やくみつる、市川崑監督の東京五輪記録映画『東京オリンピック』を絶賛「今見ても、大変に芸術性が高い」

2018.04.18 (Wed)
2018年4月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、漫画家・タレントのやくみつるが、市川崑監督の東京五輪記録映画『東京オリンピック』を絶賛していた。

やくみつる:映画監督の巨匠、市川崑さんですね。横溝映画でも撮られましたけども。

土屋伸之:はい。

やくみつる:市川崑監督が、1964年の東京オリンピックの記録映画を、『東京オリンピック』っていうのを撮ったんですけど。

東京オリンピック


出水麻衣:へぇ。

やくみつる:今見ても、大変に芸術性の高い。ぜひ、若い衆の辺りはね、ぜひ次の予習のためにも是非ご覧いただきたいんですけども。

出水麻衣:へぇ。

やくみつる:これがですね、あまりにも芸術性が高いということで、当時のその河野一郎東京オリンピック担当大臣からのクレームが入っちゃうんですね。

土屋伸之:え?!

やくみつる:もっと記録映画っていうのは、誰が何秒で走りましたとか何対何でどっちが勝ちました、とか。競技ごとに記録を追ってくれれるものと思っていたらば、そういう既成概念をむしろ排除してね、もっとアスリートの内面とか、肉体の躍動とかね、そういう方にグーッとアップで寄っていったりするような。

土屋伸之:へぇ。

やくみつる:芸術的な記録映画を撮ったんです。これが、政治家先生、そういった機微がわからないので、それに対してダメ出しをして。

土屋伸之:ほう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送