伊集院光、将棋の棋士とコンピュータが対戦する上での問題点「羽生名人が敗北した時の影響と勝利条件」

2015.01.13 (Tue)
2015年1月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、コンピュータ将棋ソフトウェア・Ponanza(ポナンザ)の開発者である山本一成氏の「目標は羽生善治名人を倒すことである」との言葉を受け、その対戦が実現した時に考えられる問題点について語っていた。

ファミ通と僕 2000-2002
ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

前の記事からの続き:伊集院光、将棋の人工頭脳ソフトPonanza開発者・山本一成氏に聞いた「将棋の思考プログラムの原理」

将棋の代名詞・羽生名人が負けることの意味

伊集院光:棋士が、(コンピュータとの対戦)チャレンジを受けてくれる人と、受けてくれない人がいる、と。彼の目標はずっと、羽生名人に勝ちたいってことでずっと開発を続けてるんだけど、羽生名人にも、立場があるじゃん。

羽生名人自身が、最後にどう思うかは分からないけど、もし本当に勝ち目があるくらいのところまでソフトに仕上げたところで、将棋を知らない俺らからすると、羽生名人=将棋じゃん。そうなると、負けるわけにいかないじゃん、羽生名人。羽生名人が負けたくないってことだけじゃなくて、負けるわけにもいかないし。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、将棋の人工頭脳ソフトPonanza開発者・山本一成氏に聞いた「将棋の思考プログラムの原理」

2015.01.13 (Tue)
2015年1月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、コンピュータ将棋ソフトウェア・Ponanza(ポナンザ)の開発者である山本一成氏と会い、将棋の思考プログラムがどのように作られているのか、その原理について説明を受けたと語っていた。

ファミ通と僕 2000-2002
ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

伊集院光:お正月休みにダラダラしててもしょうがないなって思って、人と会おうと思って。去年、あんまり人と会わなかったから、プライベートで人と会おうと思って。

以前から興味あって、番組でちょっと共演したりしてたから、連絡先は知ってるけど、連絡するのは敷居高いなって人に連絡してみて。「ご飯食べに行きませんか?」って誘ってみて。

去年もこの番組で話した、将棋のコンピュータで羽生名人に勝ちたいって言ってる、Ponanza(ポナンザ)っていう将棋のソフトを作ってる山本一成さんって人。この人とメシを食いに行こうって思って。その時たまたまオテンキ・のGOくんと一緒に遊んでて。夜はPonanzaを作った山本さんと会うことになってて。

最近、パソコン同士の対戦で負けちゃったりして、スランプだったりするって話もしてたんですけど…俺の中で凄い強い将棋の人工知能のソフトを作ってるうちの1人の山本さんと、オテンキのGOと、俺と、3人でメシを食うことになって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力