伊集院光、漫画『昭和元禄落語心中』が元・落語家としても楽しめたと大絶賛「スゲェ面白くて」

2016.02.02 (Tue)
2016年2月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、落語を題材とした漫画『昭和元禄落語心中』を絶賛していた。

伊集院と言えば、落語家として三遊亭楽太郎(現在 円楽)に弟子入りしているが、その元落語家としての目を持ってしても、「非現実的」と拒否反応を示さず、没入して楽しめたと『昭和元禄落語心中』について語っていた。

昭和元禄落語心中(1) [ 雲田はるこ ]

価格:606円
(2016/2/2 15:03時点)
感想(13件)



伊集院光:『昭和元禄落語心中』って今、アニメでやってるヤツを漫画で読んだのね。スゲェ面白くて。

最初、「面白い」って人から言われて。一般の人にウケてる、そのジャンルの本職のものって、大抵、面白くないんだよね。俺、三谷幸喜の『ラヂオの時間』、全然面白くないの。そんなの「あるわけないじゃん」って。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力