オードリー・若林「相方・春日を選んだ理由」

2013.03.18 (Mon)
2013年03月17日放送の「ボクらの時代」にて、オードリー・若林正恭、作家・平野啓一郎、マキタスポーツが対談を行なっていた。そこで、若林正恭が相方・春日俊彰を選んだ理由について語られていた。たりないふたり-山里亮太と若林正恭【初回限定版】 [DVD]

マキタスポーツ「僕から言わせたら、平野さんみたいに一人で純文学を書いてる人は"ピン芸人"なんですよ」

若林「そうですよね」

マキタスポーツ「若林くんは、なんだかんだ言って春日みたいな人とデビューできたんだから、なかなかコミュニケーション能力あるんじゃないかって思うんだけどね」

若林「はっはっはっ(笑)言葉は良くないですけど、コントロールしやすかったんですよ(笑)」

平野「黒い(笑)」

マキタスポーツ「はっはっはっ(笑)」

若林「黒い話なんですよ。人間をコントロールしちゃいけないですけど。ライブハウスって、女の子が200人とか集まってたりするじゃないですか。俺は予感がしてたんですよ。1回ウケたら、良い気になって『(芸人)やる』って言うと思って」

平野「ふふ(笑)」

若林「春日は、目立ちたがり屋で自己顕示欲強いって、高校の時から知ってるから」

マキタスポーツ「うん、うん」

若林「たまたま、結構ウケたんで良い気になってそのままきちゃったんですけど」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ボクらの時代