東尾修、プライドを傷つけられた広岡達朗監督を「優勝胴上げ時に落とそうとしていた」

2014.05.30 (Fri)
2014年05月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00 - 17:00 )にて、野球解説者である田淵幸一がゲスト出演していた。そこで、当時の西武ライオンズ監督であった広岡達朗監督と東尾修との確執について語っていた。

田淵は、自身や東尾らベテラン選手のプライドを皆の前で平然と傷つける広岡に対し、復讐しよう、と持ちかけたという。「優勝して見返して、胴上げのときに広岡監督を落とそう」という提案に東尾らは乗ったという。

監督論―「人は育つ」ことを選手に教えられた
監督論―「人は育つ」ことを選手に教えられた

田淵幸一:僕は広岡さんと一緒にやった時はわからなかったけど、辞めて評論家やって、ダイエーの監督をやった時に、広岡さんの考えがわかったんですよ。

太田光:はい。

田淵幸一:それは何かと言ったら、広岡さんが、1・2軍の選手を集めて、壇上に立って「指針を言います」ってことをやったんです。「私はこうだ」と。

太田光:うん。

田淵幸一:それで、「このチームに最高給取りがいますね」と。最高給、ギャラをもらっている。

太田光:はいはい。

田淵幸一:「それがですね、走れない、守れない。こんなのが最高給をとっていいのですか?」って名前を言わないんですよ。

太田光:うん。

田淵幸一:私、一番前に座っていたら、東尾とか大田とか石毛が俺の顔を見るんですよ。

太田光:ははは(笑)

田淵幸一:それで3人に向かって「俺?」って指をさしたらあいつら「うん」って。

田中裕二:それ『がんばれ!!タブチくん!!』の4コマ漫画だよ。

田淵幸一:そういうのあるよね(笑)

田中裕二:ははは(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー

野球解説者・田淵幸一が語る、強くなる組織論「腹を割って話し合うところから始めよ」

2014.05.13 (Tue)
2014年05月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00 - 17:00 )にて、野球解説者である田淵幸一がゲスト出演していた。そこで、強くなるための組織論について語っていた。

3年続いて最下位であったという阪神のコーチとなったという田淵幸一。彼がまず着手し始めたのは、「裏方の不満を聞くこと」「選手と腹を割って話をすること」だったという。まずは信頼関係がなくては組織は強くならない、と田淵は語っていた。

がんばれ!!タブチくん!!
がんばれ!!タブチくん!! [DVD]

田淵幸一:星野仙一監督とは、阪神で一緒に監督・コーチをやりましたよ。

田中裕二:はい。

田淵幸一:あの時の記者会見で、「今日から仙ちゃんとは呼びません」と言ったんですよ。同級生であっても、「監督」と呼ぼう、と。

田中裕二:あぁ、そうですよね。

田淵幸一:選手の前で、「おい、仙ちゃんよ」って言うのはおかしいから。未だに「監督」になっちゃった。

太田光:あら。

田淵幸一:だから、星野には、「『仙ちゃん』って言うときは、俺が病院で息を引き取るとき、『仙ちゃん、ありがとう』って言うよ」って(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

田淵幸一:「今から弔辞書いておくから。お前が早く逝ったら、俺が読むからな」って(笑)

太田光:まだ分からないですよ。田淵さんも、これから監督になるかもしれないから。

田淵幸一:いやぁ、もういいんじゃないですか。68歳になったし…68歳って、まだ若いかもしれないけど、ユニフォームを着たら、どんだけ大変かって、経験者は語る、でね。

太田光:へぇ。

田淵幸一:コーチでもそうですしね。

太田光:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー