人に味方して「支配人からクビを切られた」と明かしていた。



山本圭壱:『今日から俺は』に出てた、若い役者さん。この間、舞台一緒だったんですよ。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:『今日から俺は』のTシャツ着てたから、小野塚君なんだけど、「小野塚君、やってたんだ?」「そうです」って。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:「それ、福田監督の?」って言ったら、「はい、福田さんの」って。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:「どんな感じ?」って言ったら、「いや、もう兄貴肌で」って。「役者さんみんなで『メシ食いに行くぞ』って、全員ステーキを食えって言って」と。

加藤浩次:ああ、そう。

山本圭壱:もう同じポンド数のステーキを全員。「いや、本当にいい兄貴です」って。

加藤浩次:引く手あまたですからね、福田さんはね。

山本圭壱:「いやぁ、福田さん凄いね、監督ね」って。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:「いや、本当いい人です」って言ってたよ。『今日から俺は』の時は。

加藤浩次:だから、まぁどんどん自信つけていくとそうなってくだろうな。

山本圭壱:ねぇ。我々の番組やっていただいてたことありますもんね。

加藤浩次:元々、七丁目劇場の雑用みたいな感じだったからな。

山本圭壱:雑用…そうですね。フロアDみたいな。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:舞台の袖にいて、「じゃあお願いします」って。

加藤浩次:そう、そう。

山本圭壱:構成とかもやってる方でしたからね、銀座七丁目劇場。

加藤浩次:そう。その時から劇団とか持ってたからね、皆さんはね、自分のね。

山本圭壱:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!

『アオイホノオ』監督・脚本家の福田雄一が明かす制作裏話「スタジオジブリに鉛筆を寄付してもらったワケ」

2015.01.17 (Sat)
2015年1月3日放送のNHKの番組『新春テレビ放談2015』にて、テレビ東京で放送されたドラマ『アオイホノオ』の監督・脚本家を務めた福田雄一が出演し、同ドラマを制作する上での裏話について語っていた。

アオイホノオ Blu-ray BOX
アオイホノオ Blu-ray BOX(5枚組)

岡田斗司夫:『アオイホノオ』って、漫画家志望の青年が、後に『エヴァンゲリオン』とかで有名になる庵野秀明たちをライバル視して、足掻く話なので、普通に作ると、オタク向けというのかな。深夜枠でもありますので、パロディ的な作品かなって思ったら、本当にね、ど真ん中の青春ドラマ。

千原ジュニア:うん。

岡田斗司夫:ここまで、人生を僻んだり、他人を妬んだり、裏を考えるヤツはいないっていうヤツの内面をとことん描いて、迫力あるドラマになってるんですよね。

千原ジュニア:へぇ。

岡田斗司夫:だから、観ている人たちのツイッターとかの反応を見たら、「辛い」って書いてるんですね。「これは俺だ!」って言いたくなる。若い時、こんなことをみんな考えて、痛いヤツだったよっていうのが、どんどん出てくる話なのが、凄い良いですよね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組