爆笑問題・田中、押尾学が番組で共演者を睨みつけていた姿に爆笑「何をお前はビクついてんだ」

2014.10.15 (Wed)
2014年10月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、押尾学と思しき人物が番組共演時、周囲の人々を睨みつけ、威嚇している姿に笑ってしまっていたことを明かしていた。



田中裕二:芸人にはそんなに厳しくないよな(笑)

友近:私は、マネージャーに厳しいってところのキャラクターで多分、ああいうストーリー(爆笑問題・田中、日本エレキテル連合と友近の不仲説を否定「むしろ好きで会いたがってる」)を作っちゃったんでしょうね。

太田光:そうじゃないでしょ。マネージャーはオッサンキャラやらないしさ。

友近:いや、キレるキャラとかね。「あの子、何なん?」とか。マネージャーのことをテレビで喋ってたから、女芸人で怒るキャラってね。

太田光:っていうか、バラドルとかじゃない?

友近:バラドルとかは、別に何も思わないですよ(笑)

田中裕二:お笑いを知った感じになってんじゃねぇって(笑)

友近:いや、正直、昔は…それは、女芸人みんなそうよ。

太田光:男だって、そりゃあ特番やなんかに出てくる俳優とかは、「ふざけんな馬鹿野郎」って思ってるよ。

田中裕二:別に思ってるわけじゃないけどね(笑)

太田光:何もやらないで…

田中裕二:そうじゃない人が多いけどね。でも、たまにいるからね。喋らない人。非協力的な人。

太田光:吉岡秀隆みたいな。

田中裕二:あの人はいいじゃない(笑)なんで言っちゃったの(笑)

太田光:反町隆史とかな。

田中裕二:え?反町とか、名前はそんな…普通にやってましたよ。

太田光:お前だろ、怒ってたのは。反町に。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

伊集院光が語る 「押尾学の例の騒動」

2009.08.11 (Tue)
Mi Vida Loca (通常盤)2009年08月10日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、押尾学について語られていた。

「あんな顔で、あんなにモテて。さまざまな浮き名を流してきて、最終的には矢田亜希子を嫁さんにもらって…どうして、もっと気持ち良くなりたいのかね。俺からしたら、全くわからない」と伊集院は話していた。

「中2の夢みたいな生活だよ。むしろ夢でも、もっと控えるような状況にあった…事実関係は分からないよ。あちらからもらったのか、それとも一緒に飲むために用意したのか。でも、なんだか分からないで飲んだりしないでしょ。エロの気持ちよくなるクスリだって思ったんでしょうよ。俺が、なんだか分からないでもらったら、『口がクサイのかな』って思うもの」

「全然モテない人生を送ってきたボクとしては、送られてきた試供品で『最近のTENGAはスゴイですね』みたいな驚きを感じている。世の中にはクスリなんかに頼らずに、気持ち良いことは、もっとあると思うもの」

さらに、押尾学の今回の騒動に関して、伊集院は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力