伊集院光、永井豪が『けっこう仮面』でのパロディで梶原一騎を怒らせるも謝罪した際の梶原一騎の対応に感動「何のこと?」

2018.02.27 (Tue)
2018年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、漫画家・永井豪との対談の中で、漫画『けっこう仮面』のパロディで梶原一騎を怒らせてしまった時のエピソードが語られていたと明かしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:『けっこう仮面』っていうね、「どこの誰かは知らないけれど、体はみんな知っている」っていうキャッチフレーズがあるんですけど(笑)

けっこう仮面は、赤い仮面をかぶってて、下は全部素っ裸っていう女のキャラクターなんですよ(笑)凄いボディの女のヒーローもの。ヒロインもののキャラクターなんですけど。

(永井豪との対談で)それを描いてた時の話、俺、スゲェ読んでたから、『けっこう仮面』読んでたから。「『けっこう仮面』も凄かったですよね」っていう話で、あれはパロディ、色んなエロパロディを凄いやっていくわけ。それが楽しくて。

僕の中では、永井豪っていう人は、『デビルマン』みたいなヒーローもの、デビルマンは両方兼ねてるけど、ヒーローとバイオレンス。で、『マジンガーZ』は分かりやすい、ヒーローもので。

それから、『ハレンチ学園』とかがエロ。で、『けっこう仮面』がエロとヒーローと、パロディっていう。結構、パロディーものも凄い書いてる人で。割と今、バイオレンスものみたいのが永井豪の真骨頂みたいなっているけど、色んな組み合わせがあるのよ。その要素の大きいところに、パロディーってあって。

あと、その『へんちんポコイダー』がエロと、ヒーローとパロディーのまぁ、一つ男の子向けの例なんですけど。

『けっこう仮面』って、必ずパロディーものが出てきて。白土三平の忍者ものの漫画のパロディで、キャラクターがけっこう仮面にエロで成敗されるっていうストーリーだったりとか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力