神田松之丞、新番組『ACTION』で尾崎世界観が「松之丞さんが1年もたないと話してた」と発言していたことに「本当は半年だと思ってる」

2019.04.05 (Fri)
2019年4月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(毎週日 23:00-23:30)にて、講談師の神田松之丞が、新番組『ACTION』でクリープハイプ・尾崎世界観が「松之丞さんが1年もたないと話してた」と発言していたことに、「本当は半年だと思ってる」などと語っていた。



神田松之丞:『ACTION』ってのはしかし、始まったね。なんか「アクション」を呼びかけてるらしいんだよ、リスナーとかにもね。

そのパーソナリティ自身が、「こういうアクションをしますよ」とか、日々のアクションをしていこう、みたいな感じらしいんでしょ。

そしたらリスナーがとにかく「デイ・キャッチがよかった」ってアクションばっかするわけよ(笑)アイツらのアクション、そればっかりなんだから(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  神田松之丞 問わず語りの松之丞

千原ジュニア、クリープハイプ『百八円の恋』を絶賛「映画主題歌の冒頭が『この映画ももうすぐ終わる』」

2014.12.24 (Wed)
2014年12月24日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、映画『百円の恋』の主題歌であるクリープハイプの『百八円の恋』を絶賛していた。

百八円の恋
百八円の恋(初回限定盤)(DVD付)

千原ジュニア:(映画『百円の恋』の)主題歌を担当したクリープハイプの尾崎(世界観)くんともよく飲むんですけども。昨日も家に来てて。

山本吉貴:へぇ。

千原ジュニア:…『百円の恋』っていう映画のタイトルで、監督が尾崎くんに映画音楽を頼んだ。ほんなら、『百八円の恋』って、消費税付けて返ってきて。

桂三度:なるほど。

千原ジュニア:俺ね、聴いて…めちゃくちゃエエよな、あの歌。映画音楽で初ちゃうかな…冒頭、一行目が「もうすぐこの映画も終わる」って。「この歌詞を持ってくるか」って。

桂三度:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

千原ジュニア、クリープハイプ尾崎から貰ったラップバトルDVDにハマる「バイきんぐ小峠らと対戦」

2014.09.10 (Wed)
2014年9月9日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、スペースシャワーTVの番組『ジュニアの鼓膜』にて、ラッパーの晋平太と共演したと明かしていた。

アルティメット・エムシー・バトル・グランド・チャンピオン・シップ
アルティメット・エムシー・バトル・グランド・チャンピオン・シップ 2010 -ザ・ジャッジメント・デイ- [DVD]

晋平太は、ULTIMATE MC BATTLE(アルティメット エムシー バトル)で2011年および2012年でグランドチャンピオンとなったラッパーである。ジュニアは、番組で共演する前、クリープハイプのヴォーカル・尾崎世界観から『アルティメット・エムシー・バトル』のDVDをプレゼントされており、そのDVDを観てラップのフリーバトルの面白さを知ったそうだ。

晋平太との共演でラップでの韻の踏み方をレクチャーしてもらい、自宅でのたこ焼きパーティーで、ラップフリーバトルを行うこととなったが、上手く韻を踏めずに四苦八苦したそうだ。だが、元Bコース・タケト(中村岳人)は上手く韻を踏み、大会出場をジュニアに勧められたそうだ。

ジュニアは、バイきんぐ・小峠英二との最終決戦で、「お前の事務所はソニー。お前のラップのレベルはポニー」というラップで勝利したのだという。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

千原ジュニア、クリープハイプ尾崎がマキシマムザホルモンの演奏を褒めていたと明かす「めちゃくちゃ上手い」

2014.07.30 (Wed)
2014年7月29日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、ロックバンド・クリープハイプのヴォーカル・尾崎世界観が、マキシマムザホルモンの演奏について、「上手いと褒めていた」と明かした。

予襲復讐
予襲復讐

マキシマムザホルモンは、結成16年目を迎える今でも、スタジオで週5~6回の練習を欠かさないのだという。その練習に裏打ちされるように、演奏の技術は確かなものなのだそうだ。

その一方で、パフォーマンスは過激であり、「それ(技術)があって、そうやってむちゃくちゃやってるって」と、尾崎が語っていたとジュニアは明かした。さらに、「尾崎くんがあまり他のバンドのことを褒める感じってあんまないねんけど、スゲェ言ってた」と、珍しいことに他バンドを褒めていたのだと語った。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

千原ジュニア、クリープハイプとの"対バン"ライブでファンに謝罪「申し訳ないな」

2014.07.30 (Wed)
2014年7月29日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、16日にZepp Tokyoで行われたクリープハイプとの対バンならぬ対"人"ライブのステージに立ったことについて語っていた。

クリープハイプ
クリープハイプ

クリープハイプのヴォーカル・尾崎世界観のたっての希望ということもあり、出演を承諾したジュニアは、1時間ステージ上でポエムの音読を行った。尾崎世界観の名前をパロディにし、「どうも…千原疎外感です」という挨拶から始まり、ライブに出演することとなった経緯を語った。

短編詩を次々に音読し、笑いあり、シリアスな詩あり、と飽きさせない詩を次々に披露し、大オチで会場は大爆笑・喝采の渦と化していた。

だが、当のジュニアは「会場にギューギューになって1時間、全員が立って。クリープハイプ大好き、騒ぎたい、音楽大好きって子たちが、ただただ芸人の音読を聴かされるって、まぁまぁ地獄やったろうなって」と語り、「申し訳ない」と謝罪していた。

その後のクリープハイプ登場も、「1時間のオッサンの音読で押さえつけられてた若いパワーが爆発して」と、大盛り上がりとなり、ライブは大盛況のうちに幕を閉じたとジュニアは語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

千原ジュニア、クリープハイプのライブで対バンならぬ"対人"「詩の朗読をやろうかな」

2014.07.12 (Sat)
2014年7月12日放送のニッポン放送系のラジオ番組『千原ジュニアのRPM GO!GO!』(毎週土 17:00 - 17:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、ロックバンド・クリープハイプの16日のライブで対バンならぬ"対人"をすることについて語っていた。

クリープハイプ
二十九、三十

ジュニアは、ドラマ『ミナミの帝王』で共演する大東俊介を介して、クリープハイプのボーカル・尾崎世界観と知り合ったという。その飲みの席で、ジュニアは「対バンやりましょうよ」と尾崎に切りだされたそうだ。

音楽をやっていないのに、対バンとはこれいかに、と思ったジュニアだったが、尾崎は「2時間のライブ時間の中で、1時間あげますから、好きなことやってください」と言われたそうだ。

ジュニアは、尾崎の若い勢い任せのこの発言を気に入り、提案を受け入れた。そこで、ジュニアは落語をやるか、と思ったができる噺が似たテイストのものしかなかったため、諦めたそうだ。そこで、「オモシロポエムの詩の朗読をしようかな」と思っているようだ。

16日、Zepp東京の2,000人ほどの観客の前で、果たしてジュニアは何を披露するのだろうか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  千原ジュニアのRPM GO!GO!