伊集院光、永井豪が仕事を引き受け過ぎて限界にも関わらず編集者が「大物原作者に原作を書かせる」ことで断れなくしたと明かす

2018.02.27 (Tue)
2018年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、漫画家・永井豪が仕事を引き受け過ぎて限界を感じていた時期、編集者が「大物原作者に原作を書かせる」ことで、永井に仕事を断れなくしたというエピソードをお笑い芸人・伊集院光が語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:兄貴がいたってのはでっかいな。多分、『ハレンチ学園』も、きちんとリアルタイムじゃないような気がすんだよね。兄貴が持って、兄貴も漫画好きでいっぱいあって。

で、その兄貴経由で来てる、永井豪に相当やられてるね。『花平バズーカ』も、凄かったもんなぁ。

花平バズーカ


ある日突然、手淫をしてたら、その手淫の手の形が偶然、悪魔呼びのフィンガーサインになってたっていうせいで、悪魔に能力を授けてもらうっていう。

ポコ指っていう、ポコチンの形した指を手に入れるんですよ。でいて、そのポコ指で指さした女の人は、絶対自分とヤリたくなっちゃうっていうルールですよ。そんな夢のような漫画ある?

もう、ドラえもんから卒業するあたりで。ドラえもん、そんなもう、「子供だましのやつ」って思ってるわけですよ。もう、中学校1年生になってくるわけですから、もうね。

「そんなこといいな、できたらいいな。空を自由に飛びたいな?別に、空なんか飛びたくありませんけど」ってなってるわけですよ、こっちは。あと所詮、「漫画だし」ってなってるわけですよ。ところが、そこに花平バズーカのポコ指が(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、永井豪が『けっこう仮面』でのパロディで梶原一騎を怒らせるも謝罪した際の梶原一騎の対応に感動「何のこと?」

2018.02.27 (Tue)
2018年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、漫画家・永井豪との対談の中で、漫画『けっこう仮面』のパロディで梶原一騎を怒らせてしまった時のエピソードが語られていたと明かしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:『けっこう仮面』っていうね、「どこの誰かは知らないけれど、体はみんな知っている」っていうキャッチフレーズがあるんですけど(笑)

けっこう仮面は、赤い仮面をかぶってて、下は全部素っ裸っていう女のキャラクターなんですよ(笑)凄いボディの女のヒーローもの。ヒロインもののキャラクターなんですけど。

(永井豪との対談で)それを描いてた時の話、俺、スゲェ読んでたから、『けっこう仮面』読んでたから。「『けっこう仮面』も凄かったですよね」っていう話で、あれはパロディ、色んなエロパロディを凄いやっていくわけ。それが楽しくて。

僕の中では、永井豪っていう人は、『デビルマン』みたいなヒーローもの、デビルマンは両方兼ねてるけど、ヒーローとバイオレンス。で、『マジンガーZ』は分かりやすい、ヒーローもので。

それから、『ハレンチ学園』とかがエロ。で、『けっこう仮面』がエロとヒーローと、パロディっていう。結構、パロディーものも凄い書いてる人で。割と今、バイオレンスものみたいのが永井豪の真骨頂みたいなっているけど、色んな組み合わせがあるのよ。その要素の大きいところに、パロディーってあって。

あと、その『へんちんポコイダー』がエロと、ヒーローとパロディーのまぁ、一つ男の子向けの例なんですけど。

『けっこう仮面』って、必ずパロディーものが出てきて。白土三平の忍者ものの漫画のパロディで、キャラクターがけっこう仮面にエロで成敗されるっていうストーリーだったりとか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、漫画『ハレンチ学園』の衝撃的な第一部最終回について語る「学園を爆撃し始めるの」

2018.02.27 (Tue)
2018年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、漫画家・永井豪との対談の中での話で思い出したという、漫画『ハレンチ学園』の衝撃的な第一部最終回について語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:『ハレンチ学園』の最終回というか、正確には最終回じゃないんだけど。『ハレンチ学園』って、まぁ俺が物心つく寸前ぐらいの、まぁ、今、物心ついてるのかどうか(笑)俺ね、物心、一度ついたんあだよね。中2の終わりぐらいに。まぁ、そこからどっかに失くしたりしてるんだけど。

『ハレンチ学園』っていう漫画って、社会現象になるぐらいのまあまあエロい、ハレンチまさに「ハレンチ」な漫画で、この番組でも「ハレンチ学園」のコーナーあったぐらい、も「ハレンチ学園」って言葉は、定番になっているわけですよ。



そこからスカートめくりブームとか、ちょっとPTAとかが、「ハレンチ学園けしからん」みたいなことになっていくぐらいの割と大ブームになるんだけど。

なんかある日突然、ハレンチ学園がおかしなことになったっていう記憶だけ俺の中でうっすらあって。細かくハレンチ学園がどうだったか、全然覚えてないわけ。でも今、その永井豪先生本人に聞いたその感じ。「もう、打ち切りならやっちゃいけないこと全部やる」みたいな感じと、「ハレンチ学園の最後って、全く俺に受け止められない形になって終わったっていう記憶だけある」と思って。

ちょっとネットで調べてみて、「なるほどなるほど」という感じになり。さらにいろいろ古本を漁ってみたら、『ハレンチ学園』の単行本が3万円ぐらいのお値段なんだけど、これ買うしかねぇなとなり。

で、その『ハレンチ学園』関係を調べまくってたら、俺が受け止められなかった、その『ハレンチ学園』のストーリーって…エロ漫画です。ハレンチ学園っていうそのハレンチな学園があります。でいて、現状として社会では今、そういうハレンチな漫画を子どもが読むから、最近の子供はダメになるって言うことを、すごい糾弾されてるわけですよ。今でいう、炎上してるわけですよ。

まして、それコンプライアンス叩きをすごいされているですよ。そこでね、大日本教育センターっていう…これ、漫画の中での話ね。大日本教育センターという大きな集団がハレンチ学園に戦争を仕掛けてくるの。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、永井豪原作の『デビルマン』は単なるヒーローモノではない残酷描写満載のストーリーだと語る「とんでもない話」

2018.01.16 (Tue)
2018年1月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、永井豪原作の『デビルマン』は単なるヒーローモノではない残酷描写満載のストーリーであったと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:『デビルマン』って、俺らの子供の頃にやってたのも十分面白いんです。十分、面白いんですけど、子供だから普通に面白いヒーローモノ始まったなっていう。

デビルマン


「あれは誰だ 誰だ 俺は彼かなぁ~?…うん」の(笑)楽しくて観てるわけ、子供だもん、こっちは。そのデーモンがなんのじゃなくて、マジンガーZとかああいうのと一緒の、ヒーローが地球侵略にきた敵を倒すやつの一つだって観てるわけ。

その頃は、「へぇ、この曲、阿久悠なんだ。阿久悠、なんでもやるな。兄弟にカネをせびられてもいないのに」っていう(笑)兄弟にカネをせびられてるの誰だっけ?…なかにし礼(笑)兄弟にカネをせびられて、そのためだけにカネを生み出すマシーンになってやるって仕事をしてたのは、なかにし礼(笑)阿久悠、広いな仕事の幅、と思いながら。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力