ケンドーコバヤシ、パンサー尾形の大喜利の答えのつまらなさに激怒した過去「ふざけんな、コイツ!」

2017.02.17 (Fri)
2017年2月15日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週水 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、パンサー・尾形貴弘の大喜利の答えのつまらなさに激怒した過去について語っていた。

緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕 事件の真相に迫る
緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕  ~事件の真相に迫る・完全版~ [DVD]

菅良太郎:思い返してみたんですけど、誰も(パンサー)尾形が来てないことに、何の疑問も感じてなかったですね。

向井慧:これ、前回も井上(裕介)さんのスケで、石田さんが来るのかって時に、菅さんが来たんですけど。で、僕もレギュラーやらせてもらってるんで、「吉本から助っ人っていう意味で、パンサーで」って感じだったんですけど、2回目なのに2回とも尾形さん来てないんですよ。

ケンドーコバヤシ:うん、俺がNGでも出してんのかね?

向井慧:気がつかないところで?(笑)

ケンドーコバヤシ:うん。

向井慧:なんですかね。全然来てもいいのにっていう。

ケンドーコバヤシ:前、パンサーで来たよね?

向井慧:来ました。

ケンドーコバヤシ:あの時、俺が尾形に「二度と来んな」って言ったの、誰かが真に受けたのか。

向井慧:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:スタッフの誰かが、真に受けたんかな。

向井慧:たしかに、あの時の放送を思い返してみたら、結構、尾形さんが責められるっていうか…ケンコバさんが、「なんや、お前。1 mmもオモロないやないか」って(笑)

菅良太郎:「カラッポの人間やないか」って(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

小籔千豊、悪性リンパ腫で亡くなった母で考えた積極的安楽死「苦しそうな顔、安楽死という選択も」

2014.10.19 (Sun)
2014年10月18日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、お笑い芸人・小籔千豊が、悪性リンパ腫で亡くなった母親の死の間際の様子について語り、その苦しそうな状態をみると本人の希望もあり、「(積極的)安楽死も選択肢としてあったなら、させてあげたかったな」と思ったと語っていた。



東野幸治:アメリカで、積極的安楽死を望むという患者さんの動画が公開されて、生きる権利、死ぬ権利の議論が起こっておりますが。

松本人志:俺も、できることなら、こうするかな。色んな条件が整ってるわけでしょ?

小倉智昭:僕は、自殺ということは肯定しませんけど、余命数ヶ月、自分の先が見えた場合、「どう手を施しても、この人は助からない」というときには、末期で苦しんでる人も見てますから、それは自分で死の選択をしても良いんじゃないかなって思いますけどね。

東野幸治:うん。

小倉智昭:生きることがツライことっていうときも、あるじゃないですか。

東野幸治:小籔さんは?

小籔千豊:僕の母親も、悪性リンパ腫という末期癌のような状態だったんですけど。治療費が高い、と。「ウチにはそんなお金はない」と。「とりあえず、帰らせろ」って、めちゃくちゃ言って帰ってきて。

松本人志:うん。

小籔千豊:週一、注射を打つんやったらいいですよ、みたいな条件で。間をとってくれたんですけど、オカンが「ほんなら、病院行ってくるわ」って、オトンが「うん」って言うて。それで、オカンが一人で病院行くんですよ。ほんなら、3ヶ月くらいしたら、オトンのところに電話あって。

松本人志:うん。

小籔千豊:「奥さん、どうしてます?一回も来てませんけど」って。オカンは、「高いから、治療はエエ」と。ほんで、僕が病院にお見舞いに行ったときも、どんどん病状は悪化して。

松本人志:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー

坂上忍、小藪千豊に噂の彼女について暴露される「疎遠どころか仲良く寄り添う」

2014.07.10 (Thu)
2014年7月10日放送のフジテレビ系の番組『アウト×デラックスSP真夏の未解決事件!アウトビリバボー』にて、お笑い芸人・小藪千豊が出演し、俳優・坂上忍の噂の彼女について暴露していた。

偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方
偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方 (講談社プラスアルファ新書)

坂上は今年2月、エステ関係の仕事をしている14 歳年下の女性との交際が発覚。3年前に知り合い、1年前から交際していることを明かし、さらには「彼女は唯一、家に出入りしている人」と熱愛を認めた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アウト×デラックス

南キャン山里、ビートたけしの番組出演で小籔千豊に完敗「太刀打ちできなかった」

2014.06.05 (Thu)
2014年06月05日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、1日放送のテレビ朝日系の番組『ビートたけしのいかがなもの会』に出演した際、なんとか喋って笑いをとろうとするが、上手くいかなかった、と悔やんだことを語っていた。

山里は、『ビートたけしのいかがなもの会』で、必死に前に出て行こうとするも、上手くいかず、「太刀打ちできなかった」と、久しぶりに落ち込み、反省した、と語っていた。一方で、先輩芸人である小籔千豊が、そんな場面でも数々のエピソードトークを挟み込み、テンポよく話をする姿を見て、改めてその姿に目を見張った、と語っていた。

たりないふたり-山里亮太と若林正恭
たりないふたり-山里亮太と若林正恭【初回限定版】 [DVD]

リスナーメール:『ビートたけしのいかがなもの会』観たんだけど、必死に打席立とうとしてる感が凄かった。

山里亮太:そして、立てなかったんだよ。本当に、自分でもダメだなぁって思う。久しぶり…っていうと、調子に乗ってる感じするけど…なんか、観て、ちゃんと凹んだ。この放送は。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

バナナマン設楽、小籔千豊のWIN5で872万円的中に「夢であるJRAからのCM、あるんじゃないか」

2014.05.31 (Sat)
2014年05月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統、日村勇紀が、お笑い芸人の小籔千豊が日本中央競馬会(JRA)の5重勝単勝式馬券「WIN5」が当たったことについて語っていた。

WIN5では、指定の5レースの1着をすべて的中させる必要がある。払戻金は872万5,390円であり、その高額配当について、設楽がMCを務める『ノンストップ!』でも話題を取り上げており、そのこともあって、小籔のWIN5での快挙について語っていた。

bananaman live 2013 Cutie funny
bananaman live 2013 Cutie funny [DVD]

設楽統:小籔(千豊)さんが、WIN5当てたの知ってる?

日村勇紀:知ってます、もちろん。『ノンストップ!』で観て。

設楽統:そっか。新聞でも載ってたけど、仲間内でみんなでお金を共同で出して買う、みたいなのでやってたみたいなんだけど。

日村勇紀:うん。

設楽統:872万円ゲット。


日村勇紀:WIN5って…イマイチ知らないんだけど、結構、凄い確率なんでしょ?5頭当てる、みたいな。

設楽統:そうじゃなくて、指定の5レースの1着を当てるっていう。

日村勇紀:あぁ、なるほど。

設楽統:だから、とんでもない金額が配当されるときもあるの。最高で、2億円近くとかもあるの。

日村勇紀:そう言ってたね。

設楽統:一口100円が2億。でも、100円買って当たるってもんでもないからね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

バナナマン・設楽「ノンストップで小籔遅刻、ホッとしたその理由」

2013.09.07 (Sat)
2013年09月06日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、ノンストップでの小籔千豊の遅刻について語っていた。

プリン
プリン

設楽「ノンストップで、小籔さんが寝坊で遅刻したんですよ」

日村「はい」

設楽「新聞とかにも載ってたよ」

日村「俺はネットニュースで見ました」

設楽「遅刻はいけないし、生放送で来る人が来ないってことは問題だけど、そんな新聞に載ったりネットニュースになるとは思いもしなかったから。スゴイ大事だなって思っちゃって」

日村「うん」

設楽「小籔さん本人とか、仕事関係の人からしたら、遅刻で遅れちゃうっていうのは良くないことだけどさ」

日村「うん」

設楽「生放送のハプニングで、観ている人もちょっと楽しかったりしてね。俺からしたら、『あぁよかった。俺より先に遅刻者が出た』って思って(笑)」

日村「あぁ、これ本音だわ(笑)」

設楽「本当に思った。これで俺が遅刻をしても、前例として『小籔さんもやったじゃないか』って出来たっていうのが、ホッとしたっていうか」

日村「そうか、そうか」

設楽「『よくぞ遅れてくれました』っていうのが内心(笑)」

日村「ふふ(笑)もちろん設楽さんもそうだし、観ている人からしたら、結構、『面白い』って方が大きいよね」

設楽「そうだね」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

小籔千豊、笑い飯が語る「twitterの鬱陶しい風習」

2011.09.04 (Sun)
2011年09月03日放送の「真夜中の豪傑トーク」にて、twitterでの鬱陶しい風習について語っていた。

西田「リスナーからのメールです。『最近のもうえぇ、という話ですが、私はtwitterをしており、そこでよく見かける"今日、私の誕生日なんですが、お祝いに一言ください"というツイートを見る度に、もうえぇ、もうえぇと思ってしまいます』」

小藪「うん、うん」

西田「『今では芸人さんが、"誕生日の一言ください禁止"とツイートしたりしていますが、それに対して、"なんでダメなんですか。理由を教えてください"とくってかかったりして、ホンマにえぇからと思ってしまいます。みなさんのところには、そういったツイートは来ますか?また、それをみなさんは返信しますか?それともスルーしますか?』」

小藪「なるほど。最近はスルーですけども。最初の頃は『知らん』って打ったら、これは一応、ツッコミながら返したつもりだったんですよ。僕からしたら、サービスというか、おめでとうが最高かもしれませんけど、無視よりは良いかな、と」

哲夫「なるほど」

小藪「『知らん』って書き込んだら、『知らんとは何事か。この子にとっては記念日やのに』って」

哲夫「他のヤツが?」

小藪「それやったら、僕、一生ね、毎日誰かにおめでとうっていわなかんのか、と。『おめでとう、おめでとう』って打ち続けなければダメなのか、と」

哲夫「はい」

小藪「そしたら、『そうや』と。『お前は何で飯を食うてると思てんねん』って言われて。いやいや。僕はtwitterで飯を食ってるワケやないから。新喜劇の舞台で飯を食うてるんやと」

哲夫「えぇ」

小藪「『お前はファンを大事にしてへん』とかって色々、集中砲火ですよね」

哲夫「えぇ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  真夜中の豪傑トーク