映画評論家・町山智浩「映画で学ぶことができる恋愛」

2013.09.10 (Tue)
2013年09月10日放送の「たまむすび」にて、映画評論家・町山智浩が「トラウマ恋愛映画入門」を上梓し、映画で学ぶ恋愛について語っていた。

トラウマ恋愛映画入門

映画監督の巨匠も「恋愛」が分かっていない

町山智浩「怪獣とかクンフー映画とか、車が爆発する映画だけじゃなく、僕もおっぱいやお尻の映画好きなんですよ(笑)でも、そこまでなんです」

「ところが、『女性は心を考える』んですね。でも、男って心のことを考えないんですよ、実は。驚きかもしれないけれど」

「実際、俺だけ鈍いのかなって色んな映画を観てて分かったんですけど、巨匠と呼ばれるスタンリー・キューブリックであったり、フェデリコ・フェリーニであったり、ウッディ・アレンであったり、アルフレッド・ヒッチコックの映画であっても、ほとんど男は身勝手で相手の女の人のこと考えてないんですよ」

「しかも、その手の映画って、巨匠の恋愛体験を元にしてるのが多いんです。身勝手で女性をボロカスに傷つける映画ばかりを、世界の巨匠たちは撮ってるわけですよ。尊敬されてる人たちが」

「岡目八目って言葉があって、将棋や碁を打ってる人より、横から見てる人の方が良く見えてて。でも、自分がやると分からなくなるんですよね。巨匠も、自分の恋愛の中では分かってないんですよ。ただ、それを映画にするから、観客には分かるんですね」

フランソワ・トリュフォーの作品にみる「恋愛」

町山智浩「フランソワ・トリュフォーって監督がフランスにいるんですけど、その人は恋愛映画ばっかり作り続けた人なんです。ところがこの人の最後の方の映画で、『隣の女』って映画があるんですけど、その中ですごく重要な言葉があって。『男はみんな恋愛のアマチュアだ』って言葉があるんですね」

隣の女 [DVD]

「しかも、これは60歳を過ぎた男性の言葉として出てくるんですね。男はね、ダメなんですよ(笑)あまちゃんなんですね(笑)分かってないって、女性はイライラするんですね」

「どう分かってないかって、凄く分析的なセリフがいくつも出てくるんです。だから、トリフォーって、恋愛分かってるのかなって思ったら、この『隣の女』の試写を観たトリフォーの前の彼女であるカトリーヌ・ドヌーブが『あそこで出てくる教訓的な言葉は、ほとんど私が彼に言ったのよ』って言うんですよ(笑)つまりは、彼も分かってないんですよ(笑)女性に怒られたことをまとめて映画にしてるだけで」

「女性は基本的に、恋愛に関してアマチュアじゃないんですね。男は、大学教授ですらダメなんですよ(笑)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび