千原ジュニアが何度もネタにした、インパルス堤下 似のボクシングレフェリー福地勇治が映画『百円の恋』に出演

2014.12.24 (Wed)
2014年12月24日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、映画『百円の恋』に、お笑い芸人・千原ジュニアが何度となく、インパルスの堤下敦に似ているとネタにしているボクシングレフェリー・福地勇治が出演していると語られていた。

百八円の恋
百八円の恋(初回限定盤)(DVD付)

山本吉貴:僕は日々働いてたりしますが、たまの休みに、息抜きで映画でも行こうかってことになって。

おのののか:うん。

山本吉貴:昨日、映画行ってきまして。『百円の恋』っていう映画。

千原ジュニア:どやった?

山本吉貴:シンプルなんですが、安藤サクラっていう女優が凄いなって思わすシーンがあって。

千原ジュニア:凄いらしいよ。ホンマは、何ヶ月もかけてやる予定が、お金がなくて、急に4日とかでやってくれって話になって。

桂三度:え?

千原ジュニア:普通、「そんなんでけへん!」ってなるやん。それを、「分かりました」って言ってやったっていう。

山本吉貴:はい。体も凄いんですよ。ボクシングやる話なんで、最初はニートでダラダラしてる体つきから、ボクサーの体に、短期間でギュって。

千原ジュニア:それを数日間でやりはったっていう。

桂三度:凄いね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!