伊集院光、リオ五輪に引き続き東京五輪でもテロは警戒し続けるべきと主張「騒ぎすぎだと、捉えちゃうのは間違い」

2016.08.24 (Wed)
2016年8月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、リオオリンピックでテロが起きなかったからと言って、東京オリンピックでも起きないだろうと警戒を解いてしまうのは誤りであると語っていた。

青春カタルシス
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
TCエンタテインメント 2011-11-03

Amazonで詳しく見る

内山研二:今回、リオデジャネイロオリンピック、色んなことが言われましたよね。設備が間に合うのかどうか、とか。

伊集院光:うん。

内山研二:あるいは、治安の問題だとか。色んなことを言われましたけど、やっぱりその課題として、それが東京にのしかかってくる、と。1つは、やっぱり費用ですよね。

伊集院光:そうですね。

内山研二:どれくらいかかるのか。政府と都は、予算の計画を年内にきちんとまとめる、とは言ってはいますが、兆なんていう位が出てくらいの規模ですから、どうなるか。それからあとね、入場券が今回、わりと売れ行きが悪かったんですね。

伊集院光:なるほど。

内山研二:やっぱり、周りのホテルの宿泊料が高すぎちゃって、人が集まらない。そこで入場券も、なかなか売れなかったという。これを東京で、どうするのだろうと。
伊集院光:うん。

内山研二:それからあともう1つ、物流ですね。今度はだって、東京がこれだけ込み入った中でやりますでしょ。

伊集院光:うん。

内山研二:そうすると、人の動かし方をどうすれば良いのだろうかと、非常に問題のようです。そして最後は、施設ですよ。もう作ったは良いものの、その後きちんと使えるのかどうかということを、きちんと検証しながら計画をしないといけないというのが、東京に向けた課題になった、と。

伊集院光:これ、難しいなと思うのが、テロがかなり心配されたじゃないですか。

内山研二:はい、そうですね。

伊集院光:でも、結果的には現地での直接的なテロはなかった。大きなのはなかったじゃないですか。

内山研二:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

やくみつる、東京五輪エンブレム4候補に低評価「1964年の東京五輪・亀倉雄策作品に及ぶものはない」

2016.04.10 (Sun)
2016年4月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『ナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土 9:00-13:00)にて、漫画家・タレントのやくみつるが、東京五輪エンブレム4候補に低評価を行い、「1964年の東京五輪・亀倉雄策作品に及ぶものはない」などと語っていた。

ナイツ爆笑漫才スーパーベスト
ナイツ爆笑漫才スーパーベストナイツ

ドリーミュージック 2015-11-10

Amazonで詳しく見る

土屋伸之:やくさんが気になったニュースは何でしょう?

やくみつる:やっぱり、エンブレム問題ですね。盛り上がってますからね。

土屋伸之:はい。

やくみつる:読むものごとに、ことごとく意見が割れておりまして。新聞に寄せている、意見を求められた人の間でも、これだけ割れていて。

塙宣之:なるほど。

やくみつる:恐らく、選考委員会の中だって、意見は収斂できるのかなってくらい割れてるんじゃないのかな。

出水麻衣:やくさんは、どういうご意見ですか?4つの候補に関しては。

やくみつる:4つ出た時点で、「やっぱり、1964年の東京五輪・亀倉雄策作品に及ぶものはないな」と。絶対にアレには敵わないだろうって思っていたら、やっぱり敵わなかったな。どれが選ばれても敵わない。

土屋伸之:なるほど。

やくみつる:インパクトとか、わかりやすさとか、荘厳さとか、奥ゆかしさとかね。前回のは、全て兼ね備えてましたからね。

塙宣之:うん。

やくみつる:それからすると、小粒だな、という気がしますけど。

出水麻衣:うん。

やくみつる:自分は、D案の朝顔が、抽象的な反対、具象的で分かりやすいですよね。

土屋伸之:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送

爆笑問題・田中「猪瀬都知事の五輪プレゼンに爆笑して怒られる」

2013.09.11 (Wed)
2013年09月10日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、猪瀬都知事の東京オリンピック誘致のプレゼンについて語っていた。



JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

田中「あのさ…猪瀬都知事の『Dynamic!』のフリが凄くおかしくてさ」

太田「うん」

田中「ちょうど、S-1で日本のプレゼンがあるっていうんでさ」

太田「うん」

田中「ブエノスアイレスと中継してて。猪瀬さんの先ほどのプレゼンをご覧ください、みたいなので『Dynamic!』ってやってるんだけどさ」

太田「うん」

田中「それ(猪瀬都知事のプレゼン)を見て、吹き出しちゃったのがワイプで流れてて」

太田「うん」

田中「しかもなんか、横にいるこじるり(小島瑠璃子)に『見た?今の(笑)』みたいな雰囲気になってて

太田「ヒドイな。最悪だ」

田中「どうやら流れたらしくって。X-GUNの西尾からお叱りをうけて(笑)」

太田「本当に人のことをバカにするよな。そういうの、本当に笑うよね。『ほら、ほら!』って」

田中「あれ、笑っちゃうでしょ(笑)」

太田「笑わないよ、そんなの。お前みたいに笑わないよ、別に」

田中「あぁ、そう?」

太田「笑わない。普通に見てるよ」

田中「そっか(笑)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

伊集院光「やくみつる、東京五輪決定の祝賀ムードに水を差し続ける」

2013.09.10 (Tue)
2013年09月09日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、2020年東京オリンピック決定について語っていた。

やくみつるの人が行かない世界旅行
やくみつるの人が行かない世界旅行

伊集院光「2020年のオリンピック、東京開催が決まって。朝から大騒ぎになってますけど、中でスゲェな、この人、筋金入りだなって思ったのが、NHKのニュースに出てたやくみつるさん」

「東京オリンピック決まった感想を色んな人に聞いてるなかで、『東京オリンピック開催反対派の意見』っていって、やくさんだけがインタビュー受けてるんですよ。やくさんは、『でも、安倍総理が世界の人々の前で、汚染水対策とか放射能対策について、あそこまで明言したっていうのは、プラス』みたいな言い方をしてるんだけど」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力