伊集院光が語る「PS VITAは買いだ」

2011.10.25 (Tue)
2011年10月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、12月17日発売予定である『PlayStation VITA(プレイステーション ヴィータ)』について語っていた。

伊集院光「PS VITAってあるじゃないですか。PSPの新しいヤツ。今回、ゲームショーに行けなかったし、その後にCETECっていう色んな電子機器の展示会にも展示されてたけど、CETECの方は中年紳士みたいな人がいっぱいいるから、押しのけて触るのが難しいんです。背広組が『なるほどね、これからこれがビジネスチャンスなんだ』って見方なんですよ」

「ゲームショーでは、『このゲームおもしれぇ』って見方ができるんだけど、CETECは、ビジネスショーだから。CETECは紳士だから。『ウチの社もこれに参入することでどういったビジネス展開ができるのか』ってオジサンの中に、短パンが『ちょっと、触らせて。もうやったよね、やったよね?十分やったよね』って感じにはできなくて、あまり触れなかったんだけど」

「PS VITAを今回(伊集院光が語る「『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』の感想」)、初めてみっちり触ったの。あのね、ぱっと見は、俺の手の脂のせいもあるんだけど、あまり高級感があるって感じではないなって思ったの。あと、液晶画面もあんまり『スゲェ』とは思わなかった」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る「『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』の感想」

2011.10.25 (Tue)
2011年10月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、チュンソフトから12月17日発売の『真かまいたちの夜 11人目の訪問者 (サスペクト)』の感想について語っていた。

「最初に、というか正式に付き合いが始まったのが弟切草で、その次に出たのがかまいたちの夜で、その最新作が今度出るんですよ。その広告活動の中で、『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』を予約すると、特典VDみたいなのがついてるんですよ。その中に、僕がプレイした映像が入りますんで、迷った方がいるんなら、それ目当てで早めに予約したらいかがですか、みたいな宣伝材料を撮ることになったんです」

「金曜日にその映像を撮りに行ったんだけど、『今からプレイしますよ』みたいな話から始まって、『あとは2時間くらいみっちりプレイしてくださって、それを全部撮って、編集しますんで』みたいな話になって。ウチの事務所と、チュンソフトサイドで話し合って」

「ウチのマネージャーからすれば、仕事のうちの一つ。2時間終わって、はいおしまいって感じなんですけど、こっちはそうはいかないから。面白くなっちゃってるから(笑)4時間半くらいやったのかな。問題は、このゲーム自体が、推理小説が延々と画面に出て、最終的には僕が『どうしますか? A.遺体を確認する B. ○○ちゃんが心配だから見に行く C.ヌく』みたいなやつ(笑)選択肢を選んでいくことで、犯人が分かったり分からなかったりするんだけどね」

「やればやるほど、その先を知りたくなるじゃん。4時間半くらいのところで、テープがないわけ。まとめるところしか、テープが無いけど、犯人がみつかってないから。俺の中で、こいつとこいつがこうなんじゃないか、とか。こいつがこうなんじゃないか、とか。あのときヌかなきゃよかった、とか(笑)」

「『ヌいた後は何もする気が起きないよね』とか(笑)『あのとき、モヤモヤした状態で全裸の死体とか出たら、推理とか吹っ飛んじゃうから、今、ヌいておくのが一番良い』と思ったんだけど、『もう行きたくない。プールには行きたくない』(笑)とか思ってるからね」

「俺があそこで選んだ結果が、そろそろ出る、とかって時に、収録のテープが終わっちゃったりとか、収録班の人とかも帰りたいよね。2時間で。俺はゲーム好きだし、かまいたちの夜に思い入れがあるかもしれないけど、向こうは仕事だから。ウチのマネージャーも完全に仕事だから、スゲェ帰りたいわけ。ずっと、ロスタイム入った、みたいな感じで時計みてるから」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る「芸能人がCMキャラに選ばれるまで」

2011.10.25 (Tue)
2011年10月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、チュンソフトから12月17日発売の『真かまいたちの夜 11人目の訪問者 (サスペクト)』の宣伝素材に出演していたことを明らかにしていた。

伊集院光「チュンソフトって会社があって、元々は全然無名で、始めたばっかりのラジオで『チュンソフトって新しいゲーム会社で、そこの弟切草ってソフトが面白いんだよ』って話をしたら、そこから付き合いが始まって。それで、ゲームのテレビCMとかを打つ会社じゃないから、ちょっとした広告とか、やらしてもらったりして」

「僕、割とゲームのCMとか慎重なんですよ。3億円っていわれたらすぐですけどね(笑)どんなクソゲーでも太鼓を叩きまくりますよ。3億円をいただいたら、なびくなびく。女には強いが金には弱いって言われてる(笑)一番よく居るヤツじゃん、そいつ(笑)でも、犬には弱い。とくに土佐犬ね。ティーカップチワワは可愛い(笑)」

「ゲームCMをやるときに、天狗だよね。『そのゲームを先に見せてくれ』って言うんですよ。『CMやりませんか?』って候補の一人になったりしたときに。俺たちレベルだと『新しい商品が出るにあたって、テレビCMの候補の一人に入ってて、こういう企画書を通そうと思うんですけど、良いですか?』っていうのがよく来るんですよ」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力