高須光聖×サンミュージック・小林雄司チーフマネージャー対談

2013.01.17 (Thu)
2013年01月14日放送の「ショナイの話」にて、構成作家・高須光聖と、サンミュージック・小林雄司チーフマネージャーが対談を行なっていた。

プロジェクトGET立ちあげについて

スギちゃん 「ワイルドだろ~」 [DVD]高須光聖「小林さんがサンミュージックの芸人部門を全部作った、みたいな」

小林チーフマネ「いやいやいや(笑)本当に怒られます。芸人からも会社からも(笑)」

高須光聖「名刺が、プロジェクトGETの制作次長となっていますが、どのような部署なんでしょうか?」

小林チーフマネ「もう、お笑いの部署で、今の社長が副社長時代に『お笑いを始めたい』と」

高須光聖「ほぅ。もともと、サンミュージックさんは、お笑いの人はいらっしゃらなかったですよね、そんなに」

小林チーフマネ「そうですね。サンミュージックは、かなりの後発なんですよね」

高須光聖「うん」

小林チーフマネ「『今さらお笑いをやるか』っていう時期に」

高須光聖「いつぐらいからお笑いを始めたんでしたっけ?」

小林チーフマネ「かれこれ15年くらいですかね」

高須光聖「へえ~。サンミュージックのお笑い芸人1号っていうのは誰なんですか?」

小林チーフマネ「1号っていうと、かなり昔なんですけど、ブッチャーブラザーズですね」

高須光聖「あぁ!」

小林チーフマネ「東京の芸人は、だいたいブッチャーブラザーズ育ちっていう」

高須光聖「そうですね。『お笑いスター誕生!!』とか出てましたもんね」

小林チーフマネ「元々、ブッチャーブラザーズはかなり昔に所属していたんですけど、(サンミュージックは)お笑いをやってなかったから、アイドルとかの事務所だったんで、人力舎さんにブッチャーブラザーズは移籍したんです」

高須光聖「あぁ、そうなんですか。それで、ブッチャーブラザーズさんがいなくなって、Project GETの一人目っていうのは、誰なんですか?」

小林チーフマネ「やっぱりブッチャーブラザーズ」

高須光聖「えぇ?」

小林チーフマネ「戻ってくるんですよね、向こうから。『お笑いをサンミュージックで本格的にやりたい』って言って、ブッチャーブラザーズを戻して」

高須光聖「その中でも、ドーンって当たる、サンミュージックさんで言ったら、今のスギちゃんみたいな人は誰に当たるんですか?」

小林チーフマネ「ダンディ坂野ですね。ダンディがウチのパイオニアで」

高須光聖「パイオニアですか?ゲッツ!」

小林チーフマネ「ゲッツ(笑)」

高須光聖「だから"プロジェクトGET"なんですか?」

小林チーフマネ「そう思われがちなんですけど、あれは社長が"Gag Entertainer Team"という略で"GET"なんです。あんまり知っている人はいないですけど(笑)」

高須光聖「あぁ、そうなんですか」

ダンディ坂野のブレイク

こんなに元気です。 一発屋と呼ばれて高須光聖「それでGETを立ちあげてから、何年くらいでダンディ坂野さんがブレイクしたんですか?」

小林チーフマネ「何年ですかね…もう、5年くらい経ったとおもいますよ」

高須光聖「逆に、ガンって上がってグンって落ちる世界でもあるじゃないですか?」

小林チーフマネ「はい」

高須光聖「そういう人たちを見るのは、どうでしたか?」

小林チーフマネ「たしかに、ガンっていくとグンって下がる人、ウチに結構いるんですけど(笑)」

高須光聖「ふふ(笑)」

小林チーフマネ「でも、一気にガンっていくことがスゴイじゃないですか」

高須光聖「それもなかなか無理ですからね」

小林チーフマネ「ダンディがそうなんですけど、一気に上がって、その後に一発屋みたいになって」

高須光聖「はい」

小林チーフマネ「周りで、一発屋を売りにしている人、居なかったんですね」

高須光聖「そうですね」

小林チーフマネ「テツandトモさんとか、塙くんとか」

高須光聖「はい」

小林チーフマネ「ダンディも、一発屋って言われると、いい気はしないですよね」

高須光聖「そうですね」

小林チーフマネ「周りがみんなやらないんだったら、行ってもいいんじゃないかなっていうんでダンディは、一発屋と言い出したんですよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ショナイの話